30代アラサー女性が恋愛から結婚に持ち込んでいく方法

スポンサードリンク
20代までであれば、女性というのは若いというだけで男性から言い寄られる事も多いものです。しかしながら、30代の女性に言い寄る男性というのは、既婚者の男性か、40代以上の男性ぐらいのものでしょう。30代女性を相手にする同年代の男性というのは、本当に少数派であり、ほとんど皆無と言っても良いでしょう。
 
30代女性は、男性の話を楽しそうに聞いてあげたり、相手の趣味に合わせるなどの寛容性を持つことが大切になります。20代の時のように1人よがりで自分の話を誰かに聞いて貰えるような事がなくなるので、相手の会話をひきだしながら自分の会話もするような『会話の上手さ・上品さ』を求められるようになる年齢です。

 

出会える場所にどこへでも

 
出会える場所にどこにでも出向くという涙ぐましい努力は、必ず良い男性に巡り合える可能性を高めます。良い男性に巡り合わなければ、そもそも恋愛を始める事すらできないのです。良い男性に巡り合う為には、婚活パーティであったり、友達のパーティ、婚活アプリを利用するなど、男性と出会えそうな場所であれば、どこでも行ってみる事が良いでしょう。
 

ガツガツせずにさりげなくアプローチする

 
女性の側からガツガツとアプローチを仕掛ける事は、マイナスになってもプラスにならない場合が多いです。多少の連絡を取り合いながら、相手の趣味などを聞いて、少しずつ仲良くなる方が良いでしょう。少なくとも、男性の方にアプローチが見られないにも関わらず、ガンガン迫るのは失敗する原因を作り出しているようなものです。

男性に弱みを見せまいとして、サバサバしすぎるのもダメです。サバサバしている女性など、全く可愛げがありませんし、男性からしても『出来るだけ相手にしたくない女性』です。ガツガツしすぎもせず、サバサバしすぎもせず、ニコニコと笑って普通に会話して仲良くなるぐらいの余裕ある女性を見せましょう。 
 

過去にモテる女性が結婚できない

 
過去にモテた女性の方が結婚できない例が増えているという事です。『自分は過去にモテていた』という成功体験が邪魔をして、『もっと良い相手が見つかるかもしれない』と結婚を先延ばしにしてしまう傾向があるのです。学校でモテていなかった地味な子が結婚していく中で、派手に見られていてモテた女性というのは、結婚が遅れる事も多いのです。
 
過去にモテていると、男性に対しての要求も既に高いものになっており、言い寄られて当たり前、プレゼントを受けて当たり前など、男性からされて当たり前だと思っている『痛い女性』になってしまいます。25歳ぐらいまでの頃にアプローチしてくれた、会話が上手に出来て、お金もあって、ルックスもイケメンで、デートのエスコートを上手にこなす男性を求めてしまいがちになります。
 
30代で過去にモテていた女性に多く見られるのは、30代になって『自分はまだいけます』と余裕の態度をとっていると、足元をすくわれる可能性があるでしょう。男性としても、社交辞令のつもりで優しくしているのに欠点を指摘されたり、会話に優しさの感じられない30代の女性を相手するほど暇でもないからです。
 

30代の女性の痛々しい態度

 
男性から最も嫌がられる30代女性の態度は、優しさを真に受けて、『アプローチされている』と勘違いする女性です。30代の女性に対して熱心にアプローチする同年代の男性なんてほとんどいません!男性側が『社交辞令』だと思って優しくしているにも関わらず、『私はあなたに興味ありません』という態度を取るような強がり30代の勘違い女性もいますが、どの男性からも相手にされる事はないでしょう。
 
30代の大人の男性の多くは、社交辞令が上手になっているので、男性側のおだてに乗らないで冷静に男性と会話するようにしましょう。また、男性から対応・態度などがしっかりと観察されているので、マナー違反の発言であったり、動作に気を付けましょう。大人ぽい女性になる事は、30代男性をゲットする上で最も大切です。 
 

自分の価値を高めるようにする

 
自分が素敵だと思う男性というのは、多くの女性から見ても素敵に見えるものです。お見合いパーティの番組を見ていると、数人のイケメン男性に人気が集中している事が分かります。人気のある男性をゲットする為には、自分の容姿などを意識して、『イケメン男性の横に並んで歩いても引けを取らない』ようにしなくてはいけません。
 
婚活の番組などを見ていても、ほとんどの場合には、男性の3番人気までと女性の3番人気までが争い合って番組が成り立つようになっています。視聴率の問題だけではなくて、現実的に婚活パーティなどでは、目立つ人気のあるところに多くの人が集中&殺到する傾向にあるので、自分が他の人より目立って注目されて、人気者になれるようにする必要があるでしょう。
 
30代の女性に求められるのは、自分をしっかり持っていて注目されるような人気者でありながら、会話などで『相手に合わせる事も出来る』という大人の女性です。特に30代の男性となると趣味が多種多様になっている事が多いので、相手の趣味・考え方などを聞き出して、それに寄り添うような会話ができるようになるとポイントが高いです。

肩書きで相手を判断しない


30代・40代の女性になってくると、変な知識が付いてきたりするんどえ、男性を社会的肩書きで判断したりするようになる人もいます。男性の肩書きなどというものは、一時的なもので評価の対象にするべきではありません。例えば、卒業した大学などかこのものですし、大企業に勤務しているからといって、その企業を辞めたら大企業の肩書きも失われます。社長と言っても、将来的に会社が倒産するという事も十分に考えられます。

肩書で相手を判断するような人にならないで、相手の話している内容であったり、相手との相性などを考える必要があるでしょう。
 

男性の趣味に合わせる事が大切

 
男性側が女性側に合わせるようだと、かなり要注意です。20代後半・30代のアラサー女性になると、自分の趣味や考え方が固まってしまいがちになりますが、そこをあえて男性側に趣味・考え方に合わせて行く事が大事になります。上手な女性になればなるほど、男性側の話を上手に引き出す事ができます。
 
男性側が気を使って女性の話を聞いてくれますが、それに甘えないで男性側の会話もきちんと聞き出すようにすると良いでしょう。一般的には、高所得の男性になればなるほど、それに相応の知識・教養レベルなどを求めてくることになるので、男性側の会話に合わせられる会話テクニックも大切になってきます。
カテゴリー: 

関連記事