シェアハウスの失敗しない選び方!こうすれば上手に選べるシェアハウス

スポンサードリンク
テレビドラマの影響などで、都心を中心にシェアハウスが増えてきました。その一方で、他の人と一緒に住むというシェアハウスに対して不安に思う人も少なくありません。
 
シェアハウスを選ぶ時には、ワンルームなどを選ぶ時に加えて、ハウスの中の雰囲気など多くのチェックポイントがあります。シェアハウスの失敗しない選び方についてまとめました。

 

初期費用をチェックする

シェアハウスの初期費用は、会社によって異なっています。ある会社では、初期費用が無料になっていたりするのに対して、初期費用が3万円以上かかるシェアハウスもあります。初期費用をチェックする事が大事です。
 
シェアハウスの多くは、初期費用が1-3万円かかるだけで、敷金・礼金・仲介手数料が無料となっています。また、更新手数料なども取られない場合がほとんどですが、一部のシェアハウスで更新手数料が発生します。
 
・敷金・礼金・仲介手数料が無料か
・光熱費の支払いがどうなっているか
・更新料がかかるか
・その他にかかる費用がどうか
 
ハウスマネージャーをチェックする
 
最初にシェアハウスを紹介してくれた人(ハウスマネージャー)を良くチェックしておく必要があるでしょう。シェアハウスの雰囲気というのは、シェアハウスのマネージャーによって大きく変化してきます。
 
ハウスマネージャーの質が悪いと、後からトラブルが発生しても対処して貰えない可能性があります。下見の時に建物のルールなどをしっかりと説明してくれる事も重視した方が良いでしょう。質問の内容に的確に応えてくれるかどうかも大切な点です。
 
・服装がしっかりしているか
・遅刻して来ないかどうか
・言葉遣いが丁寧か
・質問に的確に答えてくれるかどうか
・やる気が感じられるか
・説明がきっちりしているか
・笑顔が見られるかどうか
・こちらの意思をしっかり尊重するか

物件をチェックする

シェアハウスをチェックする時は、物件をチェックする事が大切になります。特にシェアハウスの共有部分に関しては、しっかりとチェックしておく必要があります。特に水周りに関しては、しっかりと説明を聞いておく必要があるでしょう。
 
・物件に清潔感があるか
・物件の明るさはどうか
・空いてる部屋の向きはどちらか?
・窓からの景観がどうか
・建物の古さはどうか(1982年以前が注意)
・水周りがどうか

住んでいる人をチェックする

下見の際にどのような人が住んでいるかをチェックしておく必要があるでしょう。住んでいる人の年齢層であったり、住んでいる性別などをあらかじめ聞いておくのが良いでしょう。多くのシェアハウスは、20代から30代が多いのが普通です。
 
更にシェアハウスに住んでいる人の人数が多い場合には、コミュニケーションが取れているかというのも重要になります。また、料理器具の利用状況などもさりげなくチェックしておくと良いでしょう。
 
おわりに
 
シェアハウスには、多くの仲間と交流できるというメリットがあります。その一方で、シェアハウスに多くの人間が住んでいるので、人間関係で多くのトラブルが発生する事もあります。運営側がトラブルにしっかりと対処してくれるかどうかも大切なポイントになります。
評価: 
Average: 2 (1 vote)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク