家計の固定支出を抑えて節約する方法

家庭で自由に使えるお金を増やすには、家計の固定支出を抑える必要があります。しかし、固定費を抑える事は簡単な事ではありません。固定支出をどのように抑えるかについて考えてみたいと思います。

住居費は出来るだけ安く

住居費は収入の3分の1以下が目安と言われています。住居費の固定支出は家計に大きくのしかかるので、出来る限り安くする事が理想です。住居費が安ければ安いほど、毎月使えるお金を増やす事が出来ます。兄弟や友達と一緒に住む選択をしたり、親と同居が出来る場合は、親と同居する方法も良いでしょう。

上手な友達に髪をカットして貰う

多くの人は、清潔感を保つ為に月に1回のペースで美容院や美容室に通っている事と思います。しかし、髪の毛をカットする代金平均すると男性で3500円、女性で5000円ほどもかかっています。少ない給与の中で、毎月のように大きな固定出費が発生している事になります。髪の毛を友達にカットして貰う事によって、毎月のように床屋に支払っていた代金をなくす事が可能になります。日頃からカットが上手な友達を見つけておきましょう。

携帯料金の節約

携帯料金の節約方法として最も効果的なのは、スマートフォンを持たないという事です。スマートフォンは、データ通信費用が(ほとんどの人が選択の料金固定プランで)最小5000円ほど固定でかかってくる事になり、どんなに携帯代金を節約しようとしても、5000円以下にする事が出来ません。また、通話や端末料金を合わせると、月額1万円以上が携帯電話だけに使われている計算になります。従来の携帯電話で通話を減らして、携帯料金は5000円以内で収めるようにしましょう。

生命保険の見直し

生命保険の出費は、家計の固定費としても大きな割合を占めている家庭が多いです。生命保険は、安いものから高いものまで、様々なタイプのものが販売されています。生命保険にそもそも加入しない選択であったり、加入するとしても自分の身の丈に合った生命保険を選択する事によって、家計の過大な負担にならないように注意する事が必要です。

クレジットカードの分割・リボ払いはしない

クレジットカードの金利は、年利15%ほどに設定されている場合がほとんどです。クレジットカードで気軽に分割払いやリボ払いにしてしまうと、非常に大きな金利負担を強いられます。クレジットカードで金利を支払う行為は、お金を貯めるという行為と逆行している事になってしまうので、分割払い、リボ払いは絶対に利用しない方が良いでしょう。クレジットカードは一括払いが一番です。

おわりに

家計の出費に占める固定費の割合が高すぎると、家計に現金が無い状況になるので、常に余裕の無い暮らしになってしまいます。家計の固定出費を減少させる事によって、自由に使えるお金は増えるので、貯蓄を行う資金にする事が出来たり、自由に使えるお金で精神的にも少し余裕が持てるようになります。家庭の固定支出について積極的に見直しましょう。

評価: 

Average: 2.3 (3 votes)

カテゴリー: 

クレジットは2回分割は手数料かからないし、年会費無料のクレジットでも1%還元のカードもあるし、リボ払いはポイント倍になったりするからリボ払い(定額)にして一括で支払うとポイント倍になる分、一括よりお得になる。

携帯代もスマホとの二台持ちにすれば、期間限定ではあるが月5000円以下で抑えることが可能です。
通話とメールは携帯。ネットはスマホというわけ方が個人的にはベターだとおもいます。
速度の問題を度外視すればスマホのテサリングを使うことによって家のネットをスマホにまとめれば家のネットは解約してスマホの料金だけで家でもネットをつかうことができます。

散髪もファッションにこだわらないなら1000円カットがあり、髪がカットの上手な友人をつくるよりカンタンだし、ハードルも低いとおもいます。

もすこし、積極的にリサーチしてみてください。

記事の内容は、なるべく深みを持たせているつもりですが、一部の記事は浅い記事になっているようです。記事の内容が薄い事を自覚して、少し記事の内容を書き加えていこうと思います。

上記の節約術についても、ご指摘頂いた事も含めて、もう少しリサーチして何度か書き直しを行っていきたいと思います。コメントありがとうございました。

Plain text

  • 行と段落は自動的に折り返されます。
To prevent automated spam submissions leave this field empty.

タグ: 

スポンサードリンク