30代アラサー女性が婚活する方法

スポンサードリンク
最近では、30代の女性でも結婚していない女性は珍しくありません。統計によると、30%以上の女性が30代になっても結婚していないというデーターがあります。30代になっても、結婚願望があるなら諦めずに結婚を目指して活動し続ける事が大切です。
 
30代のうち30%以上が結婚していない現状なので、30代になって婚活を始めるのは恥ずかしい事でも何でもありません。むしろ婚活を必死になってやらないという方がおかしいぐらいです。婚活が早ければ早いほどに有利なので、できる限り早めに婚活をする方が良いです。

 
自分の周囲にいる人から探す
 
女性というのは、男性に比べても年齢を重視される事が多いです。つまり、30代女性というのは、現在の価値が最も高いと言っても過言ではありません。今のうちに周囲にいる人から探して、良さそうな男性がいたら早めにゲットしてしまうのが良いでしょう。恥ずかしいかもしれませんが、30代になったら自分から積極的にアプローチする事が重要です。
 
周囲にいる人間というのは、自分の鏡だと思った方が良いでしょう。周囲にいる人間から選ぶのが自分の結婚する近道なのです。もし、現状で満足できないならば、短期間で自分の容姿、経済力などを改善して、もっと良い環境に自分が移れば良いかもしれません。
 
出会えない時に環境を変える事
 
良い男性に全く出会いが無いという場合には、環境を変える事を今すぐにでも検討すべきです。例えば、1人暮らしで出会いがないという場合には、異性と出会いの場がある大型シェアハウスを検討してみたり、出会いを求めて転職するのも出会いの場を作る上で有効になります。
 
自分の環境を全く変化させなければ、今のままずるずると結婚できずに時間だけが過ぎていく事になりかねません。行動を早めに持って、30代前半で何としても結婚するという決意で動くようにしましょう。出会いが多ければ、自然に結婚できる可能性も高まります。
 
30代後半から40代男性を視野に入れる
 
30代の女性であれば、同年代の男性を狙ってゲットできる可能性が多くありません。何故ならば、30代前半の男性の多くが20代の女性を狙っていくからです。20代の女性と比較した時に僅かな年齢差でありながら、30代女性が勝つことが難しいのです。
 
30代前半の女性であれば、30代後半の男性から40歳前半ぐらいまでの男性であれば相手してくれる事も極めて多いです。30代後半の男性というのは、経済的にも精神的にも成熟している大人の男性が多いので、この辺を狙い目として付き合ってみてはいかがでしょう。
 
インターネットの出会いを考える
 
30代になったらインターネットの出会いも検討する必要があります。最近では、フェイスブックなどの出会いが広がっているので、友達との関係なども分かり易くなっているという安心感があります。フェイスブックを中心にした婚活のpairs などで婚活するのが良いでしょう。
 
インターネットの出会い系サイトを利用しなくても、フェイスブック、ツィッター、インスタグラムなどを使って異性にアプローチをかける事も可能です。インターネットを使って様々なアプローチを行ってみて、男性をゲットすればいいかもしれません。

Facebookで恋活・婚活【pairs】
 
お金を集中的に使う
 
お金の使い道を工夫して、自分を磨く為にお金をどんどん使うようにしましょう。婚活にお金を使うのではなくて、自分磨きにお金を使っていれば、自分に寄ってくる異性が出てくるかもしれません。とにかく自分の縁を大切にしたり、自分の環境を良いものにしていく為にお金を使いましょう。
 
自分改造をいつまでと期限設定して、自分改造が終わったら、婚活を始めるようにしましょう。婚活では、ある程度のところで終わらせるように、いわゆる「妥協」した方がうまくいく場合が多いです。自分に寄ってくる男性だけではなくて、自分からアプローチをかける事もお忘れなく。
 
おわりに
 
婚活というのは、結婚相談所に登録するだけではありません。自分で職場の人とデートをしに行ったり、男性と合コンに行ったりするのも婚活のひとつです。また、インターネットを通じて自分を発信していくのも婚活のひとつと言えるでしょう。
 
30代になったら、自分で手段を選ばずにどんどん様々な人との出会いと縁を大切にするようにしましょう。そうしていると、自分と気があう人と出会う事もできるようになります。同じ人とばかり遊びに行くのではなくて、新しい出会いというものを大切にしていくことが大切です。
評価: 
Average: 3 (1 vote)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
お勧め情報: 
カテゴリー: 
スポンサードリンク