センスが良くなるライフスタイル!センスの良い人になる方法

センスの良い人・良くない人の違いというのは、周囲の事に気が付けるか、気が付けないかという事です。


 
身の回りの事に気を使う
 
センスを良くしていくには、身の回りの些細な事に気を使ったり、楽しんだりする事が求められるでしょう。観光スポットに行かなくても、身近なところに観光スポットがあったら行ってみるとか、公園のお花に気が付くなどです。センスの良い人と言うのは、生活をどのように楽しめば良いかを良く知っていて、生活を実際に楽しんで楽しそうに生きています。『あ、この人は楽しそうに生きているな』というのは、周囲の人から見ても分かるものです。
 
写真を撮影する事でセンスがあがる
 
写真家などにセンスが良い人が多いのは、写真を撮影するという行動をとる事で、気が付く事が増えるからです。どうやったらセンスの良い写真が撮影できるかを考えて行く事で、センスがどんどん良くなっていくのです。良い写真を撮影する為に外出して、
 
センスが良くなると人生が楽しくなる
 
自分のセンスが良くなると、人生がどんどん楽しくなっていきます。何故なら、自分のセンスが良くなる事によって、周囲の人の反応もどんどん変わってくるからです。センスが良い人の話と言うのは、聞きたくなって『もっと話を聞きたい』と思ってしまうのです。そうすれば、他の人が自分の話を積極的に聞いてくれるので楽しくなります。
 
服装を可愛いものに変えたら、男性から優しくされるようになった!という女性は多いのです。
 
一夜にしてセンスが良くならない
 
センスを磨く為には、それなりに時間が必要です。すぐにセンスの良い人間を真似すれば、自分のセンスが良くなるという訳ではないわけです。自分にとって似合った服装などもありますし、外見に生活の内面が出てくることもあります。センスが良い人間になる為には、自分が絶対にセンスが良い人間になってやるという信念で、自分を磨いていく事が大切です。
 
センスが良くなりたいと思い続けて自分を磨いてきた人と、自分磨きを怠ってどんどんダサくなっていく人では、人生が全く違った方向に向かって行く事になります。自分がセンスがないと諦めるのではなくて、自分の人生を良い方向に向けてセンスを磨いていきたいと強く考えて、センスを磨き続けていきましょう。
 
基本的に外出が好きである
 
外出をせずにセンスを磨ける事はありません。外に出て自分の五感を精一杯に使って、体を動かす事によって、センスにどんどん磨きがかかっていきます。1人で外出したり、友達と外出したり、とにかく外出の回数が多いと、様々なものを見ることができるので、センスをどんどん磨く事ができます。
 
常に同じ場所であったり、同じ友達と交わってばかりいたのでは、センスが磨かれる事はありません。自分がいまいる日常が普通になってしまうからです。自分の行動範囲を広げて、様々なものに接して感情を揺さぶられる経験が増えることによって、センスがどんどん良くなっていきます。
 
洋服を合わせる事が上手
 
持っている服装の数が少ないにも関わらず、それを感じさせないぐらい上手に服装をコーディネートできる人は、『センスが良い人』の特徴です。
 
旅行にいく事でセンスが良くなる
 
旅行に行くと、宿泊する設備などがセンス良くまとまっている場合が多いです。ホテルが『センスが良い場所』でないと、人が宿泊するのを嫌がるからです。ホテルに宿泊したりする事で、普通にホテルのレストランに出入りできる格好に気を使ったり、周囲の人の格好を見ることになってセンスが磨かれるのです。
 
旅行に行くと、繁華街などに行く事も多くなるので、周囲の人の格好が気になるようになります。恥ずかしくない格好をしようと心がけるようになって、自然にセンスがどんどん磨かれていくのです。自宅・職場にいただけでは、センスが磨かれる事はありません。また、ショッピング・モールだけでセンスを磨くのも難しいでしょう。
 
5年前、10年前に遊びに行った場所などは、今では既に廃れている可能性もあるでしょう。新しく良い遊び場所を発見して、今の状態で楽しめる場所を発見すれば、どんどんセンスが広がっていく事は間違いありません。
 
都会に住むことでセンスが良くなる
 
東京・大阪などの大都会に若い人が住みたがる理由として、最先端のファッション・流行が大都会から発信される事が多くて、そこにセンスが良い人が集まる傾向があるからです。流行に敏感である若い人の多くは、都会に住みたがるのは、都会に多くの人が集まっているだけではなくて、センスの良い人が沢山いて刺激的に過ごせるからという事があるでしょう。
 
東京は、1000万人以上が暮らす世界で最も大きい大都会です。東京から世界に発信されている情報が非常に影響力があり、センスの良い情報が東京から発信されている事も世界中に影響を与えています。東京の山手線に近いところに住んで、どんどん最新の情報に触れれば、自然にセンスが良くなる事は間違いありません。
 
都会に住んでいるというだけでセンスが良くなる訳ではありません。むしろ、都会に住んでいる人の多くは、センスはそれほど良くない人なのです。しかしながら、自分がセンスが良くなる事で、楽しい事が増えていくので、都会の中でセンスを磨けるように積極的に活動していく事が大切になります。
 
今の話ができるようになる
 
センスが良い人というのは、今の生活を楽しんでいる人で、服装などを買う事にも意欲的にお金を使っている人が多いです。最新の話題を雑誌などから仕入れるだけではなくて、流行に左右されない場所にも足を運んで、自分の目で楽しむ感覚を持っています。自分の体で動いて目で見てくる情報量というのは、文章の情報量とは全く違っています。
 
センスがどんどん落ちてくると、昔の回想録ばかり話すようになってきます。『昔は、こんな感じでした』みたいな事を話している人がいたら、センスが落ちている可能性があります。ニートの人が部屋に引きこもっていると、話題がどんどんなくなってくるので、昔の話をするようになってくるのはセンスが落ちているということです。
 
自然に触れる事でセンスが良くなる
 
自然に触れる機会を増やす事によって、センスが良くなってきます。1人で山登りに行ってみると、自然に触れて新しい体験ができるので、センスが良くなります。単に雑誌などに書いてある流行ばかりを後追いしている状況では、センスが良い人になる事は難しいでしょう。自分から自然の体験に触れることで、自分から流行を作り出していく人間になる事ができるでしょう。
 
自然に触れないで部屋でばかり生活していると、人間の本来の能力を引き出すことができません。自然に触れる機会を持つ事は、人間の本来の脳を活性化する事でもあるので、機会を見つけてどんどん自然に触れるように公園、山登りなどに行くと良いでしょう。友達がいなければ、1人で散策に行く事もできます。

 
日記・手帳を書く事でセンスが良くなる
 
日記・手帳を書く事で、自分の体験が文字になって記憶に定着させる事ができます。そうすると、自分が体験した事がどんどん頭の中に記憶されるようになるので、センスがどんどん良くなります。体験しただけで終わるのではなくて、後からその体験を見直したり、記憶を日記などで定着させる事で、友達と話をする話題が豊富になったり、他の情報と組み合わせたりする事ができてセンスが良くなります。
 
日記を書きながら、いろいろとセンスの良くなる方法について考える訳です。センスが良くなる方法について日記を見ながら考えていれば、どんどんセンスが良くなっていきます。確かに落ち込むことも、考えることもあるかもしれないし、自分の人生にウンザリとする事もあるかもしれませんが、そういった暗い経験を乗り越えれば、明るい未来がある可能性があるのです。
 
沢山の出会いでセンスが良くなる
 
様々な人と出会いがある事でセンスがどんどん良くなっていきます。同じ人とばかり遊んでいたり、同じ人とばかり会話していたのでは、自分の世界がどんどん広がっていく事はありません。同じ人とばかり遊ぶのではなくて、自分の世界を広げる為に様々な人と交流を持つのが良いでしょう。
 
仕事で忙しくて友達などが少ないという場合には、今までに会った事がある人に再会するという方法も良いでしょう。数年ぶりに再会したりすると、今までに会った事がある人の環境が変わって、様々な情報を交換する事ができます。多くの情報に触れることで、話題が豊富な人間になってセンスを良くする事ができます。
 
考えてみて下さい。センスが良い人が周囲に居たら、その人がセンス良い人かどうか分からないにしても、『あの人のセンスはいいかもしれない』と思うでしょう。友人関係は、自分のセンスを表すという人もいますが、周囲にセンスの良い人がいたら、真似をしてもセンスが良くなる事が大切です。
 
荷物を減らす事でセンスが良くなる
 
センスが良い人というのは、いたってシンプルな事が多いです。身に付けている装飾品の数が多くないですが、1点、1点のものが輝いて見えるという事が多いのです。部屋がゴチャゴチャしていたり、財布の中が綺麗に整理されていなかったりするという事は、センスが良い人ではありえないのです。センスが良いという事は、最初に自己管理がしっかりしているという事でもあります。
 
服装なども、引っ越しの時に苦痛にならない程度に絞り込んで、だけど常に新しいものを取り入れた服装をもっていれば、周囲の人から『キレイ好きでセンスの良い人』と見られる事ができるようになります。古くなった服装をいつまでも持っていないで、古くなったら捨てる度胸を持ちましょう。そして、新しく服装を調達する事が大切です。
 
新しいライフスタイルの提案
 
センスの良い人と言うのは、時代の新しいライフスタイルの提案を常に行っています。あなたの生活がこうすれば楽しくなれるという提案を行って行けるのです。お店であっても、単に安さだけであったり、他のお店を真似ただけというところは、すぐにお客さんが飽きて来なくなってしまいます。新しいライフスタイルの提案というのを店舗側が行っていかないと、お客さんにすぐに飽きられてしまうのです。
 
日本にマクドナルドが上陸した時には、銀座でマクドナルドを食べる為に行列ができました。マクドナルドを食べることは、日本最先端のファッションと受け止められたのです。日本にスターバックスが上陸した時には、ふんわりとしたソファと新しいカフェスタイルに多くの人が敏感に反応しました。しかし、今では敏感な人はスターバックスが単なる添加物の固まりの菓子と高いコーヒーと硬い椅子である事に人々が気が付いたのです。
 
人と違う事をしてセンスが良くなる
 
最初に自分の周りにいるセンスの良い人の真似をする事は良い事ですが、真似をしてばかりいたのでは、自分らしさがないつまらない人間になってしまうかもしれません。人と違う事をする事で、自分らしさが輝いて見えるので、とてもセンスの良い人間になる事ができます。自分の事を良く知って、自分らしさを存分に発揮する方法を考えることで、センスの良い人間になる事ができます。
 
他人の真似をしたり、流行を追いかけるだけでは、センスの良いふりをする事はできますが、センスの良い人になることはできません。人から羨ましがられるセンスの良い人になるには、自分らしさを存分に発揮する事が大切になります。自分の好きな事を精一杯に頑張るという気持ちで、どんどん好きな事をやっていけば、センスの良い人間に近づける事は間違いありません。
 
センスが良い場所に人が集まる
 
インスタなどを見ていると、センスが良い人にフォロワーが集まっている事が分かります。それは、単にお金をかけてセンスが良いという訳ではなくて、日常からセンスが良い場所に居てセンスが良いものに接する事ができているかどうかの違いになってきます。センスの良いものに接すれば、一般的にセンスがどんどん上がっていきます。
 
センスの良い人になる事で、センスの良い人と接する機会が増えて、更にセンスが磨かれる事になります。自分がセンスの良い人になる事で、センスの良い友達から情報をゲットする機会にする事もできるのです。センスの良い人どうしは、センスが良い場所に集まっている傾向があります。センスの良い人どうしで情報交換もしているので、センスが良い場所に入れるように努力する事も大切でしょう。
 
自主的にトレンドをチェックしている
 
センスの良い人というのは、常に雑誌やウェブサイトなどを眺めて、トレンドをチェックしていたりするのが楽しみです。暇がある時には、自分でトレンドをチェックしたりしています。単に広告を見て流行を調べているのではなくて、自分から情報を探しているのがセンスが良い人です。ヤフーニュースなどでニュースをチェックするだけでは、センスの良い人になる事はできません。
 
雑誌だけではなくて、ソーシャルネットワークで『インフルエンサー(Influencer)』と呼ばれる人たちが世間に大きな影響力を持つようになってきています。自分の友達がダサい友達ばかりでも、ソーシャルネットワーク上のインフルエンサー(Influencer)をフォローしておく事で、良いセンスを持った一般人に接する事ができるようになってきているのです。
 
特に文字だけのツィッターではなくて、写真ばかりが目立つようになっているInstagramでは、その傾向が強く出ています。見た目が重視されるファッションのセンスを磨いたり、生活をより豊かにする為には、インフルエンサー(Influencer)と呼ばれる人たちをフォローして学ぶのも良いでしょう。ただし、ずっとフォローし続けるのではなくて、やり方が分かってきたら、フォローを外して自分らしさを追求数る事をわすれずに。

 
センスが悪いとお金が逃げる
 
センスが悪い人のところには、お金や人が集まってくる事はありません。短期的にセンスが悪い人のところにお金が集まったとしても、そのお金というのは流行が過ぎたりすると逃げていく事が多いです。お金を集めるには、センスが良い方が圧倒的に有利になります。何故ならば、センスが良い人の周囲にセンスが良い人がどんどん情報を求めて集まってくる傾向があるからです。
 
センスが良いから、お金や人が必ず集まるという訳ではありませんが、センスが良ければ得する事が多いのです。服装などに流行を少し取り入れていたり、話す内容が面白かったりする事で、他の人が自分の話を聞いてくれるようになって、人生がどんどん面白くて楽しい方向に進むことになるのです。
 
総合力をどんどん上げていく
 
センスが良いと言っても、男性の多くは『ビジネスのセンスは良いけど、食べ物のセンス、服装のセンスが悪い』という人は沢山います。年齢をあげていくにしたがって、大人の男性として総合力が高い男性がモテるようになってきます。単にビジネススーツだけが似合う男性ではなくて、普段着の私服のセンスを磨いたりする事も大切になってきます。
 
特に女性が30歳頃から、男性が35歳頃からは、ビジネス、プライベートともに充実した大人としてセンスが求められるようになっていきます。センスを良くする為にどんどん自分磨きを行っていきましょう。

 

評価: 

Average: 3 (2 votes)

カテゴリー: 

Plain text

  • 行と段落は自動的に折り返されます。
To prevent automated spam submissions leave this field empty.

お勧め情報: 

タグ: 

スポンサードリンク