ハイクラス男性と知り合って付き合う方法

スポンサードリンク
ハイクラス男性とお使いしたい女性であれば、ハイクラス男性と釣り合うような女性になる事が大事です。ハイクラス男性に大変に忙しい人たちが多いので、ハイクラス男性に出会うだけでも大変なのですが、ハイクラス男性に出会いたければ、出会える場所に行くようにどりょくするのが良いでしょう。

 
大手企業の勤務でも給与は高くない
 
一流企業で普通に勤務していたからと言って、「ハイクラス」と言えるのかどうかといのは疑問です。大手企業に勤務していたからと言って、年収が400万円・500万円という生活が普通ですし、普通のワンルームに住んで普通の生活をしている人が多いです。上場企業に勤務していて、年収400万円・500万円のクラスであれば、20代で「そこそこ可愛いクラスの女性」であれば、誰でも狙う事ができます。それ以上の経営者・医者などになってくると、難しくなるかもしれません。
 
美貌で高学歴とされる女子アナだって、テレビ局の会社員として年収400万円・500万円ぐらいの生活であり、普通のワンルームに住んで、普通のサラリーマンと同じように生活しています。電車通勤をしている人も多くいて、普段の生活が華やかという訳ではなさそうです。こういった女子アナのステータスと言えば、その収入よりも、多くの高収入の相手に出会えると言う事でしょう。多くの高収入の相手に出会って、その中から自分が選ばれる可能性がある訳です。
 
ハイクラス男性が嫌うおバカ系女子
 
ハイクラス男性は、20代後半にもなって「キャンキャンアンアン」言っている女性が痛いと思っています。ハイクラス男性というのは、ビジネス関係者などと高級ホテルなどに行って食事したりする機会もあるので、女性と一緒に食事する事を考えると「落ち着いた雰囲気の女性」というのを求めているのです。ハイクラス男性を求めるのであれば、大人の雰囲気を持った女性になるのが良いでしょう。
 
女子会などで会う友達がゲラゲラ笑ったり、話の内容がバカ系であったり、下ネタである場合に注意が必要です。そうしたおバカ系女子でも、20代前半までは、可愛いから許すという雰囲気があるものですが、20代後半に脱皮していかないと、単なる痛いおバカ系女子として相手にされなくなってしまいます。20代後半になったら、おバカ系女子が大人系女子になっていく時期なのです。

Facebookで恋活・婚活【pairs】
 
自分の価値を上げることに集中する
 
女性と言えば、20代までが良い男性を選べるチャンスが多い時期です。30代になってくると、相当の美人であったとしても年齢で男性が躊躇するようになってしまいます。女性であれば、20代中盤のうちに自分の価値をできるだけ磨きをかける事に集中するのが良いでしょう。例えば、海外に留学して語学を学んできたり、ファッションセンスを高めて自分に合う服装を身に着けたり、所得を上げてそれなりの男性と交流できるようにしたりする事です。
 
現在、自分が仕事・プライベートで関わっている人が自分の水準であると考えることができます。現在の水準を努力によって上げていけば、近寄れる男性の水準も上昇させることができます。30代になってからだと自分を向上させるのが難しいと考えられるので、20代のうちの出来るだけ早いうちに自分の水準をあげていく事が求められるでしょう。
 
外見だけ気に入る男性がレベル低い
 
最初に外見が重要であることは言うまでもありませんが、外見だけを気に入る男性というのがハイクラス男性である事はありません。ハイクラス男性というのは、容姿だけではなくて、自分のステータスに見合った高い知的教養を求めてくる事が多いです。そこで知的に話が出来なければ、ハイクラス男性とお友達になったとしてもすぐに離れていってしまいます。
 
ハイクラス男性というのは、外見もさることながら、内面を良く観察してきます。会話などに出る知的教養などがなければ、単におバカ系女子と認定されてしまって、結婚どころか付き合って貰える事も難しくなるでしょう。ハイクラス男性をゲットしたいという場合には、容姿だけではなくて、内面を出来る限り磨いていく必要があります。
 
ハイクラス男性の青田買い
 
ハイクラス男性というのは、雇用されている側というよりは、雇用している側の場合が多いです。つまり、経営に関わっている人の方が多いと思います。雇用されている側の人間だといくらハイクラスと言っても、年収ベースで考えるので、年齢が若いと年収が低い場合があります。逆に雇用している側に立っている人だと、今後の収入が大きく伸びていく可能性があるでしょう。
 
ハイクラス男性を見極めるには、将来の可能性として、起業などを視野に入れて努力しているか、その為の実力を兼ね備えているかを見る必要があります。ハイクラスになるであろう男性を見極められるかどうかは、女性の実力次第という事ができるでしょう。

Facebookで恋活・婚活【pairs】
 
評価: 
Average: 4.5 (2 votes)
1
品川プリンスホテル
レビュー(18796)
料金:5,940円~
2
シーサイドホテル芝弥生<JR東日本ホテルズ>
レビュー(3081)
料金:5,200円~
3
シェラトン都ホテル東京
レビュー(2280)
料金:8,285円~
 
4
ホテルJALシティ田町 東京
レビュー(1729)
料金:3,750円~
 
5
新橋愛宕山東急REIホテル (旧 新橋愛宕山東急イン)
レビュー(1711)
料金:6,193円~
 
6
第二富士ホテル名古屋
レビュー(1620)
料金:2,500円~
 
7
ヴィラフォンテーヌ東京汐留
レビュー(1508)
料金:6,000円~
 
8
東急ステイ青山プレミア
レビュー(1327)
料金:7,350円~

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク