婚活が厳しい30代女性が結婚に向けて頑張る方法

スポンサードリンク
30代の女性というのは、それだけで婚活市場で圧倒的に不利になります。「同じ年齢の男性であれば相手にしてくれるだろう」というのは、婚活市場において甘い考え方です。ほとんどの男性は、30歳の女性と、35歳の男性を年齢で同じぐらいの価値とみなしており、30歳の女性が狙うのであれば、35歳以上の男性でないと釣り合わなくなってしまいます。



Facebookで恋活・婚活【pairs】
 
欠点を見つける事の達人
 
結婚できない女性の多くは、男性の欠点を見つける達人になっています。最初に会った時から熱心に男性の欠点を探して、欠点を見つける事を喜んでいるかのように友達に話したりしています。こうした態度は、相手に対する優越感を感じたいがために欠点をさがしているのかもしれませんが、男性の欠点ばかりを探していたのでは、映画スターのような人と出会わない限り恋愛できません。そして、映画スターは、欠点探しをする人の前には現れません。
 
欠点探しの達人は、自分の欠点を脇において、「自分より背が低いのが気に入らない」「学歴が気に入らない」「実家暮らしが気に入らない」などと相手の気に入らない面を見つけては、文句を言ったりしています。そういった事を繰り返しているうちに30歳を超えてしまって、男性から誰にも相手にされなくなります。
 
アラ探しする人の特徴
 
最初に褒めたふりばかりして、結局のところアラ探しをしている女性というのは、既に習慣化しているようで、男性ばかりではなくて、女性にも同じようにアラ探しを行います。「あの子は、可愛いけど歯並びが良くないわ」「彼女は、美人だけど顔が大きい」「あの子は、、、、」そうやってアラ探しばかりするから、アラ探しのエキスパートになり、良い彼氏ができないままアラサーになってしまったのでした。
 
欠点探しをする達人の女性は、あろうことにそれを口に出して本人や友達の前で発言したりします。そうすると、周囲の人も「この人に友達を紹介する事はできないな」と思って、ますます良縁が遠のいてしまいます。人の欠点を荒さがしするのではなくて、良い点を探せるようにしていくと良いでしょう。
 
会社の男性に囲まれるだけでオス化する
 
会社の中で男性に囲まれているだけで、自分でも気が付かないうちに「オス化」してしまっているのです。女子会など開催しても、女性らしい会話がなくなって、気軽に下ネタなどを連発してゲラゲラ笑うようでは、彼氏などできるはずもありません。
 
周囲にオッサンにばかり囲まれて過ごすようになれば、自分でも気が付かないうちに話し方、笑い化がオッサン化して、男性がドン引きする原因となってしまいます。お酒に詳しくなったり、競馬に詳しくなったり、野球に詳しくなったりして喜ぶのはオッサンばかりで、同年代の男性はドン引きしてしまいます。
 
30歳を超えると男性が寄りつかなくなる
 
30歳を超えてしまうと、これまで男性から言い寄られる事が多かった女性でも、不思議なほどに言い寄られなくなります。それは、男性が「30歳を超えた女性を相手にしたくない」と本能的に感じているからであり、30歳を超えると同年代の男性から言い寄られる事は皆無になります。普通の女性であれば、30歳を超えて相手してくれるのは、過去から友達関係がある男性ぐらいのものです。
 
33歳を超えた頃には、言い寄ってくるのは、ダサい男性か40歳を超えた男性という事になってきて、おやじに囲まれて過ごす羽目になってしまいます。そのようにならない為には、20代のうちから男性に優しく接しておくことが大事になります。女性で35歳になると、既に紹介してくれる人すら皆無になってしまって出会い自体が全くなくなります。

本気で出会う出会い系サイトPCMAX
 
自分から積極的に動く
 
王子様のような男性が電話番号を聞いてくれて、自分をお姫様のように扱ってくれて、振り向きもしない自分を振り向かせたうえで、デートのエスコートも完璧などという事を夢見る女性が多いです。実際には、女性が少しでも男性に興味を持たなかった時点で、男性側が次の女性を探している場合が多いです。そうしているうちに、自分から何もしなかった人がどんどん取り残されていきます。
 
自分から男性に対してニコニコ笑ったり、積極的に話しかけたりする事は、男性をゲットする上で大切です。そういった訓練をする事で、男性と楽しく会話をする事ができるようになって、良い人を紹介して貰ったりする事ができるからです。
 
理想を下げる事を検討する
 
女性に意外と多いのは、前に付き合った彼氏よりも良い彼氏を見つけたいと考える女性が多い事です。自分の経済状況が以前よりも良くなったので、前に付き合った彼氏よりも良い彼氏と付き合いたいという気持ちは分かります。しかし、女性の年齢が高くなっているので、以前に付き合った彼氏よりも更に良い彼氏を見つけるのは、至難の業であると言えるでしょう。
 
自分が一緒にいる男性を自慢したいという気持ちは分かりますが、男性というのは、女性のアクセサリーではありません。向上心が高い自慢できるような男性であれば、彼氏にする前に遊ばれて捨てられる可能性もあるでしょう。完璧を求めているうちに、自分の方が完璧からどんどん遠ざかっている事をお忘れなく。

評価: 
記事の感想を投票してね!

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: