意外と気が付かない栄養失調のサイン!

スポンサードリンク

栄養失調のサインは、年齢に関係なく現れて、20代であったとしても体に出てきます。栄養失調になる原因は、1日の食事回数が極端に少ない(1日1回)であったり、十分に栄養価が高い食事ができていない事が要因となります。

過去には、栄養失調になるのは、拒食症になってしまった女性、ダイエットしている女性が多くいました。最近では、実家でひきこもる男性、ゲームに熱中して食事が偏る男性なども栄養失調になる人が増加しています。

栄養失調による体の変化

栄養失調によって、体に様々な変化が出てきます。最も分かりやすいのは、皮膚の皮がむけたりする皮膚の変化です。指先などの皮がむけるようになったり、爪と皮膚の間がボロボロになったり、髪の毛が薄くなったりする変化が現れます。また、保湿をしているにも関わらず、背中に湿疹が出てくる場合もあります。また、血便など消化器に異常が出てくる場合もあります。いずれも、栄養価が偏っている人に良く見られます。

コンビニ弁当ばかり食べていたり、食事が炭水化物に偏っていると、体の抵抗力が失われて病気になりやすくなります。体に様々な症状が出て危険信号を発するようになってくるので、その危険信号を無視しないようにすることが大切です。

周囲に老けたと言われる

栄養失調の人の特徴としては、周囲に老けたと言われたり、痩せすぎを心配されたりする事があります。特に極端に老けたという『老化現象』は、栄養失調の可能性を疑ってみるべきでしょう。

20代・30代前半ぐらいまでは、一時的に栄養失調になって周囲に『老けた』と言われても、その後に回復に励めば、老化現象から回復する事が可能でしょう。40代以上になってくると、見た目の老化が直接的に病気などに繋がりやすくなるので注意が必要になります。

カテゴリー: 

関連記事