エラーメッセージ

Image resize threshold of 10 remote images has been reached. Please use fewer remote images.

30代以降もお肌を健康で美しく保つ方法

スポンサードリンク
30代以降には、お肌をケアしている人とケアしていない人の差が激しくなると言われています。お肌のケアを心がけるというよりは、日頃からの生活習慣を改めると考えた方が良いかもしれません。規則正しい生活を過ごしていると、自然に肌が若返ります。

 
紫外線対策が必修になる
 
30代以降では、紫外線対策が絶対に必要になります。何も紫外線の対策をしていないと、それだけで肌がどんどん傷ついて、肌の老化を加速させる事になります。肌が老化するという事は、見た目が老け顔に見えてしまうという事です。顔にしみなどが出来る前の段階で、紫外線対策をしておく事が大切です。
 
紫外線の対策としては、出来る限り日焼けを避ける事が必要になります。外出する時に長袖を着用するようにしたり、日傘をさすなどして、日光を直接体に当てない事が大事です。また、強い直射日光に当たる時には、日焼け止めを塗っておく事が大切になります。特にプール・浜辺に行く時には、日焼け止めを欠かせません。
 
保湿が何よりも重要
 
お肌のお手入れで大切なのは、保湿になります。エアコンなどで乾燥した部屋の中に長時間いると、当然ながら肌を痛める事に繋がってしまいます。お肌の修復を妨げる最も肌に良くない事が「乾燥」です。部屋を乾燥させすぎると、肌を痛めますが、部屋の湿度を上げると、部屋のカビなどの問題も発生しやすくなります。部屋全体がバランスの良い湿度に保たれる事が重要になります。
 
お肌の保湿できなければ、老化を加速させてしまう事になってしまいます。肌のターンオーバーには、水分が必要不可欠なのです。お肌が乾燥する事によって、肌のターンオーバーが阻害されてしまって、新しい皮膚が再生する事が阻害されて、しみ、そばかすが治りにくくなります。
 
食生活も重要になる
 
お肌を美しく保つ為には、食生活も非常に重要になります。バランスの良い食生活によって、お肌が美しい状態に保たれます。不規則な食生活を繰り返したりしていると、栄養不足などによって、お肌がボロボロになっていきます。栄養状態と言うのは、皮膚に出やすいと言われています。
 
特に紫外線に対抗する食べ物は、トマトなどの赤が入った野菜が良いとされています。また、ビタミンを含んだ食べ物がお肌に良い事も良く知られている事実です。日頃の食事だけ出なくて、1日1杯ぐらいの野菜ジュースであったり、トマトジュースなどを取り入れると良いでしょう。
 
睡眠をしっかり取る事
 
睡眠時間をしっかりと確保する事は、お肌の修復にとって非常に重要な事です。夜の9時以降に飲食をしてしまうと、睡眠中も自分の限られた力が消化の方に回ってしまうので、夜の飲食を控えて、睡眠をしっかりと取れるように心がけましょう。
 
不規則な生活を過ごしていると、自分が気がつかないうちに肌がボロボロになって老化を加速してしまいます。睡眠が不規則になる事は、お肌の老化の最大の原因ともされています。睡眠をしっかりととった規則正しい生活は、お肌を健康的に保つ為に非常に重要です。
 
お酒・コーヒーを控える
 
戦国大名で早死にした人の多くがお酒を飲み過ぎて体を壊したとされています。特に夜間のコーヒーほど体に悪いものはなくて、夜の18時以降にコーヒーを口にするのを絶対にやめるべきでしょう。また、仕事が終わった後であっても、夜中に飲食をする事は良い事ではありません。お酒を飲むのも夜の9時頃までにして、飲みすぎないようにする事が大切です。
 
お酒とコーヒーというのは、一種の合法ドラッグのようなもので、どちらも依存性がある飲み物です。お酒もコーヒーも、どちらも体に悪いとまでは言えないのですが、飲みすぎると依存症になって抜けられなくなってしまいます。また、コーヒーとお酒は、夜に飲むと睡眠を阻害してしまいます。
 
鏡を見て毎日チェックする
 
鏡を眺めるようにして、全身のお肌のチェックを怠らないようにする事が大切になります。お部屋の中に複数の鏡を用意しておく事が必要になります。顔が見える小型ミラーで顔色であったり、自分の歯肉の状態をチェックする事が大切になります。また、中型ミラーで髪の毛の状態であったり、髪型などをチェックするのが良いでしょう。30代以降に白髪が増えたら抜いてしまいましょう。
 
更に最も重要になるのは、全身が見える大型ミラー(インターネットで3000円ほどもあれば購入できます)をお部屋に置いておくと良いでしょう。裸になって自分のスタイルと背中の肌の状態をチェックしましょう。また、全身の印象を自分で見て、服装であったり、姿勢を正す事が大切になります。
 
健康状態をチェックする
 
健康状態の悪化が体に現れるようになってくると、かなり症状が進行している事になります。ストレスがかかる生活であったり、不規則な生活を1-2年ほど続けていると、体に何らかの不調を訴えてくるようになります。
 
体調が悪くなると、手の皮がむけてきたり、便秘が多かったり、良くお腹が痛くなるなどの症状が出てきます。健康状態が悪化している状況では、肌ににきびができやすくなったり、粉瘤腫(アテローマ)という腫瘍ができたり、背中にブツブツが出来たりとお肌が荒れます。
 
ストレスを溜め込まないようにする
 
ストレスは、人間の最大の老化の原因になるとされています。ストレスをためる事は、肌の調子を崩す原因となります。ストレスを蓄積しないようにしましょう。ストレスを蓄積する事は、精神面・肉体面に大きなダメージを与える結果となり、肌に大きなダメージを与える事になります。自分でも気がつかないうちにたまるストレスを軽減する必要があります。
 
ストレスの軽減に最も有効とされるのが外に出て運動する事です。体を動かす事によって、ポジティブになれて、何事に対しても前向きになれるという人は多いものです。1週間に1度以上は、自分で体を動かせるように意識しておく事が大切になるでしょう。

おわりに
 
30代からは、健康にどんどん差が出てくると言われています。ある人は太ってきたり、ある人は老けて見えたりするのです。その差の多くが生活習慣であったりします。食事をしっかりとしたものを食べたり、規則正しい生活を過ごす事で、若さを保つ事が可能になります。若々しい見た目というのは、誰から見ても魅力的に見えます。30代以降もお肌をケアできるように努力しましょう。
 
評価: 
記事の感想を投票してね!

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
お勧め情報: 

1
ナチュラル美肌 セット
レビュー(1)
5,700円
 

カテゴリー: 
スポンサードリンク