お肌を若くてピチピチに保ち続ける方法

スポンサードリンク

お肌のケアは、男女ともに大切な事です。10代、20代の若いうちはお肌のケアをしていなくても大丈夫ですが、30代を過ぎてくる頃には、ケアした人としていない人の差が大きくなってきます。少しでも若くありたいと願う人には、お肌のケアは絶対に欠かす事が出来ません。


 
部屋の乾燥を防ぐ
 
お部屋の乾燥は、お肌に大きなダメージになります。お部屋でエアコンを付けたままにしとえくと、空気がカラカラに乾燥して、人の肌からも水分をどんどん奪っていくのです。冬はお部屋の乾燥に気をつける人が多いのですが、特に気をつけないといけないのは夏場の乾燥です。
 
夏に蒸し暑くてエアコンを部屋で付けっ放しにしておくと、お肌の乾燥が激しくなって、大量のニキビの原因にもなります。例えば、背中にニキビが治らないで悩んでいる人は、お部屋の乾燥が原因になっている可能性も疑いましょう。エアコンを付けたら、加湿器、濡れタオルなどで湿度を高く保つように心がけましょう。
 
毎日果物を食べる
 
果物を食べれば、ビタミンCをたくさん摂取する事が出来ます。ビタミンCは、紫外線で増えるメラニン色素の沈着を防ぐので、お肌が健康的でツルツルに見えるようになります。男女とものい1日に必ず1回は果物を食べるようにすると年齢以上に肌が若く見えます。甘いものを食べたくなったなら、果物を食べるように習慣付けましょう。ケーキやパンなどは、砂糖たっぷりなだけでビタミン不足を招いてお肌を害すので頻繁に食べないようにしましょう。
 
果物を買ってくる時には、種類が偏り過ぎないようにいろいろな果物にチャレンジしましょう。グレープフルーツ、ぶどう、みかん、りんご、パイナップルなど様々な果物を摂取する事で、自然に栄養バランスも保つ事が出来ます。果物は「必ず毎日」少しずつ食べるようにしましょう。毎日の果物は、ケア化粧品よりも効果的です。
 
レバーを食べる
 
最近の日本では、お肉を食べる事が多くなりましたが、レバーを食べる機会は少ないと思います。レバーには、お肌を健康に保つビタミンBが大量に含まれています。また、鉄分も大量に含まれているので、女性の貧血などを防いで活き活きした肌を保ちます。レバーを時々摂取する事によって、お肌をピチピチに保つ事が出来ます。
 
睡眠を良くとる
 
昼間に外出して紫外線やゴミなどで痛めつけられた肌は、十分な睡眠を取る事によって健康に回復していきます。しかし、12時以降に寝る癖が付いてしまったり、コタツの中で寝たりする癖があると、お肌が回復する事が出来ません。消灯時間をしっかりと守った生活をする事で、お肌の健康を保つ事が出来ます。
 
部屋を掃除する
 
お部屋が汚く汚れていたり、掃除機をかけないでいると、お部屋がダニだらけになってしまいます。部屋のダニは人間のお肌を刺したりするので、肌荒れ、アレルギーの大きな原因になります。お部屋は常に清潔に保って、ダニが少ない状態にしておく必要があります。また、ベッドのシーツ、カバーなどを頻繁に取り替える事も重要です。
 
おわりに
 
お肌は日頃からケアするものですが、ケアを長期間にわたって怠っていると、後から重大な結果を招く事になります。年を重ねてからお肌を立て直そうとするのは非常に難しくなってしまいます。お肌がボロボロになって後悔する前に毎日のお肌ケアを怠らないようにしましょう。
 
カテゴリー: 

関連記事