東京1人暮らしでお金を節約する方法

スポンサードリンク

東京は世界の中でも生活費の高い都市として知られています。1人暮らしであっても、家賃を含めると最低20万円/月ほどの生活費が必要であるとも言われています。東京で1人暮らしをする場合には、少しだけ自分の習慣、意識を変える事によって、かなりの節約が可能になります。年間数万円から数十万円の違いになる積極的な節約方法を紹介します。

東京都心の近くに住まいを探す

1人暮らしであれば、部屋が少しぐらい狭くなっても都心に部屋を借りた方が便利です。都心に部屋を借りると家賃が高くなりますが、家賃以外の費用が安く出来れば、全体の生活費としては安くする事が出来ます。

都心に出来るだけ近い場所に住むことによって、通勤にかかる費用と時間を短縮して生活の質を高めましょう。都心から離れた場所に住んで時間を浪費すると、その分の費用も浪費する可能性があります。

自転車を有効利用する

東京のJRや地下鉄は、それほど価格が高い訳ではありませんが、何度も利用する事によって多額の交通費が生活費の負担になる事が考えられます。近くに行く場合には地下鉄を利用せずに済むように、自転車を購入して積極的に利用しましょう。自転車を利用すれば、地下鉄代金の節約になるばかりでなく、同時に体を動かす運動にもなって一石二鳥です。

コンビニ利用を出来るだけ控える

都会で至るところにあるコンビニですが、毎日の利用が積み重なると、自分でも気がつかないうちに大変な額の出費となります。毎日のようにコンビニに行く癖が付くと、コンビニだけで1ヶ月に数万円を消費する事になります。近くのスーパーなどで1週間分の買い物をまとめ買いするような習慣を付けて、毎日のようにコンビニに行く生活を改めましょう。また、自動販売機も高いので控えましょう。

お金の収支から自分の生活を改める

お金の収支を記録することは非常に面倒な事ではありますが、お金の管理を厳格化する事によって、自分の生活に無駄が多い事が見えてきます。無駄な出費となる部分は人によって異なりますが、お酒やタバコであったり、コンビニの頻繁な利用など、生活の習慣となってしまった部分からの出費が無駄な出費となる場合が多いです。無駄な出費は生活自体を苦しくしますので、生活習慣の部分を改める事がお金の節約には非常に重要になります。

おわりに

東京の生活費は、世界で最も高いと言われています。不動産物件に支払う家賃はもちろんですが、通信費、交通費、食費など、どれをとっても非常に高いです。東京で生活するのは、基本的な生活を維持するだけで大変にお金がかかります。自分なりに上手に節約する方法を考えて、少しずつ節約を実行する事を心がける事が大切です。


評価: 
Average: 3 (3 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: