激しいストレスを緩和させる方法

スポンサードリンク

日本は10万人あたりの自殺者数が非常に多い国として有名です。また、40%の夫婦がセックスレスとなっているセックスレス国家としても有名です。日本人は、幼少の頃から自分勝手にものを言わずに「じっと我慢する」事を教え込まれ、会社でのストレスも相当なものです。周囲に合わせて自己主張が出来ない日本は、ストレス国家と言えるでしょう。

ストレスが激しくなってくると、人間の健康状態にも多大な影響を与える事が知られています。例えば、肌や皮膚の状態が悪くなったり、歯の状態が悪くなったり、胃の調子が悪くなったり、頭痛がしたりといった具合です。人によって症状が異なりますが、酷い場合には入院が必要とされる事さえあります。ストレスを緩和させる方法を紹介したいと思います。



自分のストレスの原因は?

ストレスの原因は様々あって、人によってストレスを蓄積する要因は異なっています。

・時間に余裕がない
・お金に余裕がない
・心に余裕がない


具体的には、次のような原因がストレスの原因として考えられます。

・仕事に拘束される時間が長すぎる(時間)
・金銭的に余裕がない(お金)
・仕事の人間関係に疲れる(心)
・やりたくない仕事をしている(心)
・恋愛・友達との関係がうまくいかない(心)


ストレスの原因に自覚があって、それを取り除ける場合には、ストレスの原因を取り除く事が優先されます。しかし、多くの場合に自分でストレスの要因を取り除けない場合が多いので、ストレス緩和の方法を考える必要性が出てきます。

生活習慣のチェック・改善

人間は、ストレスを抱え込み過ぎると体が病気になってしまいます。ストレスを抱え込まない為の基本は次の3つになります。

・食事は適切であるか
・運動は適量であるか
・睡眠は適切に取れているか


現代人の生活は、特に都会で生活している人の食生活はコンビニなどで買い物をして、地下鉄・電車移動でほとんど運動をせず、夜遅くに帰宅して朝も早いなど睡眠時間が確保出来ないなどの生活の人が多いと思います。このような生活は、多大なストレスを心と体に与えてしまって、病気になる可能性を高めてしまいます。

ストレス緩和の方法

自分の時間・空間を持つこと

1日のうちで人と一緒に居る時間ばかりだと、人に合わせる時間が多くなってしまうので、ストレスの大きな原因になってしまいます。仕事はなるべく早く切り上げられるようにしたり、家では1人の部屋を持ったり、休日は友達に会わないで家で休むなど、自分の時間・空間を持つことによって、ストレスを大きく軽減する事が出来る可能性があります。

おわりに

ストレスを抱えた生活を長く続けていると病気になりやすくなって、寿命を縮める事になってしまうと言われています。ストレスを抱え込む要因は様々ですが、表面的な解決方法では解決しない仕事・生活に関係する場合がほとんどです。長期的なプランを立てて、働き方を見直したり、生活環境の改善を行っていく必要があるでしょう。

カテゴリー: 
タグ: 

関連記事