シェアハウスを上手に選ぶ方法

スポンサードリンク
かつて日本で一般的ではなかったシェアハウスの暮らしですが、最近になって若者を中心にシェアハウス暮らしをする人が増えてきました。シェアハウスで暮らす若者などの特集がテレビなどで取り上げられてきて、シェアハウス・ブームとも言われています。そこで、シェアハウスのメリット・デメリットを中心にシェアハウスで楽しく過ごす方法について考えてみました。

 
シェアハウスとは?
 
シェアハウスは、1つのハウスを複数の人数で共有して住む事です。欧米などで一般的になっていて、日本でも最近になって若者の間でシェアハウスが広まりを見せてきています。1人で住むよりも、多くの人と住む事によって孤独感の解消であったり、友達を沢山作るにも適しています。
 
シェアハウスは、アパート・マンションなどに比べると、部屋の広さはそれほど広くないものが多いです。その代わりとして、広い共同スペースが設けられている場合が多くあり、共有のキッチンが備え付けられているのが普通になっています。
 
ゲストハウスとシェアハウスの違い
 
日本におけるゲストハウスは、安いけど汚いというイメージがあり、ドミトリーなどの形態も多く存在していました。ゲストハウスは、安く滞在したい旅行者であったり、一時的にしか日本に滞在しない外国人が住むのが主な利用形態として発展してきました。シェアハウスの場合には、最初からある程度の長期滞在を想定した作りになっています。
 
また、最近のシェアハウスには、住居者が楽しめる様々な設備が備え付けられているものがあります。例えば、ソーシャルオフィスといったオフィスルームであったり、小型のシアタールームであったり、ヨガスタジオなどが設置されている場合もあります。このように住居者が楽しめる設備は、シェアハウスに住む大きな野田しみと言えます。
 
シェアハウスの費用は安い
 
シェアハウスには、沢山のメリットがあります。特に大きなメリットとしてあげられるのは、気軽に入居・引越しができるという点です。シェアハウスのほとんどでは、敷金、礼金、仲介手数料が不要で、保証人も必要なくなっています。日本では、敷金・礼金・仲介手数料が必要な場所が多くて、住み始めるまでに大きな費用がかかりますが、シェアハウスでは、住み始める時の費用が安くてすみます。
 
シェアハウスには、共同生活をするから安くなるという点も沢山あります。シェアハウスの多くは、水道・光熱費・通信料など全てが一定金額で家賃の中に含まれているので、毎月の変動がないというメリットがあります。また、キッチンなどの設備が備えられているシェアハウスが多いので、自分が道具を買わなくても揃っているというメリットもあります。
 
特にシェアハウス向きの人
 
シェアハウスに特に向いている人は、フリーランスで働いている人と言われています。フリーランスで働いている人は、ソーシャルオフィスで作業が可能で、住居を確保しながら仕事場を持てるというメリットがあります。また、フリーランスの人がシェアハウスに住む事によって、フリーで働く孤独感を解消する事もできます。
 
最近では、サラリーマンでシェアハウスに住む人も増えてきました。社員寮などが廃止される中で、若い社員などがシェアハウスにおける共同生活を好むようになってきているのです。また、日本国内で外国人と交流したいと思っている人もシェアハウスに居住して外国人との交流を楽しんだりしています。
 
シェアハウスの選び方
 
シェアハウスは、各物件や運営会社によって大きく異なっています。大型のシェアハウスもあれば、小型のシェアハウスもあります。シェアハウスによっては、年齢制限があったり、性別の制限があったり、外国人の受け入れを制限しているなど、シェアハウスによって制限がある場合があります。各運営会社の方針などを確認して、自分にあった物件を選ぶと良いでしょう。

シェアハウスで特にオススメなのは、シェアハウスの最大手であるオークハウスです。オークハウスでは、敷金・礼金もかからず1ヶ月から気軽に入居する事ができて便利に利用する事ができます。東京に中長期で滞在する場合には、ホテルの代わりにシェアハウスを利用するのも良いでしょう。
 
大型と小型のどちらがいい?
 
シェアハウスには、都内で200人を超える規模の超大型のシェアハウスから、数人で住む小型のシェアハウスまで沢山あります。大型のシェアハウスのメリットは、毎日の生活の中で沢山の人と出会う事ができるので、新しい友達を作ったり、人と交流したりするのに最適という点です。また、大型シェアハウスには、広い共有スペースが設置されている場合が多いので、共有スペースでかいわ を楽しむ事もできます。
 
数人で住むような小型のシェアハウスのメリットとしては、住んでいる人同士で確実に顔見知りになれるので、シェアハウスの住人同士で親密に交流できるという事です。また、一戸建てのような家に住む事になるので、落ち着いたアットホームな環境で生活する事ができます。大型のシェアハウスと違って、第三者の立ち入りが禁止になっている場合もあります。
 
おわりに
 
シェアハウスの数は、東京を中心に増え続けていて、日本でも一般的な住居形態として若者を中心に受け入れられるようになってきました。シェアハウスを上手に利用する事ができれば、日頃の生活で多くの人と出会う事ができるようになるので、刺激的日常を過ごす事ができるでしょう。楽しい生活を過ごす為にシェアハウスを検討してみてはいかがでしょうか。
評価: 
Average: 3 (1 vote)
1
グリーンプラザ新宿カプセルホテル
レビュー(10974)
料金:2,400円~
2
スーパーホテルLOHAS熊本天然温泉
レビュー(3449)
料金:2,590円~
3
アリストンホテル宮崎(旧 ホテル グランディ宮崎)
レビュー(2705)
料金:950円~
 
4
ダイワロイネットホテル富山
レビュー(2552)
料金:3,400円~
 
5
松山ニューグランドホテル
レビュー(2466)
料金:3,100円~
 
6
手づくり朝食と大浴場が人気のホテル 松本ツーリストホテル
レビュー(2463)
料金:270円~
 
7
HOTEL HOUSEN ホテル朋泉<埼玉県>
レビュー(2212)
料金:2,325円~
 
8
ホテルJALシティ宮崎
レビュー(2059)
料金:5,000円~

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: