成人になってから歯科の矯正治療を成功させる方法

スポンサードリンク
最近では、矯正技術が発達してきた事によって、日本においても成人矯正する人も増えてきました。以前であれば、歯科矯正と言うと20代ぐらいまでが多かったのですが、最近は30代・40代で歯科矯正する人も増えています。歯科矯正のメリット・デメリットを良く知って、歯科矯正について慎重に検討するのが良いでしょう。
 
成人矯正は、100万円を超える金額がかかるとされていて、成人矯正をするかどうか迷っている人は多い事でしょう。どうしても歯並びがコンプレックスであるという場合には、歯科矯正をした方が快適な人生を過ごせるようになるでしょう。ただし、歯科矯正をすれば誰もが良い歯並びを手に入れられる訳ではないので、情報を集めて慎重に判断した方が良いでしょう。

 
成人矯正の難しさ
 
成人矯正というのは、普通の矯正(一般的に中学を卒業した頃に成長に合わせて矯正するのが良いとされています)に比較すると、リスクが高くなるとされています。例えば、年齢を重ねると歯周病になりやすくなって骨が失われていたり、歯が動きにくくなるなど矯正が難しくなってきます。
 
歯周病などが進行して骨の量が不足している状態だと、矯正自体が出来ないという事になってしまいます。また、矯正しても思ったような美しい歯並びが得られないという事は良くあります。こういった事を含めて、矯正する前に歯科医院の歯医者さんと良く相談すると良いでしょう。
 
歯科矯正の種類
 
歯科矯正にも様々な種類があって、自分と歯科医によって選択肢が複数用意されています。特に歯並びだけが悪いという場合には、歯の全体に器具(デーモンシステム)を歯の表側・裏側に装着して、歯並びを改善していくというのが一般的です。成人矯正の場合には、2-4年もの期間がかかる場合があります。また、最近になって外科の手術を伴って期間を短縮するという方法も出てきています。
 
芸能人などであれば、歯を大きく削って「差し歯」というものを入れて見た目だけを良くする方法もあります。また、歯を全て抜歯してインプラントを入れた矯正なども存在していますが、体への負担が大きいので、インプラントとういのは、最終的選択肢となります。
 
複数の矯正歯科医院を回る
 
矯正歯科医院といっても沢山の歯科医院があるので、それぞれの歯科医院によって発言が異なってくる場合が良くあります。矯正歯科と言っても、手術方法が1通りではなくて、複数の選択肢がある場合と言うのが良くあります。歯科医院によって、抜歯・非抜歯、進め方、値段まで全く異なっています。誰かから聞いた話ではなくて、自分の症状に合わせて得意とする先生がいる場所が最も良いとされています。
 
最初に歯科医院の評判であったり、ホームページで専門分野などを良く見て、その後で実際に訪問してカウンセリングを受けてみると良いでしょう。その後で別の歯科医院にもカウンセリングに行って、総合的に比較して最終決定するのが良いです。焦るよりも、しっかりとした見極めができる事が大切になります。
 
男性と女性の違い
 
人間というのは、男女による少し違いがあり、矯正治療でもそれが出てきます。男性に比べて、女性の方が骨が柔らかい場合が多くて、矯正治療で歯も動きやすいと言われています。しかし、女性は骨が柔らかい分だけ、歯肉の中にある骨が溶けやすいという特徴もあります。言い換えれば、男性の方が矯正にかかる期間が長くなる傾向にある訳です。
 
その代わりとして、男性の方が女性に比べて傷口の回復力などがあると言われています。歯肉をとって貼り付ける歯肉の再生手術などを矯正の為に行った場合などには、男性であれば、3ヶ月でほとんど傷口が治ってしまうなど、回復力の速さを利用して矯正の日程も早まる場合も考えられます。
 
良い矯正歯科を選択する
 
矯正というのは、一般的には専門の矯正歯科で受けるのが良いとされています。ただし、症状によって、専門の矯正歯科でなくても良い場合もあります。噛み合わせなどが正しく出来ている状態で、歯をそれほど動かさなくて良い場合は、矯正の実績がある歯科医院であれば、対処できる場合もあります。いずれにしても、複数の歯科医院から自分の症例に適した歯科医院を選ぶ事が最も重要になります。
 
歯周病になっている人は、普通の歯科矯正医を選択するというよりは、歯周病の専門医を選択して矯正するという方法もあります。この場合には、歯周病が専門でありながら、矯正の実績も沢山持っているような先生を探すべきでしょう。歯科医院で今までにやった症例などを見せて貰うと良いでしょう。
 
カウンセリングを受けに行く
 
最初に歯科医院のカウンセリングを受けに行って、説明を受けるようにするのが良いでしょう。歯科矯正のカウンセリングは、ほぼ全てが自由診療になっているので、無料で実施している歯科医院もあれば、有料で実施する歯科医院もあります。カウンセリングは、少なくとも幾つかの歯科医院に行って、意見を聞いておくのが良いとされています。
 
無料のカウンセリングで歯科医師の考え方を知ったり、自分の症例と歯科医師の専門分野が合致しているかの確認を行います。また、歯科衛生士などが優秀かどうかも、判断する材料になるでしょう。また、この時に矯正にかかる費用などを確認して、見積書などを貰っておくのも良いでしょう。矯正費用は、おおよそ100万円ほどになると考えておくのが良いでしょう。
 
成人矯正の難しい症例
 
成人矯正というのは、症例によってかなり難しい症例も存在しています。歯茎の骨が歯周病などによって失われている場合には、矯正が難しい場合もあります。また、強引に矯正をしようとすると、歯肉後退が起こって「ブラックトライアングル」が出来てしまう可能性があります。歯間部の骨の高さが歯間乳頭の高さに影響を与えて、歯間乳頭が消失するのです。
 
現在の歯肉回復手術においても、ブラックトライアングルを回復させる事は非常に難しいとされています。ブラックトライアングルが出来るのは、歯肉の中にある骨が低下している可能性があり、骨を造る手術などを事前に受けて骨が失われないようにして矯正治療を行う事が重要になります。矯正をしてから全体の骨が低下すると、ブラックトライアングルの改善が難しくなります。ただし、歯間乳頭の再生手術などを行って改善が出来る場合もあります。
 
成人矯正による抜歯のリスク
 
抜歯の最大のリスクは、健康な歯を失ってしまうという事です。矯正によって多くは、前歯の奥にある歯を抜歯しますが、健康な歯を4本も失うというリスクは、非常に大きいデメリットです。ただし、残った歯をしっかりと保全できるのであれば、それはメリットとして活用する事もできます。
 
成人矯正で抜歯してしまうと、骨格が変化するので、かみ合わせに影響が出たりする場合もあります。噛み合わせの面から言っても、成人矯正において抜歯を出来る限り避けた方が良い事は確かです。
 
成人矯正の歯肉後退
 
成人矯正で最も問題になる事の1つが歯肉後退です。特に歯周病などで既に歯肉の中にある骨が失われている場合には、そのまま成人矯正を開始すると、更に骨が壊れて歯肉が大幅に後退する場合があります。歯肉の後退が起こってしまうと、回復が難しい場合も多くなってしまいます。
 
歯肉の後退というのは、成人矯正について、1つの大きなリスクであると理解するべきでしょう。歯科矯正を行う事によって歯茎が後退すると、見た目が悪くなるだけではなくて、機能的にも良くないとされています。成人矯正をする場合には、事前に歯科医師の歯肉についての見解を聞いておくのも良いでしょう。
 
コルチコトミー矯正
 
コルチコトミー矯正は、歯肉を切開して内部の骨に切り込みを入れて、矯正治療を早めるという外科の手術を伴う矯正治療です。外科手術を得意としている歯科医院でないと行う事ができないので、全国でもコルチコトミーを行える歯科医院というのは、限られた数でしかありません。ただ、外科手術を伴うリスクがありながらも、歯茎、歯槽骨(歯を支える骨)が矯正前よりも更に強化できる可能性もあり、後戻りもほとんど無いなど、優れた方法である事は間違いありません。
 
現在の歯科医院が全国に7万以上(コンビニより多いと言われる)と言われていますが、その中でコルチコトミー手術を完璧に行えるのは、100軒以下の高度専門医療と言われています。そもそも、「マイクロスコープ」を持っていない歯科医院もあるので注意しなければいけません。日本においては、高度医療が可能な歯科医院は、東京・大阪に集中している傾向があります。
 
おわりに
 
矯正治療というのは、車が買えるほど非常に高額ですが、それでも矯正治療を行う人が多いという所を見ても、矯正治療に一定の価値がある事が分かります。しかしながら、矯正成人になってからの矯正治療は、そのリスク(抜歯・虫歯・費用・歯肉後退)を良く理解して、矯正治療を行うかどうかを決めるのが良いでしょう。
カテゴリー: 

関連記事