収入が少なくてもお金を貯める方法

スポンサードリンク

お金を貯めたいけど、収入が少なくてお金が全く貯まらないという人は多いと思います。日頃からしっかりとお金を貯めておくようにしなければ、大きな出費があった時に非常に困ってしまいます。少ない収入でもお金を貯める方法について紹介します。



貯金出来る人・出来ない人の特徴を把握する

貯金出来ない人

・自炊しない
・パチンコ・競馬・競輪・宝くじ・FXなどを好む
・コーヒーショップで良く消費する
・無計画にクレジットカードを利用する
・書店で本などを衝動買い
・収入が低い事を理由にする

貯金出来る人
・実家暮らしで家賃がかからない
・クレジットカード利用が少ない
・口座に毎月貯蓄する
・趣味が少ない

出費を細かく記録する

お金をいつ・どのように使ったかという事を日頃からノートに記録するようにします。ノートに家計簿という形で記録する事によって、自分の支出について良く理解しておく事が大切です。家計簿の専用ノートを準備して、出費を記録しておくようにしましょう。そして、毎月の記録を見て自分の出費を見直すようにします。

生活スタイルを大きく変更する

生活スタイルの固定は、多額の固定費に繋がってきます。例えば、車を保有する事によって、購入費用(ローンなど)、維持費であるガソリン代から税金まで、様々な費用が発生します。また、携帯電話の通信費、固定電話の設置なども固定費として家計を圧迫します。変動費を減らすことよりは、生活スタイルを変更する事による固定費削減を目指すべきでしょう。

小額の貯蓄から開始する

毎月数万円の貯蓄を行う事は難しいかもしれませんが、毎月数千円の貯蓄からなら、以外に簡単に始められるものです。毎月3000円ほどの無理ない貯蓄を長期間継続するようにして、少しずつお金を貯める癖を付けるようにしましょう。生活にも大きな影響を及ぼさず、数年でまとまったお金にする事が出来ます。

衝動買いをしない

衝動買いというのは、自分の計画になかった出費になってしまって、多くの場合は損をしてしまいます。インターネットを巡回していて、何パーセント引きとかになっている商品をついつい買ってしまうような行動はやめましょう。予定が無い買い物をすると、その品物が高いか安いかの判断基準が無いので「安物買いの銭失い」になる可能性が高いです。

おわりに

収入がいくら多い人でも、出費が多ければお金が貯まる事はありません。また、その逆に収入が少ない人であったとしても、出費を上手に抑える事が出来れば、お金をどんどん貯め込む事が出来ます。お金の出費には、生活スタイルが大きく関わってくるので、自分の生活が貯蓄が可能なものであるかどうかを良く確認する必要があるでしょう。もし、貯蓄が出来ないような生活をしていたならば、貯蓄が可能になるような生活スタイルに改める事が大切になります。

カテゴリー: 
タグ: 

関連記事