好きになった男性をデートに誘う方法はこれ!男性の脈なしを脈ありに変化させる方法!

スポンサードリンク

男性との出会いがあって、チャンスがあるにも関わらず、それを成熟させることが出来ない女性は多いです。相手に興味がないと勝手に決め付けて、自分の理想的な彼氏を追い求めているうちに彼氏が出来ずに30代になってしまうという感じです。27歳ぐらいまでは、それでも男性が追いかけてくれますが、29歳をすぎると、もう追いかけてくれる男性すらほとんどいなくなるでしょう。そうなると、男性の脈なしを脈ありに変えるテクニックは、是非とも知っておくべきテクニックです。

連絡の頻度を少し高めてみる

連絡の頻度を高める事で、『私に気があるかも』と思わせるのは非常に有効です。とりあえず、何気に連絡を取る方法を考えて、こまめに連絡を取るようにしましょう。連絡を取る頻度が高ければ、男性側も少しは気になってくれる可能性があるかもしれません。『うざがられたらどうしよう、、、、と考える前に、たまに連絡を取るのは悪い事ではありません。ただ、彼氏がいたりするのに連絡を取るのは、あまり良いイメージを持たれないので辞めた方が良いでしょう。

連絡の頻度というのは、相手との親密さに比例する事が多いです。1回のやり取りで長時間やり取りしなくてもいいので、1回当たりの短時間のやり取りを繰り返す事によって、親密度を高める事が出来るようになります。ポイントになるのは、連絡の頻度です。沢山の連絡をしていれば、相手の意識を高める事ができます。ただし、相手に嫌われていた理、面倒だと思われている場合に逆効果になります。

とりあえず困難である状況を伝える



男性というのは、困っている女性に対して『男性としての本能』として、何とか助けてあげなくては!と思ってしまうものです。困っているというサインを出して、助けて貰うように仕向けるのが良いでしょう。自分が出来る事が少ないので、何とか助けてほしいと言われたら、男性がやる気になって助けてくれることは間違いありません。

あまり迷惑になるような形で困ってしまうと、相手は助けてくれる事は助けてくれるかもしれませんが、『めんどくさい人だな』と思われてしまう可能性があります。

彼の興味ある分野を聞く

先ずは、彼の興味ある分野について素人することは、接点を持つという事で重要です。相手の興味ある分野に切り込んで、楽しく会話する事ができれば、会話が弾むことは間違いありません。逆に相手の興味ある事をなかなか話して貰えないようだと、気を許してくれていないという事で、脈なしの可能性が高いです。相手がどんな事に興味を持っているかという事は、最初のうちは分からないものです。そこを聞き出して、合わせていけるようなら相性が良いと言えるでしょう。

自分が相手の好みに合わない趣味であったり、相手の好みに合わない誘い方をしたりすると恋愛にならない事も良くあります。例えば、自分の趣味がテレビを見る事なのに、相手が全くテレビを見ていなかったり、相手がファストフードが嫌いなのにファストフード店に行ってしまうなどの行動をすると、『この人とは合わないな』と思われて、仲良くなれない可能性が高いです。特に30代の男性をゲットする時には、考え方がある程度は決まっている事が多いので、彼の趣味を良く知る方が良いでしょう。

多くの男性と接点を持つ事



多くの男性と接点を持っておく事は、とりあえず大切な事です。相手に全く興味がなかったとしても、LINEの交換をして、インスタなどで交流するのはありでしょう。将来的に良い友達を連れてきてくれるかもしれませんし、多くの男性と知り合っておく事に損はありません。最初のうちは、相手の事が良く分からないという事もありますが、少しずつ相手の事を理解すれば、意外と趣味が一致していたという事もあります。

30代になってくると、男女ともに趣味がある程度は固定してしまうものです。同じ趣味がないのに無理やり友達でいるのは難しいので、同じ趣味がないかを探らないといけない事になります。趣味が多い女性であれば、男性との接点を多く持てるのでそれだけ恋愛でも有利になります。

男性に求めすぎる30代女性

30代の女性になってくると、相手の男性に求める事が20代よりも多くなり、それは不可能なぐらい大きな要求になる場合も多いです。例えば、学歴がある程度あって、安定した職業で、背が高くて、などと自分との相性よりも、むしろ条件の方ばかりが目に行くようになると非常に危険です。確かに、結婚生活するには、条件が良いに越した事はないですが、条件よりも相性が良くなければ、たとえ結婚したとしても、結婚生活が長続きしません。

男性側の方が『20代で可愛ければいい』と思って女性を狙って来たら、『私の事を何も知らないのに』と思うでしょう。先ずは、相手の事を知って、相性が良いかどうかを確認しないといけません。条件が少しぐらい悪くても、相手との相性が良ければ、楽しい結婚生活を過ごすことが出来るかもしれません。最も大切な基準となるのは、相手と一緒に居て楽しいかどうかという事です。

20代・30代の男性の気持ちを知る

20代・30代の女性は、同年代の20代・30代男性の趣味であったり、気持ちなどを良く研究しておくべきでしょう。自分の事ばかりに集中していたり、相手の気持ちを勝手に決め込んでしまうようだと、恋愛に発展しない事が多くなってしまいます。あまり自分の趣味を話したがらない男性なども多いので、普段からどのような事に興味があるのかをSNSを通じて観察してみたり、相手の男性の言動から良くしる必要があるでしょう。

相手の男性から『この女性とは何となく合わない』と思われたら、相性が悪いと思われて、避けられる事になります。相手と相性が良いか悪いかは、お互いに知らないと分からないですが、一緒にレストランに入った時の『食べ物』であったり、政治に対する考え方であったりする所は、30代になると変化させるのが難しくなってきます。食べ物などの好みがある場合には、彼の好みと一致点がないか探るのが良いでしょう。別々の人間なので、全てが一致するという事はあり得ない事ですが、特に男性が『こだわっているところ』が一致しないと、一緒に暮らすことは到底不可能です。

自分の実力を高めて相手を見抜く

自分の実力が大した事がないのに求めるのが王子様という女性は多いものです。相手のセンスの良さを見抜くので最も良い方法は、一緒に食事に行く事です。どのレストランを選ぶかで、相手のセンスの良さが分かります。更にセンスが良ければ、料理をする事も出来るでしょう。1人暮らしであれば、男女ともに料理に興味があって、料理する男性・女性が素敵です。

自分で料理を行う事によって、レストランなどに行って、料理の良しあしを実際に見抜く事が出来るようになります。また、スーパーなどで食材を日頃から選んでいると、良い物がどういったものかを直観的に分かるようになります。こうした能力というのは、実際の共同生活では、実に重要になります。

評価: 
Average: 5 (1 vote)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク