年収・イケメンの「ハイレベル男子」と知り合う方法

スポンサードリンク

Facebookで恋活・婚活【pairs】

ハイレベル男性というのは、基本的には、高学歴、高収入、高身長などのいずれかが非常に高いレベルにある男性の事を指しています。特に収入が高い事がハイレベル男性の必修項目となっており、30-40代のハイレベル男性が限られているので、女性が群がる状態になります。ちなみに、東京都内であっても35歳以下で年収400万以上が20%、600万以上になると僅か4%未満です。
 
大手金融機関・大手マスコミ・大手商社などは、ハイスペックの典型とされていますが、年収自体は、30-40代で600万円-800万円ほどなので、安定している収入ではありますが、それほど良い生活を期待できないという特徴があります。それに次ぐ医者・弁護士などになると、30-40代で年収1000万円を超えます
 
最も狙い目なのは、若手ベンチャー企業の社長・役員クラスです。年収が1000万円を超えており、医者・弁護士よりも時間があり、世の中の情報にも精通している事が多いです。30-40代で億単位のお金を扱っている事も多いとされており、将来的にお金に困らない生活を出来る可能性が高いです。



Facebookで恋活・婚活【pairs】
 
数が少ないハイレベル男子
 
職業だけを見て給与がそこそこ高い男性という事であれば、大手企業に勤務している人を見つければ良いという事になります。しかしながら、ハイレベル男子というのは、ハイレベル女子に比べると、非常に数が少ない希少動物のような存在です。ハイレベル男子を見つけるだけでも大変ですが、恋愛をするとなると更に難易度が高くなります。
 
ハイレベル男子を見つけたら、アプローチするか否かを別として、とりあえず友達になっておくのが良いでしょう。ハイレベル男子と友達になっておけば、その友達もハイレベルである場合も多いです。希少性の高いハイレベル男子と友達になれば、自分の価値をあげる事にも繋がります。
 
ハイレベル男性との出会い
 
ハイレベル男性との出会いというのは、多くの女性にとって簡単に訪れるものではありません。何故ならば、ハイレベルの男性の多くは、忙しく仕事をしているので、普通の女性とあまり出会う事が無いからです。出会うとすれば、仕事関係などの女性が多くなります。
 
ハイレベル男性と出会いたいのであれば、仕事関係で出会うのが最も良い方法であると考えられます。仕事関係でハイレベル男性と出会う為には、自分自身がハイレベルの男性がいる場所に身をおく必要があるでしょう。自分の周囲を見渡して、仕事であったり、友人関係を調整するようにしましょう。
 
 
ハイレベル男性の攻略
 
ハイレベル男性を攻略するのは、普通の男性を攻略するよりも難易度が高くなります。ハイレベル男子の多くは、自分がハイレベルであり人気の男性である事を自覚しており(それをしっかり隠している)、レベルの釣り合う女性にしかアプローチしない人が多いです。
 
ハイレベル男性と付き合う為には、ハイレベル男性に釣り合う水準に自分がいないと、単に遊ばれてオワリという事になってしまいます。ハイレベル男性と付き合えるように条件面・外見などを日頃から向上させておく事が重要になります。
 
ハイレベル男性の会話
 
ハイスペック男性の会話というものは、その多くが仕事に関連する内容になってくる場合が多いです。そうなってくると、仕事に関連する内容でも、普通に話せてしまうような頭の良い女性が求められる事が多くなります。つまり、高学歴で美人の方がハイスペックと釣り合う可能性が高くなります。
 
ハイスペックの男性の多くは、テレビなど見ておらず、新聞すらほとんど読んでいない事も多いです。インターネットの話題などが多くなる傾向にあるので、インターネットなどに日頃から触れている女性であれば、共通の話題などを展開する事が多くなります。
 
おわりに
 
ハイレベルの女性は多いですが、ハイレベル男性の数は少なくなっています。その為にハイレベル男子というのは、女性からアプローチされる事が多くて、奪い合いになっている状況です。ハイレベル男子に会うためには、ハイレベル男子が居そうな場所に顔を出すようにならなくてはいけません。

自分の今の状況が「ハイレベル男子」に出会えない場所であれば、ハイレベル男子に出会いがある場所に引っ越したり、職場を転職したりする必要があるでしょう。ハイレベル男子同士は、知り合いになっている場合が多いので、ハイレベル空間に入り込んで、良い男性を見つける事を目指しましょう。
 
評価: 
Average: 3 (2 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
お勧め情報: 
カテゴリー: