女性が脈ありの時に態度!分かりづらい女性の好意のサインを見抜く方法

スポンサードリンク

女性は、脈ありサインをなかなか出してくれません。しかし、細部に隠れた脈ありサインを見抜くことができれば、必ず恋愛の成功に繋げる事が出来るようになります。男女の恋愛というのは、非常に複雑で、出会いの時から感情の変化が大きく起こるものです。特に女性の場合には、男性よりも感情の起伏が激しくて、『女心と秋の空』(女性の心は変わりやすい)などとも言われる事もあります。

女性の心を知ろうとすることは、男性が恋愛を成功させる上でもとても大切な事ですね。

女性の好意と脈ありのサイン

女性の好意というのは、優しさと似ているので、分かりづらいことがあると思います。それが単なる好意であるのか、それとも本当の優しさで接してくれているのかを見ぬことは、男性にとって非常に重要なことです。勘違いを絶対にしないように、男性側も女性の行動に注意しながら、恋愛を進めていかなくてはいけないのです。

女性の脈ありサインは、分かりやすい脈りサインと、分かりづらい脈ありサインがあります。男性は鈍感なので、女性の分かりにくい脈ありサインには、ほとんど気が付く事がないです。しかし、女性の分かりやすい脈ありサインであれば、比較的鈍感な男性でも気が付く事ができますので、分かりやすい脈ありサインに注目して女性の脈あり、脈なしを見分けると良いでしょう。

女性の好意は優しさだけじゃない

優しさ以外の特別を演出するというのは、女性の特有の好意のサインとも言えるでしょう。男性であれば、好意は優しさになって表れやすいですが、女性の場合には、優しさだけではない『特別の感情』があって、特別の感じを出してくる場合に好意があるといえます。女性が好意がある時には、優しさ以外の『特別』を演出する場合が多いので、良く観察してチェックする事が重要になります。

具体的にどのようにチェックすればいいかと言えば、女性が『何か自分にだけ特別な事をしてくれるかどうか』で考えると良いでしょう。例えば、自分にだけプレゼントをくれたり、自分にだけ約束してくれるなど、自分にだけ特別に何かをしてくれたという時には、好意のサインと考えて良いでしょう。逆に自分以外の男性にも似たように接していた場合には、好意のサインとは言えないので、あまりしつこくしない方が良いでしょう。

別れ際に見せる好意のサイン

別れ際には、好意のサインが出やすいものです。振り返って見てきたりする場合であったり、何か言いたげだったり、別れたくなさそうだったりしたら、それが好意のサインと考えることもできるでしょう。

女性が別れ際に好意のサインを見せる事があります。女性が別れ際に見せる好意のサインは、他の脈ありサインに比べると見抜きやすいとされているので、きちんと注意して見るようにするのが良いでしょう。

気になる男性を追ってしまう女性心理

男性が気になる女性を追うのと同じように、女性の方も気になる男性の事を目で追ってしまいます。男性に見られないように、チラチラと男性の方をチェックしてしまうのです。もしかしたら、周囲は気が付いているのかもしれませんが、気が付いていないのは、本人だけかも?!好きな男性が何をしているのかに興味があって、ついつい、知りたくなってしまうのです。

リアクションが大きくなるのは好き行動

女性の半数以上が好きな男性の前で明るく、リアクションが大きくなります。いつもより、オーバーリアクションで楽しそうにしているという事は、女性が少なくとも男性に対してかなりの好感を持っていて、一緒にいて楽しいと思っている事に間違いありません。やっぱり、嬉しい時というのは、動物の本性みたいに体が反応してしまうのかもしれませんね。こちらも、それに応じて楽しんでいれば、相性が良い証拠になるでしょう。

好きな人の話題を話したくなる

自分が気になる事については、話をしたくなるものです。多くの人に興味を持たれている男性というのは、女子会でも話題が出やすいものです。女性同士だと、誰が誰に興味を持っているかというのは、すぐに分かります。話題に出てくる回数が多い男性の事を気になっているのだろうなと、女性だとすぐにアンテナが察知するからです。その結果、同じ男性を狙うという事も良く起こります。

女性のタイプによる違いが大きい

多くの女性は、好きな男性の前では、やはり笑顔が増えたり元気が良くなったりするものです。一緒にいて楽しそうにしていたら、好意がある証拠だと思って良いでしょう。特に社交的な女性のタイプの場合には、興味を持った男性の前では、子犬のようにはしゃいでしまう事もあるでしょう。

逆に社交性が低いタイプの女性の場合、恥ずかしがり屋の女性の場合には、『好き避け』と言われる行動が見られたり、近くに寄ってこなかったりすることもあります。こういった女性の方が少ないことは事実ですが、こうした女性もいるので、嫌われていると思わずに、気軽に男性側から話しかけてあげるのも良いでしょう。

カテゴリー: 

関連記事