自宅で出来るストレス解消方法

スポンサードリンク

休日なのに仕事でたまっているストレスが発散出来ないという人は多いと思います。ストレスは、病気の原因になったりもしますので、休日にしっかりとストレスを解消しておく事が大切です。休日に自宅で出来るストレス発散方法を考えてみたいと思います。

=実践すべきストレス解消法=


15分間ほど体のストレッチをする

最近では、室内でパソコン業務を行うような体を動かさない仕事なども増えてきています。そうすると、気がつかないうちに血行が悪くなって、ストレスの原因になっています。部屋で15分ほど体のストレッチを行うことによって、体の血行が良くなり、爽快感を得ることが出来ます。定期的に軽い体操やストレッチを行うようにして、ストレスを発散させましょう。

掃除・片付けをする

部屋が散らかっていると、それが心理的なストレスになっている可能性があります。部屋を片付ける作業で体を動かしてストレスを発散出来ますし、部屋を片付ける爽快感も同時に味わう事が出来ます。部屋を清潔に保てなければ、最悪の場合には部屋のダニなどが原因で病気になったりする事もあります。部屋を清潔な状態に保つ事によって、ストレスが軽減される可能性が大きいです。

睡眠時間を十分に取る

睡眠時間を十分にとる事ができなければ、自分が無意識のうちに体がストレスを覚えて、イライラしたり怒りっぽくなったり、仕事や作業が全く手につかないなどの症状が出てきます。睡眠は1日最低7時間以上は確保出来るようにして、出来れば8時間以上の睡眠が望ましいとされています。出来るだけ早めに帰宅・消灯するようにして、規則正しい生活を心がける事で、ストレスを大きく減少させる事が出来ます。

料理を作ってみる

料理を作る為には、材料を買出しに行って、自分で動いて料理を作り出さなければいけません。健康や見た目などを自分で考慮しながら作る喜びというものもありますし、作った後に食べる喜びもあるので2重に喜びを味わう事が出来ます。料理を作るのは面倒な事ではありますが、先ずは外に散歩と思って買出しに行って、それから自宅で何か作ってみると良いでしょう。ネットなどで料理の仕方を調べて作ると、楽しく料理できるかもしれません。

ストレスの原因を考える

ストレスは、何か原因がある場合が多いです。例えば、職場の人間関係が大きなストレスになっていたり、仕事内容がストレスになっていたり、もしくは収入が少なくて生活の質がストレスになる事もあります。これらは、1日、2日で改善出来る問題ではありませんので、その事が更に大きな精神的プレッシャーになっているかもしれません。先ずは、自分のストレス原因考えた上で、それに対して長期的にどのように対処するかを考えていく必要があります。

=やるべきでないストレス解消法=

お酒・タバコ

バブルの時代であれば、ストレスを解消する方法として、お酒やタバコを当たり前のように飲んだり吸ったりする人は、特に男性に多かったと思います。しかし、その方法が体に害である事が多くの人に認識され、最近ではお酒を飲む人も、タバコを吸う人も減少傾向にあります。お酒・タバコは依存性が非常に強いので、手放せなくなってしまうと、依存が長期になればなるほど体の健康に被害を及ぼすようになってしまいます。お酒・タバコに依存しないようなストレス解消方法を自分なりに見つけていく必要があります。

甘いものを食べる

最近の日本人の食生活は、欧米の食生活に少しずつ近づいてきており、糖分の取りすぎが増えてきていると言われています。特に男性がお酒、女性が暴飲暴食によってストレスを解消しようとする人が多いようです。一度、甘いものを食べる癖がついてしまうと、常に甘いものを口に含んでいないと気がすまないような状況となり、常に糖分を欲する状況になります。糖分をとる事によってストレスを解消しようとすれば、糖尿病、その他の様々な病気にかかる可能性を高めてしまいます。甘いものを食べてストレスを解消するのはやめましょう。

評価: 
Average: 4.5 (18 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: