女性と楽しくデートして彼女をゲットする方法

スポンサードリンク
現在、結婚できない男女が増えており、男女ともに「大幅に余っている」という状況です。そんな中で、デートするだけでも幸福な訳ですが、せっかくのデートで楽しめないカップルが多いのも事実です。先ずは、男性のエスコートに問題があったり、女性の要求が多かったり、好きになれないからつまらなかったりなど。
 
デートの多くの問題というのは、男性側にある事が多いので、男性がデートを成功させる方法をしっかりと押さえておけば、女性と堂々とデートができるようになるでしょう。男性が女性とデートして彼女をゲットする方法についてまとめました。

 
女性をデートに誘うのは難しくない
 
女性の多くが「出会いがない」と感じており、女子会などで寂しさを紛らわしている状況がありますので、デートに誘う事はそれほど難しい事ではありません。しかしながら、デートに誘った後で成功するかどうかは、自分次第という事になります。出会った時から、デートの時までに気軽に話せるぐらいになっておかないと、デートも厳しいかもしれません。
 
ほとんどの女性は、デートに行くぐらいであれば、気軽に応じてくれるものです。しかしながら、デートが面白くないと、デート以上の関係に進展させる事が困難です。もちろん、誰にでも相性というものがあるのですが、モテ男というのは、どの女性に対してもしっかりと対応する事ができるので、そのテクニックを学ぶ事は大切です。
 
決してしつこくなく粘ること
 
女性に対して執着心を持った「しつこい男性」というのは、女性から見て怖い存在で嫌われる要因となってしまいます。女性に対して絶対にしつこい男性になってはいけません。女性にたまに連絡するぐらいにして距離をつめながら、お互いの情報を良く交換できるようになるのが良いでしょう。
 
女性が好きになる男性というのは、競争力がある男性と言われています。競争力がある男性は、何もしなくても女性が寄ってくるので、ガツガツする必要がないのです。言い換えれば、
 
女性を楽しませるのがデート
 
女性を楽しませる事がデートなので、出来るだけ女性の行きたい場所に行くようにしましょう。女性が都会的な女性であれば、都会的な場所を回るのが良いでしょう。女性がアウトドアが好きであれば、山に行くのも良いでしょう。とにかく「相手の女性が喜ぶ場所」に連れ出すのがデートの鉄則になります。インスタグラムやフェイスブックなどで、女性の動向を日頃から確認して好みを把握するのも良いでしょう。
 
女性に興味をもっていて、テンションが高ければ、相手にも伝染してお互いに楽しくなります。女性のやっている事に興味を持ってきいてあげることが大切です。そうすれば、お互いに話がかみ合って、「楽しい」と感じることが出来るでしょう。自分が無理に話す事はなくて、相手の事に興味を持って楽しく聞いてあげることが大切になります。
 
デートとは非日常の事である
 
退屈で変化のない日常生活の中で異性とのデートは、わくわく、ドキドキするものです。女性というのは、毎日のつまらない日常生活にワクワク・ドキドキを与えてくれるような人に好意を抱くものです。ワクワク・ドキドキを与えてくれないデートであれば、デートしない方がマシという事になります。
 
女性とのデートを自分が最高に楽しめるようにして、同時に女性も楽しませるような工夫が必要になります。場所設定は、自分が良いと思った場所をいくつか提示して、そこから女性に選択して貰います。男性側が全て決めるのではなくて、最終的に女性が決めるという事が大事です。そして、男性側がそれを支持するというのが重要になります。
 
女性の方が男性より現実的
 
女性というのは、男性より更に現実的に考える人が多いと言われています。女性は、使っている財布であったり、金銭感覚などをデートの時にしっかりとチェックして、将来的に付き合うかどうかを決めようとしているのです。特に20代中盤から後半のの女性であれば、将来の事も考えてデートするでしょう。
 
女性のレベルが上がれば上がるほど、男性に求めるレベルも上がってきます。簡単に言ってしまえば、「カネがないのにデートする」という事は難しくなってしまうのです。将来の事を真剣に考える女性に対して、前向きに将来の事を話せるぐらいの男性になってデートするのが良いでしょう。
 
最初のデートで少し距離感を持つこと
 
最初のデートから女性に物理的に距離をつめようとすると、警戒感を持たれてしまいます。女性とそれほど親しくないうちは、物理的に距離を空けておいた方が良いでしょう。女性というのは、心理的な距離が遠いのに、物理的距離が近すぎると警戒心が強く出てしまいます。
 
最初のうちは、電車などに乗る場合においても、適切な距離を保つようにしましょう。短期勝負で焦るほど、女性というのは離れていくものです。女性の方から少しずつ近づいてくるぐらいまで待っているぐらいの余裕があっても良いでしょう。男性側からの焦りは禁物です。
 
美味しい食事と楽しい会話で勝負
 
女性とのデートにおいては、基本的に「女性がおいしい」と思う食事を選択します。男性の好みではなくて、女性の好みに合わせる事を優先しましょう。また、足りないという事がないように沢山食べられる場所があればベストです。最近の女子は、インスタなどに投稿も行う子が多いので、少しオシャレで写真撮影できるようになるとポイントが高くなります。
 
会話に関しては、リラックスした雰囲気を出せると点数が高くなります。あまり会った事がない2人だとギクシャクしてしまいがちですが、そこで笑顔で相手をリラックスさせるのが男性の役割と言えるでしょう。会話の中身にポジティブさがあれば、それだけで楽しく会話できるものです。何でもポジティブに話しましょう。
 
タクシー利用を想定する
 
タクシーをどんな時に想定するかと言えば、「パークハイアットで食事をした時の帰り」(約1000円ほど)であったり、雨の日なのに女性が良いコートを身に着けていた時、新橋で待ち合わせて東京タワーに行きたい時(約1000円ほど)など、状況に応じてデートでタクシーを使えるようにしておくと便利です。
 
ディズニーランドで遊び疲れて、お台場までタクシーを使った事を想定すると、11キロ走行で30分4500円(+高速500円)ほどになります。帰りが遅くなってしまった場合には、それぐらいの料金は、えい!と出してしまうようにしましょう。お金を出すと相手に気を使わせますが、お金を出さないよりもプラスになります。
 
女子会のネタにされてます!
 
男性がデートに失敗すると、女性によってあっという間に女子会の自慢のネタと毒舌で批判されています。そんな事は、知らない方がいいのでしょうが、女性というのはもともと、好きな男性以外に対して優しいなんていう事はありません。デートで失敗した男性をネタにして、何時間でもお話ができるのが女子会の特徴でもあります。
カテゴリー: 

関連記事