水虫を予防する方法と、水虫を撃退する方法

スポンサードリンク

カビの一種である菌が足に付着したままになった状態だと、「水虫」になってしまいます。日本人の5人に1人が水虫を保有しており、特に女性の約半数が水虫に感染しているとされています。水虫の感染力はそれほど強くありませんが、感染してしまうと、治癒する事が非常に難しい病気とされています。

水虫を保有している事で、股間の病気である「いんきんたむし」であったり、髪の毛がかゆくなるなど、別の病気になるリスクが飛躍的に高まります。家族に感染したり、恋人に感染する事もあるので、早めに対処する事が大切です。軽い症状であれば、市販の水虫薬 エフゲン 30mlで対処する事もできるので、早めに対処しましょう。



水虫は人に感染する

水虫は、家族であったり、大切なパートナーにも移してしまう危険性がある非常に厄介な病気ですので、自分が日頃から水虫に感染しないようにする事と、水虫になったら即座に撃退する方法を覚えておいた方が良いでしょう。水虫の足の皮が剥けた状態でベッドに横になっていたりすると、髪の毛や体の皮膚に水虫が感染することもあります。

水虫の感染力は強くはないですが、人に感染する病気と言う事を良く知って、早めに治療するようにする事が大切です。自分が水虫の状態を放置しておくと、パートナーなどに感染する原因になってしまいます。

素足の時間を増やす

水虫になりづらくする方法としては、家の中で靴下でいることを避けて素足で過ごしましょう。水虫は、とにかく乾燥している場所を嫌う傾向があります。家の中で常に素足で過ごして、足が常に乾燥した状態になっていると、水虫が住み着きづらくなるのです。水虫に感染しないようにする為には、家の中で素足で過ごすという事だけで感染を防ぐ事につながります。

シャワーを浴びて足を清潔に保つ

足が清潔に保たれていない状態が長く続くと、水虫に感染しやすくなってしまいます。夏になったら、外出して家に帰ってきたら足を良く洗うなどして、足を清潔に保つようにしましょう。足を清潔に保つ事によって、水虫と無縁の生活を過ごす事ができるようになります。

部屋を掃除する機会を増やす

家の中で1日1回以上のペースで掃除機をかけるようにする事で、水虫に感染する危険性を減らす事ができます。水虫というものは、カビの一種で生命力が強いので、足の裏の角質から剥がれ落ちても、半年以上も行き続けるとされています。床に落ちてしまった水虫菌は、掃除機で吸い取る必要があるという事です。水虫を床に放置していると、自分や家族が水虫になるリスクが高まります。

おわりに

水虫は、日本人にとって「国民病」とも言える病気です。気をつけていれば感染しない病気ですが、感染してしまうと治癒させるのが難しいとされる病気ですので、軽度のうちにしっかりと治療をして、健康な体を保つようにしましょう。

カテゴリー: 

関連記事