女性をデートで絶対に楽しませるようになる方法

スポンサードリンク

女性をデートで楽しませるためには、女性にとって魅力的な男性になる事が一番です。女性は、誰しもが魅力的な男性とデートをしたいと考えています。その願いを男性側がかなえてあげることが大切になるでしょう。

単に高いお店に行ったり、オシャレな雰囲気を出せば良いというものではありません。魅力的な男性というのは、自分を持っている素敵な男性と言い換える事もできます。自分のこだわりというものがありながら、それでも相手を尊重しながらコミュニケーションが取れるというのが魅力的な男性の条件になります。

相手の警戒心を下げる事
 
最初に相手の女性の警戒心を出来る限り下げておかなくてはいけません。デートに誘うと言っても、女性の警戒心が高い状態で誘っても、相手も乗ってこないでしょう。相手の警戒心を解くためには、こちらの情報を出したり、相手を褒めたりするなど、コミュニケーションを適切な距離で取る事から始まります。自分が危害を及ぼす人間ではなくて、相手の味方になる人間である事を時間をかけて示す必要があります。
 
相手の警戒心を解く為には、自分の弱点を話す必要もあるでしょう。自分の弱点を知って貰うと、相手の警戒心を解くことができますが、あまり話し過ぎるとマイナス面を強調している事にもなりかねないので注意が必要です。例えば、男性でも女性でも「貧乏である事」を強調して笑いのネタにしたら、親しみは沸いて友達になれても、付き合いたいと思わなくなるかもしれません。
 
相手を褒める事が基本
 
相手の良い点を見つけるというのは、相手の警戒心を解く上でも大切です。ポジティブに相手を見ることができれば、相手の良い点というのがきっと見えてくるはずなのです。大切な事は、「他の人が見えていない、相手の良い点」を見つける事です。「芸能人の●●さんに似ていますね」「良く言われます」という会話ではダメなのです。良く言われるというのは、相手にとって褒められたうちに入りません。
 
相手を褒めるという事は、「あれ、何かセンスのいいバッグを持っているね」というレベルが一般的で無難です。上級者になると、「先日のSNSで髪切ったと書いてたけど、良く似合っているね」と言えば、SNSもチェックしたという事を何気なく強調できます。住んでいる場所が分かったら、「あの周辺は、●●でいいですね」というのも共通の話題になりそうです。
 
下調べを良くしておく事
 
女性というのは、自分にどれぐらいの時間をかけてくれたかを良く観察してるものです。そういう努力は、女性が必ず評価してくれる部分でもあります。準備と下調べは、なるべく多くしていくに越したことはありません。また、自分が得意な場所を選ぶのが無難であり、行ったことがあって良かった店を選ぶようにしましょう。日頃からのセンスが出てきます。
 
デートの前にどれぐらい女性とコミュニケーションが取れていたかという事も、デートで楽しく話ができるかという事に繋がってきます。何気ない部分なのですが、インスタグラムで「いいね!」を押したり、LINEで時々会話をしたりするなどの行動が有効になります。インターネットであったとしても、全くコミュニケーションしてない人は、「赤の他人」でしかないからです。
 
初デートならランチタイム
 
初デートであれば、ランチタイムが良いでしょう。ランチタイムで食事して、軽くカフェをして別れるというようなコースが一般的です。ランチの代金を男性が出すようにして、カフェの代金を女性が出すのもありでしょう。もしくは、カフェだけ割り勘にするというのもありですね。
 
ランチタイムにすれば、女性も安心してくることができますし、最初から変な下心がない事を証明する事も出来るでしょう。ランチタイムであれば、ホテルのレストランなどを使ったとしても夜より価格が安くなるので、相手に気を使わせなくてすみます。総合的に考えて、男性側にとっても昼間の方が良い場合が多いです。
 
他の男との違いは何か
 
他の男と似たような人に面白みを感じる女性は多くありません。他の男とまったく違う視点を持っていれば、「面白い人」と見られる事ができるかもしれません。レベルの高い女性になればなるほど、普通のサラリーマン男性では満足する事ができません。普通と違った所に自分の心も体も熱中しているような男性は、女性から見ても魅力的に見える事でしょう。

魅力的な男性というのは、女性の言いなりになったりすることがありませんが、それでいながら女性から嫌われる事もありません。相手の言いなりになる人は、自分の提案がない「つまらない人」の烙印を押されてしまいますので、相手の言いなりにならず、自分の意見や提案をはっきりと言えるようにして、相手を良い方向にリードしていく事が必要です。
 
高いお店で気を遣わせない
 
最初のデートから高いお店で奢ってしまうと、気を遣わせる事になってしまいます。また、最初から高いお店だとリラックスできないという事もあるでしょう。相手に気を遣わせない程度で、そこそこ良いお店を選ぶという所がセンスの見せ所になります。清潔感があって、料理がおいしいお店がいいですね。
 
頑張りすぎないからと言って、雰囲気がないお店にするとアウトです。女性というのは、雰囲気をとても大事にするので、雰囲気があるお店でなくてはいけません。また、匂いがキツイお店だと、女性の服に匂いが映るかもしれないので、焼き肉店などを避けた方が良いでしょう。
 
予約・2軒目の想定が基本
 
どんなお店であっても、予約をしっかりしておく事が基本中の基本です。予約なしに行って、席が空いてなかったり、お店が閉まっていたり、並んだりするのは最悪です。先に電話をして予約しておいたという事をデート前に伝えておくのも良いでしょう。そうすれば、自然に待ち合わせ時間なども決めることができます。
 
予約をしても店で待たされたりするなどのトラブルが起こる事もあるでしょう。そうした時には、2軒目を想定しておくのが良いでしょう。近くで良さそうなお店をピックアップしておけば、トラブルが起こった時にも対処できます。また、バーやカフェなども下調べしておくと良いでしょう。全てはデートの経験がものを言います。
 
お金に余裕を持っていく
 
最初にお金を入れていく財布は、なるべく綺麗な財布にしましょう。ボロボロの財布だと、女性からお金がない人だと思われて終わりです。綺麗な財布を持ち歩く事は基本中の基本で、財布の中に万単位で余裕のある金額を入れておきましょう。大人のデートであれば、相手の食事代も考慮して、食事の後にバーに行く事なども想定すると良いでしょう。
 
夜にデートをする場合には、相手が電車で帰れなくなった場合などには、タクシー代を負担してあげる事になるかもしれません。また、自分がタクシーで帰る事になるかもしれないので、その事も考えてお金を準備しておく必要があるでしょう。
 
食に対してのセンスとこだわり
 
食に対してのこだわりがある人は、美味しい店を選ぶセンスにも優れていると言えるでしょう。特にポイントが高くなるのは、「自分で料理を作れる人」です。自分でセンスある料理を作れる人は、どんなお店に行っても味が良く分かります。高いか安いかではなくて、味の素材を見抜くには、自分が料理しているものをSNSなどに投稿している人が完璧でしょう。
 
食に対するこだわりが強い人でなければ、SNSに食べ物の写真を投稿していないかもしれません。どういった生活スタイルを好んでいるのかをSNSから見分けるのが良いでしょう。人によって好き嫌いがあるので、女性のSNSをチェックして、好みの傾向を見極めて、それをデートに反映させると喜びます。はっきり言って、食べ物に対するこだわりとレベルは、男性のレベルであると考える女性も多いです。
 
相手をリラックスさせる
 
女性をデートでリラックスさせる事は、デートを楽しむ上で大切です。例えば、高いお店に入る時には、「あまり高いお店来ないんだけど、女性と来るから楽しもうね」と言えば、相手の緊張感をほぐす事ができるかもしれません。自分があまり気を遣いすぎると、相手にも伝わってカチカチになってしまいます。そんなに気を遣わず、楽に構えると良いでしょう。
 
相手にリラックスさせながらも、少し男女の関係だよね?という緊張感があるのがベストの関係です。例えば、荷物が重そうなら、「荷物を持とうか?」と気を使ってあげたり、ゆっくりと歩いてあげたり、車道側を歩いたりなど・・・女性らしく扱うという事に気を使ってあげる事が大切になります。
 
自分が楽しんで相手も楽しませる
 
相手の事を良く見て会話をする練習というのは、日頃から行っていないとできるものではありません。日頃から誰とでも明るく楽しく会話できるように訓練しておくのが良いでしょう。楽しむコツというのは、めちゃくちゃポジティブである事です。仕事がうまくいっているとか、海外に行きたいとか、未来の夢を語り合うと楽しいですね。また、良かったこと、最高の事をポジティブに語れるなら最高です。
 
決してやってはいけないのは、マイナスの事をぐだぐだと語る事です。デートに限ったことではないですけど、会話でプラスエネルギーを出す事に集中しましょう。また、相手のプラスエネルギーを引き出すように、良い点を指摘するなど、楽しく過ごせるように工夫しましょう。基本的にプラスの話題を振って女性もプラス気分で話すのがベストです。
 
相手の趣味・考えに合わせた場所を選ぶ事
 
最初のデートからいきなりディズニーランドとドライブデートどちらがいい?と女性に聞いてはいけません。ディズニーランドは遠すぎるし、ドライブデートだと2人の時間が長すぎるので、女性からすると最初のデートでどちらもNGです。仕方なくドライブデートを選ぶ女性が多いですが、良く知らない男性と2人きりで車の中にいるというのは、女性からすると緊張して疲れるものです。
 
愛車を持っているからと言って、車でデートする事が良いと限りません。相手を疲れさせないようにするには、電車で行って、電車で帰るぐらいが良いでしょう。相手に気を使わせないように駅・カフェ・ホテルのロビーで集合して、そこからレストランに歩いて行って、駅で別れるという感じが普通です。
 
デートの場所でセンスが分かる
 
デートの場所には、相手の嗜好によって場所を考える事が大切です。相手について良く知らない場合には、全く異なった選択肢を提示してみると良いでしょう。例えば、映画館、美術館、動物園、公園という選択肢では、女性の感覚によって選択が異なってきます。また、行く場所によって面白さも異なってきます。映画館なら見る映画の面白さに影響されたり、動物園や公園なら歩きます。美術館に行く人に大人の女性が多いです。
 
デートの場所に美術館など静かな場所を選んだのであれば、作品を見ている最中には、それほど会話しなくても良いでしょう。作品を見終わった後には、作品をネタにして会話を楽しむのも良いと思います。映画であれば、映画の後のカフェで作品の感想を語り合うのも良いでしょうが、ネガティブに語り合うと疲れるので映画の出来に左右されます。
 
想定外の楽しさがあればいい
 
人間というのは、想定外の事が起こらないと、印象と記憶に残ったりしません。単に男性とデートをしただけというのであれば、女性の記憶に残らないのです。記憶に残らないという事は、「つまらない人」と思われる可能性が高いという事です。最近の女性は、女子会で高級料理店に行ったり、ホテルのバーに行ったりする事も多いので、そうした場所に行くだけで楽しいと感じてくれなくなってきています。女性に「あー、このデートプラン、前もあったわ」と思われたらオワコンです。
 
日頃からホテルの食事などに頻繁に行ってる女性に対して、ホテルの食事などに連れて行っても、「日常が1つ増えるだけ」だったりする訳です。女性の感じる「夢」を実現させてあげるのがデートだと思うと良いでしょう。服装をばっちり決めて、女性の事を考えてしっかりとエスコートして貰えたら、女性が嬉しくなっちゃう事は間違いないでしょう。
メールとかLINEをやり取りする時点で、相手に対して意外性を持たせなくてはいけません。単に「想定内」であると、面白みがないつまらない人になってしまうのです。ここでこう来るか!と思わせないといけない訳です。女性から見ると、あまりにいい人過ぎて面白みに欠けるという事もあるでしょう。
 
女性の意見を優先させる
 
基本的にデートの主導権を男性が持っているようでいて、デートの主導権というものは女性が持っています。男性は、女性を接待する側なので、女性に喜んで貰わないといけない訳です。どんな食べ物が好きかなどで女性のリクエストを聞いて、女性が曖昧に答えたとしても、女性の本心を見抜いてそれに応じなければいけません。
 
大切になる事は、自分が満足する事ではなくて、女性がどんな気持ちで、どんな要望があるかを見抜く事です。何が食べたい?と聞いて、「イタリアの・・・」と言ってるのに、「和食の方が俺はいいと思う」などと自己主張をするのは最悪です。女性と一緒にいたら、女性がどうしたいのかを優先していくのが基本です。それに応じられるバリエーションが求められます。
 
あくまで、主役は女性であり、こちらが提案した範囲で、最終的に決定権を持っているのは女性です。女性が好みのものを食べるのを男性側がエスコートする事ができれば、女性の満足度がそれだけ高まるという事になります。
 
女性がデートで楽しむ時
 
女性をどうやったらデートで楽しませる事が出来るかは、男性側からすると悩みの種です。楽しませる事ができる方法としては、ホストクラブを意識すると良いでしょう。基本的には、褒める、話させる、笑う、相手に合わせるです。相手をリラックスさせて話して貰うには、褒めてあげたりして、相手に安心感を与える必要があるでしょう。安心感を与えたら、後は話を聞いて頷いてあげます。そして、相手に共感してあげるのです。
 
女性というのは、認められると喜びを感じるし、否定されると不快に感じるものです。ホストクラブのホストは、相手がどんなに興味のない話をしても聞いてあげて、それを理解しようと努力します。知ったかぶりをするのではなくて、単に聞いて興味を持って質問してあげればいいんですね。コミュニケーションは、相手に興味を持つことから始めないといけません。
 
気まずい雰囲気を避けたい
 
気まずい雰囲気を避けるには、余裕のある行動・会話が必要になります。自分から笑顔で話しかけたり、楽しい雰囲気を作るのは、男性側の役目だと思った方が良いでしょう。歩きながらとか、電車の中で楽しい雰囲気が作れたらいい感じです。楽しい雰囲気を作るには、やっぱり余裕が必要なのかなと思ったりします。お金の余裕はもちろん、時間的余裕も必要ですね。
 
お金に関しても、女性といる時にケチケチする男性というのは、女性から「情けない男性」と思われます。お金がなかったとしても、女性と一緒に歩きたいのであれば、余裕を持ってお金を持ち歩いておかないといけないものです。余裕さえ持っていれば、お金を使わなくても別に構わないのです。
 
相手の情報を知る事から始める
 
デートで相手に合わせるとはいっても、相手の情報を知らない状況では、相手に合わせる事ができません。女性の多くは、多様性を持っていますが、それを理解して相手に合わせるというのは、簡単な事ではありません。女性の多くの悩みとしては、「自分の事を理解してくれる人が少ない孤独感」というものがあります。
 
女性が20代後半になってくると、20代前半の彼氏などに影響を受けて、20代後半に女性なりのカラーが出てきます。その「女性なりのカラー」をしっかりと理解してあげる男性にならないと、男性としての器が小さいという事になりかねません。相手の趣味を理解しながら、そこに新しい価値を加えるというのは、高度なテクニックになります。
 
女性がデートで楽しめない時
 
女性がデートで楽しめない時というのは、口数が少なくなる事が多いです。自分の事をあまり話さなくなって、「早く帰りたいな」と思っていても、我慢するような事が多いです。女性の口数が少なくなったら、楽しくないというサインです。そういう場合には、雰囲気を見て早めに切り上げましょう。「あなたに興味がないんです」という合図を悟らなくてはいけません。
 
女性が自分の方をあまり見なくなって、視線が泳ぎ始めた時にも注意が必要です。その時にも、「あ、自分に興味がないな」という事で、早めに切り上げるようにするのが良いでしょう。相手に苦痛の時間を沢山与えるというのは、良い事ではありません。好きになった人には、前向きに訴えてくるものですが、それがないならダメだと思った方が良いでしょう。
 
おわりに
 
デートをしてみると、相手と自分が合っているかどうかの相性を見極めることができます。食事の嗜好が一緒であるか、レストラン選びはどうか、自分に対してどれぐらい気を使ってくれるかなどを細かく知る事ができます。会う前にメールやLINEで会話してみた感覚と、実際に会ってみて会話した感覚が重要になります。
 
デートの基本としては、相手の事を良く考えてあげて、相手にとって喜ぶものを提供するという事が基本になります。自分が車が好きだからと言って、相手も車が好きであるとは限りません。
 
カテゴリー: 

関連記事