20代後半の女性が恋愛で結婚する方法

スポンサードリンク
女性には、誰にも特権があって、20代女性というだけで、それほど可愛いわけではなくとも周囲からチヤホヤとして貰えます。特に可愛い女の子であれば、もう20代前半だったら無敵状態になれます。しかしながら、女性が30代になると一気に様子が変わってきます。20代の頃とは違って、無敵どころか、男性が誰も相手をしなくなってしまうのです。



男性からアプローチされる機会を増やす

20代・30代に関わらず、男性からアプローチされる機会が多ければ多いほど、男性をゲットできるチャンスを増やす事ができます。どんなダサい男性からであったとしても、男性からアプローチがなければ、デートに行く機会すらありません。とにかく、周囲の男性からアプローチされるような女性である事が大切になります。いくら自分から積極的に動いたところで、男性からアプローチが無ければ自滅です。

男性からアプローチしやすい女性になるには、男性に笑顔をふりまいて、連絡先を交換してやり取りしてみたり、相手に興味を持って会話してみる事が大事になります。20代後半の女性の多くは、最初から男性に理想ばかりをぶつけて、男性が理想通りでなければ跳ね除けてしまいますが、白馬の王子さまなど存在しない事を理解する事も大切です。30歳になれば、そもそも男性から言い寄られる機会すら激減するのです。

30代女性に厳しい現実
 
30代女性になると、男性からの目線が一気に冷ややかなものになり、20代とは比べものにならないほどの頑張りが求められるようになってきます。見た目のセンスであったり、性格などが鍛えられていないと、20代女性ほど相手にされる事がなくなります。女性がチヤホヤされるギリギリの年齢というのは、28歳、29歳ぐらいまでです。それ以降は、いかに美人であったとしても、男性側からの目線が厳しくなります。

27歳ごろには、結婚の決意を固めて、その為に出来る事を何でもするぐらいの努力が必要になります。自分を極限まで磨き上げるのは、28歳ぐらいまでが限度なので、そこまでに理想と思う自分を完成させましょう。完成させられない中途半端なままであったとしても、そこに言い寄ってきた男性というのを貴重な存在としてキープしておく努力も必要になります。少なくとも、自分の中で普通と思う男性が連絡してきたら、ありがたいと思って連絡先ぐらいはキープしておきましょう。
 
20代は女性が、30代で男性が選ぶ側
 
20代のうちは、女性が無条件に選ぶ権利を持っているので、20代の女性が恋愛市場・婚活市場において圧倒的有利になります。言い換えれば、女性はこの「選べるうちに選んでおくこと」が何よりも大事で、29歳のギリギリになってくると、既に選べる範囲が狭まり、30代になると「選ぶより選ばれる側」に回ってしまいます。
 
30代になってくると、男性側に経済力がついてくるので、今度は男性側が選べるようになってきます。30代前半の男性であれば、30代の女性など見向きもせず、20代の女性のみ限定して相手を探している人が多いです。30代前半の女性は、30代後半の男性・40歳ぐらいの男性をターゲットにしていく必要が出てくるでしょう。残った僅かなおじさんの中から選ばないといけない事になってしまいます。

自分を極限まで磨き上げること
 
20代の女性であれば、男性に比較すると自分を高めるのが容易です。頑張ってファッションセンスを磨いて、見た目が改善すれば、彼氏を見つけたりするのは難しくありません。女性であれば、20代のうちに自分にベストになる相手を見つけることが最重要の事で、30代になって自分がベストと思う人など見つかるはずありません。
 
30代の女性は、同年代の男性を選べないと考えた方が良いので、30代を超えた女性であれば、最低でも5歳以上年上で、現実的に考えれば10歳ほど年上を視野に入れなくてはいけない状態になります。35歳を超えた女性には、言い寄られるのが怖くて男性が近寄りづらくなっていきます。
 
涙ぐましい努力をする女性の姿
 
某テレビ局の婚活の番組では、20代にも関わらず、地方にも関わらず女性が殺到して、イケメン男性を奪い合って涙ぐましい努力をしています。「普通の女性」がイケメン男性と結婚するには、テレビ番組がチャンスという事で、イケメン男性に女性が殺到しています。イケメンをゲットする確率が低いにも関わらず、女性の凄まじい努力を見ることができます。
 
そんな番組をお茶の間で笑いながら見ている訳にはいかないです。20代の後半からは、女性が自然に出会えないのであれば、何としても努力して出会いを探さなくてはいけません。女性の場合には、自分から積極的にアプローチする事は厳しいので、男性からアプローチされる数を増やさなくてはいけません。男性からアプローチされる数を増やして、良いと思った男性がいたら積極的にガンガンいくべきでしょう。

スペックが高い男性ほど自分を見せない

モテる男性というのは、自分が高所得であったとしても、それを明らかにしようとはしません。「俺は高所得だ」なんて自慢してくるのは、モテない男性だけです。少し話しただけで、相手の所得であったり、価値観などを理解したつもりにならない事が大事です。スペックが高い男性ほど自分を見せたがらない傾向にあるので、所得や性格を持っている人がいたとしても、それを逃してしまう可能性があります。自分勝手に所得や性格を判断するのはやめましょう。

逆に言えば、自分からスペック面を強調してくるような男性には注意が必要です。自分の事を自慢げに話すような人は、自分に自信がない人が多いです。ただ、スノーボードが好きで・・・など、趣味の自慢ぐらいだったら、多めに見てあげる事も良いでしょう。趣味の自慢という事であれば、じゃあ、一緒に連れて行って下さい!ぐらいの気の利いた一言が言えたらいいものです。

身なり以外の場所に気を遣う
 
最近の女性であれば、身なりに気を遣うのは「既に当たり前のこと」とされています。町中を歩いていても、身なりがオシャレで綺麗な人が沢山います。しかしながら、可愛いだけでオーラを発していない人と、可愛くてオーラを発している人を見抜く事は、意外と簡単にできます。
 
日頃から運動をしていないと、体が運動をしていないスタイルになってしまいます。運動をしていないスタイルというのは、「だらしがないスタイル」に見えてしまって、魅力的に見えなくなってしまいます。運動をすると体が引き締まって、ぱっと見た時に魅力的に見えるようになります。初対面の人から魅力的に見られようと思うのであれば、脂肪を減らした体づくりというのは大事です。男女ともに肩幅があってくびれがくっきりとした体つきは、服の上からでも人を魅力的に見せるものです。

情報を持った人と付き合うようにする
 
組織の中でも情報を多く保有するキーパーソンと付き合うのは、自分がビジネスを上手にやる上でも大変に重要です。相手が話している内容に対して、単に感情だけで話しているのではなくて、自分で調べ上げた・もしくは経験した事がある根拠がある情報かどうかを理解する為には、相手の話した内容を理解する判断力も必要となります。また、相手の話した内容を鵜呑みにしないで、自分で新たに調べるという事も要求されます。
 
自分が知らなくて良い情報というものも存在する事は確かですが、女性などの多くが「女子会」などを通じて多くの情報をやり取りしています。生活に欠かせない情報から、遊びの情報まで、幅広くカヴァーして話が出来る人というのは、それだけで魅力的な人間に見える事は確かだと思います。

お酒の飲み方を知らない女性は嫌がられる
 
20代であったとしても、お酒の飲み方を知らない女性というのは、男性から嫌がられる傾向にあります。まして、30代の女性ともなれば、お酒に飲まれてしまったら、可愛いでは言い逃れできません。男性というのは、女性のお酒の席での態度をしっかりと観察しているので、飲み会におけるお酒の飲み方に注意する必要があります。
 
「彼が勘違いして30代女性を選んでくれる」と思ったら大きな間違えで、30代の男性というのは、30代の女性を積極的に選ぼうとする人はほとんどいません。まして、イケメン、高収入などの男性が30代女性を積極的に選ぼうとする人は、ほとんど皆無だと思った方が良いでしょう。
 
健康的で生存能力が高い事を示す
 
女性が20代後半からは、健康的で生存能力が高い事を示さなくてはいけません。先ず、アメリカ人が好むような「健康的」と思われるようなスタイルを目指さなくてはいけません。周囲から見て「少し筋肉質だね」と思われる体型が理想的です。その為には、週に1回以上の筋力トレーニングを欠かすことができず、出来たら週に2回の筋トレを行うのが良いでしょう。
 
いわゆる「ぽっちゃり体型」というのは、20代前半ぐらいまでは、可愛らしくも見えたりするものです。それが20代後半になってくると、少しぽっちゃりしてるな?という印象になり、30代になってくるとどんどんだらしなく見えてきます。人によっては、ぽっちゃり体型の人を「清潔感がない」とみなす人もいます。女性の多くも、身長が高くてスリムで筋肉質な男性を好みますが、男性側からしても同じです。

25、26歳頃が選べるピーク

女性が男性を選べる側として建てるのは、25、26歳頃がピークです。その頃に付き合っていた彼氏というのは、人生で最も女性に良くしてくれる彼氏である場合が多いでしょう。その人と結婚を目指すのが最も良い方法です。基本的には、ピークを過ぎていく女性で、29歳以降に今まで付き合った彼氏以上の存在の人が現れるという事は皆無と考えた方が良いでしょう。女性にとって人生のピークである29歳までに結婚するべきです。

30代になっても結婚できない女性の多くは、20代の時に付き合った男性に不満が出てきた時に「もっと良い人がいるかもしれない」と別れた人が多いのです。実際には、自分の最高に良い時期に付き合った男性がそのレベルなのだから、自分の年齢が上がっている状態で「それ以上良い男性との出会い」というのが非常に難しい状況なのですが、それを理解せずに別れた後に後悔するケースもあります。

とにかく恋愛に繋げる基本

恋愛が少ない女性は、恋愛の機会を増やすように少し努力をしてみると良いかもしれません。モテない女性であったり、恋愛が全くできない女性というのは、男性から見ても『この女の子は、人間としてコミュニケーション力がゼロだな、可愛いのに残念だね~』と内心で思っています。誰も口に出して言いませんけどね。自分が可愛いから、ツンツンしていたとしても、真面目な男性が声かけから恋愛までの全てをエスコートしてくれるなんていう事はありません。あるとすれば、別の目的がある男性ぐらいでしょう。

・小さな出会いを大事にする
誰にでも気軽に話しかけてみると、成功率が高まります。
・誰の前でもとりあえず笑顔
笑顔を見せると、人の警戒感というものが薄れます。
・相手との共通点を見つける
共通点を探すことは、会話でとても大事になりますね。
・連絡先を自分から聞く
LINEとかメールとか女性から聞くと成功率が上がります。
・絶対に譲れない点を決める
譲れない点以外は、全てが妥協です。
・食事などに出来る限り応じる
彼氏がいても行く人がいるぐらいだから、フリーなら出来るだけ。

おわりに

20代後半で出会いがないと嘆いている人は、女子会などをやめて、なるべく男性と遊ぶ機会を増やす事にしましょう。また、アイドルなどに夢中になるよりも、現実を見据えて、周囲の男性と遊びに行く機会を増やすと良いでしょう。自分から何もせず、男性側が言い寄ってきて、全てをエスコートしてくれると信じている女性のほとんどが30代になっても未婚のままです。

30代になってくると、20代の時に言い寄ってきた人ほどイケメンの男性など相手にしてくれなくなります。30代になると、言い寄ってくる男性の質も微妙だと思うものが増えて、更に厳しくなります。出来る限り20代のうちにアプローチしてくる人を大切にする事をお勧めします。30代の女性となると、美人かどうかという事よりも、年齢で跳ねられてしまいますので。

 

カテゴリー: 

関連記事