アマゾンで靴を購入後に無料返品する方法

スポンサードリンク

インターネットで靴を購入する事に抵抗感を持っている人は多いと思います。この記事を書いている私も、最初は「ネットで靴を購入するなんてありえない!」と抵抗感を持っていました。しかし、実際の店舗に行って靴を選んで、購入するには相当の時間がかかってしまいます。

インターネットで靴を購入できれば、時間とお金の大幅な節約になる事に気がつきました。もちろん、靴は自分に合っていないといけないので、試着などをする必要はありますが、アマゾンの無料返品を利用すれば気軽に試着する事が可能になっています。

まだ、インターネットで靴を購入した経験がない人でも、この機会にアマゾンショッピングで靴を購入してみてはいかがでしょう。




アマゾンで靴を買うメリット・デメリットを知る

アマゾンで靴を購入する時には、メリット・デメリットを良く知っておく必要があります。インターネットで靴を購入するには、クリック1つで購入できるので非常に気軽なメリットがありますが、実際に履いてみないと細かい感覚が分からないというデメリットもあります。メリット・デメリットを比較する事で、アマゾンで靴を購入するかどうか決めましょう。

アマゾンで靴を買うメリット
 
・家に居ながら靴が手に入る
・種類・ブランド・価格の比較が可能
・サイズなどが豊富にある
・価格が割安
 
アマゾンで靴を買うデメリット
 
・サイズが違う場合がある
・靴がすぐに手に入らない
・返品作業などが面倒
・名前・住所を教えないといけない

自分に合ったサイズの靴を購入する方法
 
インターネットで難しいのは、自分の足にあったサイズを購入する事です。アマゾンのクチコミを見れば、「表示サイズより大きすぎた」であったり、「横幅が大きい」という事が書かれていますので、購入する時の参考にしましょう。自分の持っているブランドであったり、買った事があるブランドを購入すると、足の幅などがあう可能性が高くなります。
 
実際に履いてみないと分からない事があるのは仕方ないので、アマゾンで靴を購入する場合には、最初から「返品するつもり」で購入する事が何より大切になります。

購入する時に気をつけること

・クチコミを参考にする
・自分の買った事があるブランドを購入する
・返品するつもりで購入する
アマゾン無料返品の具体的方法
 
アマゾンで靴を購入して、自分にサイズ、色などがあわない場合には、返品する必要が出てきます。返品の時に最も大切な事は、届いた時点の状態で返品するという事です。外で履いたり、傷を付けたり、商品タグを取ったりすると、返品する事はできなくなります。
 
靴を返品する時の注意事項
 
・商品タグ、外装、包装も全てそのまま返品
・靴は家の中のみで試着
・着払いで返品する
 
アマゾン返品受付センター
集配サービスで返品
 
アマゾンの返品は、返品受付センターで「返品する商品を選択」して、表示されたラベルを印刷⇒同封します。印刷できない場合には、商品に同封されてきた納品書に返品理由を書いて同封します。
 
その後に郵便局の「ゆうパック」に住所の登録を行った上で、郵便局の人に取りに来て貰う日時を指定して、郵便局の人が取りに来るのを自宅で待ちます。午前中にウェブ上で申し込めば、午後に取りに来て貰う事もできます。また、「着払い」が基本なので、返送料金もかかりません。
 
郵便局以外にも、佐川急便、ヤマト運輸の利用も可能で、近くのコンビニから「着払い返送」を行う事も可能です。とにかく着払いで商品をそのまま送り返せばいいという事です。アマゾンの返品受付センターのウェブに従えば、簡単に返品を完了する事ができます。
 
返品の手順
 
(1) 商品を元の状態に包装する
(2) 郵便局のサイトで登録
(3) 郵便局のサイトで取りに来て貰う日時指定
(4) 指定日時に自宅で郵便局の人を待つ
 
アマゾン返送の方法


返品後に返金の確認

返品が確認されると、アマゾンから「返品確認メール」という短いメールが送られてきます。返品が完了してから、1週間ほどで「返金」が行われる事になっています。返金額や払い戻し日などは、「アカウントサービス」で確認できるようになっています。以下の手順に沿って確認する事ができます。
 
(1) 「注文履歴」の右にある「注文履歴を見る」ボタンをクリックします。
(2) ご登録のEメールアドレスとパスワードを入力してサインインします。
(3) 返金を確認したい注文番号の上にある「注文内容の確認・変更」をクリックします。
(4) 次の画面下部に「返金」欄が表示されます。
 
おわりに

「ホテルマンは靴と時計を見る」と言われるほど、靴は人に見られるものとして意識しておく必要があります。ビジネスにしても、プライベートにしても、常に輝いた靴を履いておきたいものです。靴というのは、どんなに丁寧に扱ったとしても、交換が必要になってしまう消耗品です。靴を1年に何足か買う必要がでてきますが、靴を買っている時間があるとは限りません。そこで、インターネットを使って時間とお金を節約しながら靴を購入できれば、靴を購入する事で頭を悩ませる必要がなくなります。



 
評価: 
Average: 3.7 (3 votes)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
お勧め情報: 

カテゴリー: 
スポンサードリンク