30代女性が結婚する方法

スポンサードリンク

女性の社会進出が進んだり、男性の収入が落ち込んだりした事が理由で、30代になっても結婚していない女性は増え続けています。結婚は、人生において「絶対すべきもの」という訳ではありません。しかし、結婚願望があるならば、結婚をする方法を考えていく事が必要になるでしょう。このページでは、30代女性が結婚する方法を探してみます。

結婚相談所は利用しない

結婚相談所を利用するのは、機械的に人との出会いを増やす場所としての機能があります。結婚相談所で成約する人は、結婚相談所でなくても相手が見つかる人が大半です。条件が良くて話上手な男性が大金を払って結婚相談所に登録して、その上にあなたの事を気に入ってくれる可能性は少ないです。

結婚相談所にお金をかけるぐらいであれば、化粧品を購入したり、洋服を買う代金にしたり、ジムに通う費用にするなど自分磨きにお金を使うべきでしょう。友人関係を通じた婚活の方が明らかに相手の事を知る機会が多くなります。

自分の価値観を定める

価値観が多様化している社会ですので、自分の価値観に合う人を見つけるには、先ずは自分がどんな考え方を持っているかを知る必要があります。30代の女性であれば、自分がどんな服を身に着けていて、どんな場所が好きで、どんな趣味を持っているかなど自分の性格について把握しているでしょう。旅行をしたり、様々な人と出会ったり、会話したりする事で、自分がどんな立ち位置に居るかを理解する必要があります。

自分にとってのベストを見つける

多くの女性は、他人の目線を気にして「この人は頼りがいが無い」などと男性を値踏みしています。しかし、結婚にとって大事になる事は、他人の評価などではなくて、自分が会った男性をどう見ているかという事です。「他の人から見ると頼りがいが無さそうかもしれないけれど、自分は好きになれそう」自分の価値観とフィルターを通して男性を見なければいけません。結婚の後に一緒に生活する事になるので、自分の考え方や価値観、方向性が共鳴出来る人を選ぶ事が大事です。

もしかしたら、自分にとってベストな人というのは、経済的には豊かではないかもしれません。しかし、その人がベストだと思ったという事は、自分がその人を欲していたという事でもあります。経済的に豊かでなくても子供は埋めますし、楽しい人生を過ごす事だって不可能ではありません。お金がないと困りますが、あったからと言って幸せが保障される訳ではありませんので。

条件で選ぶ失敗

私の結婚する相手は、ある程度の見た目で、優しくて、頼りがいもあって、経済力も備わっている人ならいいなと思っている女性は多いです。理想がある事は悪い事ではないですが、完璧な人間など世界中に存在しない事も理解すべきでしょう。例えば、経済力が備わっている人を選んだならば、夜中や休日は残業で全く家に居る時間が無いかもしれません。条件だけで選んでしまうと、条件以外の部分で失敗したと思う事になりかねません。

良い学歴だからと言って、将来がハッピーとは限りません。良い職場だからと言って、楽しく働いているとは限りません。現在の収入が高いからと言って、将来もこの状況が保障されるとは限り居ません。条件ばかりに目が行ってしまうと、結婚した後の生活で辛い思いをする事になるでしょう。

結婚に重要なバランス感覚

キャリアウーマンに多いタイプは、仕事も出来て、美容にも気を使っているけど30代でも結婚していないというタイプです。女性が収入を得られる「自立した女性」である事は素晴らしい事なのですが、女性が30代、40代になっても働いていくには、20代以上の精神力が必要になってきます。また、子供を作るとすれば、仕事の負担にプラスして子育てが入るので、手が回らなくなり、その負担を男性が背負う事は目に見えています。世の中の男性の多くは「この人と結婚したら、後が大変そうだ」と思って遠慮してしまっているのでしょう。

おわりに

「類は友を呼ぶ」という言葉の通り、自分の周囲に居る人が今ひとつという事であれば、現在の自分に満足していない可能性が高いです。環境を変えて、もっと自分が行きたい場所に自分を置くなどの工夫が必要になるでしょう。しかし、そんな時間を作っているうちに、結婚はますます遠のいていく可能性もあります。

評価: 
Average: 5 (2 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク