お金を上手に貯める貯蓄の方法

スポンサードリンク

人生には様々な困難がありますので、いざという時の為にも貯蓄は「多ければ多いほど良い」と言われています。貯蓄を出来るだけ多く増やす為には、出来る限り支出を切り詰めていく「節約生活」が必要になります。節約出来る部分と節約出来ない部分を切り分けて、節約出来そうな部分の出費をどんどん減らしていけば、手元に残るお金を多くして「上手に貯蓄」する事が出来ます。



家計簿を付けるようにする

先ずは自分がどんな種類の出費をしているかを細かく把握する事が必要になります。この部分が大雑把であると、お金を上手に貯める事は出来ません。無駄な支出を把握するためにも、ノートを1冊購入して家計簿を付けるように心がけましょう。また、レシートなどは、まとめて保管して後から見直せるようにしておく事が大切です。

固定費と変動費の把握

家計簿を固定費用と変動費用に分けて考えて、毎月かかる固定部分の費用と、変動部分の費用に分けましょう。固定費用としては、家賃、電気・ガス・水道、携帯電話などです。変動部分に関しては、食事代、外食費、交際費、交通費、その他などです。貯蓄を作る為に大切になるのは、意外な事に変動費よりも固定費の部分を削減する事です。固定費を少し削減出来れば、その分を全て貯蓄に回すことが出来ます。

住居費用の見直し

生活の中で、最も高額の費用がかかるのが住居費用と言われていて、サラリーマンの平均的な給与の3分の1が住居費として使われているとさえ言われています。住居費用を削減する方法として、シェアハウスに住む、実家で親と同居生活で一緒に暮らす、安いアパートやマンションなどに引っ越すなどの方法が考えられます。住居費用を見直す事は、貯蓄の第一歩としてとても大切であると言えます。

携帯電話のプランを見直す

普段何気なく使っている携帯電話ですが、固定費用として家計に重くのしかかってきています。携帯電話の平均的な利用金額は、1人あたり月額7000円ほどであると言われています。もし、夫婦で暮らしていた場合には、1ヶ月の出費金額は1万5000円ほどに達する事になり、家計に与える影響は少なくありません。携帯電話のプランを見直して、月額利用料金を減らしたり、オプションを減らす事によって、手元に残るお金を増加させる事が出来ます。

振込み手数料を節約する

銀行から銀行にお金を移動する時には、一般的には銀行の振り込み手数料として、数百円の手数料がかかるようになっています。たった数百円の手数料ではありますが、それを何度も利用していると、かなりの金額になってしまいます。例えば、1回当たり200円の振込み手数料を1週間に1度利用したとすれば、1ヶ月で800円となり、年間1万円前後の手数料を銀行に支払っている事になります。お金を頻繁に移動しないようにする事で、年間1万円も貯金出来る事になります。
 

評価: 
Average: 4 (2 votes)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク