アラサー20代後半から30代で結婚できない女性が急増!30代女性が結婚する方法

スポンサードリンク
アラサー20代後半から30代で結婚できない女性が急増!30代女性が結婚する方法
 
女性が20代後半に結婚できないと、30代で結婚する事がますます難しくなっています。女性から見て「条件の良い男性」ほど、20代の女性を狙うからです。若い女性の方が子供を考えた時に有利である事は間違いありません。
 
自分で何とかする努力が大切
 
婚活をする以前の段階として、化粧・服装などのファッションに気を使ったり、ジムに行って筋トレをするなど自分磨きを怠らない事が大切になるでしょう。最初に大した事がないモテない人であったとしても、努力して磨くとどんどん輝く事が出来るようになります。逆に努力をしない人というのは、年を追うごとにどんどんモテなくなります。
 
一緒にいる人がいけてるかどうか
 
食事をともにする友達というのは、自分を映し出す鏡でもあります。良く一緒に食事する人がダサい人であれば、自分も周囲からダサい人と見られているという事です。ダサい人といつまでも一緒にいても、結婚相手を見つける事などできません。ダサい人と一緒にいるぐらいなら、孤独で1人で筋トレしたり、見た目を改善する努力でもするのが良いでしょう。
 
モテない容姿のブサメン・ダサメンというのは、関わってしまうと調子に乗るので、出来るだけ無視するようにしましょう。関わっても調子に乗るだけで良い事などありません。自分が「この人はダサい」と思った人とは、出来る限りかかわりあわないようにするのが良い彼氏を見つける方法です。ただし、自分がダサい場合にはどうしようもありません。
 
いけてる男性と定期的に交流する事も必要になります。一定レベル以上の男性と交流しながら、会話術など自分を磨く事が大切になります。ここで大事になるのが、そういった男性がどこにいるのかというのをアンテナを張っておくという事です。いけてる男女というのは、いけてる男女同士で集うものです。収入が高い男性ほど、美容にお金をかけている女性を求めます。
 
東京の30代女性未婚率が何と6割
 
全国平均で考えると、30代女性の未婚率が3-4割ぐらいとされていますが、東京だけに限って言えば、25-35歳女性の未婚率が6割にもなってしまいます。東京において30代で結婚していない女性というのは、半数以上という事になってしまっています。東京の30代女性にとってみると、結婚相手を探すのは、良い企業に就職するより更に難易度が高い事になります。30歳で未婚の人は、10年後も未婚のままです。
 
先ず、自分が良いと思える相手に会って、そしてその相手の事を良く知って、相手も自分に興味を持ってくれて恋愛関係になって、結婚までいきつくというのが難しい時代になっているのです。女性として、男性から与えられようと思っても、男性の経済状況がそれを許さない場合が多いのです。
 
20代のうちに良い相手を見つけること
 
女性は、20代のうちに動くことが何としても必要になります。女性が「男性を選べる」というのは、女性であれば、容姿が良い人で28-29歳まで。容姿が普通の人だと、25-27歳ぐらいまでだと思った方が良いでしょう。30代になると、女性の価値というのが暴落すると考えられており、結婚相手を探すのが更に難しくなります。
 
男性側が女性を選べるのは、容姿が良い、または経済力を持った人で、33-36歳ぐらいまで。容姿・または経済力が一般的・一般以下の人であれば、31-32歳ぐらいまでという現実があります。社長・医者などステータスが高ければ、30代後半でも結婚する事は可能ですが、男性の価値も36歳ぐらいを境にして一気に下落すると考えた方が良いでしょう。

お世辞を勘違いしないようにしよう

女性に対して「年齢よりも若く見える」と言うのは、お世辞として当たり前の事だと思いましょう。誰も良く知らない相手に対して恨まれたくないので、「見た目よりも若く見える」というのは、男女ともに普通に使うセリフです。女性に対するお世辞を言ってくれる人ばかりの近くにいて、勘違いして30歳を超える女性というのは沢山います。
 
いい男がどこにいるのか
 
女性の多くがいい男と出会いたいと思っていますが、いい男がいないという現実があります。いい男というのはどこにいるんだろう?実際に女性が平均的と考える良い男性というのは、その数が10%以下だと思った方が良いでしょう。10人いたとしても、良いと考えられる男性が1人以下なのです。収入の高い男性、女性同士でコミュニティを形成するので、その中に入り込めなければ、出会う事もありません。
 
恋愛感情というのは、会う場所であったり、会う環境によって大きく左右されます。「良い男性」に会うチャンスがないと嘆く女性は、会うチャンスがあってもものにしていないだけという事が多いです。例えば、コンビニの店員をしていて、条件が良くて顔だちも良い男性が来たとしても、そのまま声をかける事もなしに関係を持てないでしょう。
 
いい男が婚活市場に現れない
 
いい男というのは、周囲の女性が放っておかないので、婚活市場に現れる事がありません。いい女と言われる人は、婚活市場に現れる事があるでしょうが、いい男がいない状況においては、結婚まで持ち込めるという事がほとんどありません。言い換えれば、いい男を探すのに婚活市場に入り込むことは、あまり良い事ではありません。
 
婚活パーティの場所には、良い男女が出てこないので、売れ残りとなった男女がお互いに値踏みをする場所と言われています。自分の力で伴侶を見つける事ができないので婚活に来ているわけで、そういった人が異性から見て魅力的に見えるというのは稀なわけです。異性から見て魅力的に見える人であれば、婚活パーティに来なくても魅力的男女に囲まれて生きている訳ですからね。
 
条件を並べると厳しくなる
 
結婚相手の条件でみた場合には、身長175センチ以上で、年収600万円以上で、学歴が大卒、年齢30-35歳、次男、未婚と統計で見ると、400人に1人となります。もちろん、この400人に1人はイケメンとは限らず、女性の事が好きであるとも限りません。更に言えば、性格が一致するかどうかも別問題です。
 
単に条件の良い人に出会うだけで大変なのに、出会った後にその人と恋愛に持ち込まないといけないわけです。そんなに条件が良い人と恋愛関係に持ち込むには、女性の方に相当の魅力がないと無理な事が分かるでしょう。30代女性は、この条件の男性に相手にされる事がほとんどありません。
 
カテゴリー: 

関連記事