サラリーマンを退職する方法!どうせ給料上がらないし労働者の会社員なんて辞めちゃえ!

スポンサードリンク
人に雇われてサラリーマンをやっていると、いつ解雇されたり、移動を通告されてもおかしくありません。日本が経済成長しなくなった状況で、人に頼って生きていくという生き方は、いつ会社からリストラされてもおかしくありません。これからの時代は、自分で道を切り開いていく覚悟が必要になるでしょう。

 
貯金を貯めること
 
サラリーマンでいる事のメリットは、契約に応じて毎月の給与がしっかりと支払われるという事です。収入の金額が一定になっているので、支出を切り詰めていけば、一定額の貯金を行う事が出来ます。
 
サラリーマンの場合には、会社を退職する前に出来る限りの貯蓄を持っているに越した事はありません。具体的には、退職する前に数百万円から1000万円ぐらいの貯金を持っておく事が必要になります。
 
焦らないこと
 
人生というものは、別に仕事だけをしていれば幸せになれるというものではありません。仕事以外にも、家庭を持ったり、子育てをするなどやる事は沢山あります。焦って短期で勝負しようとすると、体にも無理がかかって、体を壊したり、家族との関係がうまくいかなくなったらどうしようもありません。
 
周囲の人が何と言おうと、自分のペースで物事を進めていく事が大切になります。会社員を辞めてから、会社員と同じだけの収入をあげるようになるまでには、時間がかかるのが普通です。その期間に焦る事がないように中長期の計画を立てておきましょう。
 
覚悟を決めること
 
今までサラリーマンをしてきた人がサラリーマンを退職するのは、それなりの覚悟が必要になります。サラリーマンを辞めるのであれば、サラリーマンを辞めた後の事を考えなくてはいけません。サラリーマンを辞めて生活できなくなるようであれば、サラリーマンをいつまでも辞めることはできません。
 
とりあえずサラリーマンを辞めたいから辞めると、将来を描ききれずにニートになってしまう危険があります。一度ニートになると、日本という社会の中で立ち直るのが非常に難しい状況になります。ニートにならない為には、何か事業をして「個人事業主」として経済的に自立していく必要があります。
 
自分の資産を整理すること
 
多くの人というのは、何も考えずにダラダラと日常を過ごしています。ゲームをして過ごしたり、テレビを見て過ごしたりする時間も、人生にとってみると無駄な時間と言えるでしょう。そうした時間を
 
自分の実現したい理想というものを持って、それを実現する為の具体的な方法を書き出してみる必要があります。自分の資産というのは、技術であったり、貯蓄であったり、仕事の人脈なども整理しておく必要があります。
 
収入源を確保する
 
サラリーマンの多くは、本業が会社員なので、会社の給料以外に収入源を持っていません。このような状況では、退職するのが非常に難しい状況である事に間違いありません。会社員とは別に何らかの収入源を持つ事を模索する事から始めるのが良いでしょう。
 
最初に何らかの収入源を求める事が大事になります。ブログなどを書いて、そこからアフィリエイトや出版を行うのも良いでしょう。ただし、アフィリエイトの場合には、本気で膨大な作業量を1年ー2年ぐらい続けないと生活するほど稼げるようにはならないです。
きg
ダラダラ会社員を続けない
 
会社員をダラダラと続けない為には、「会社員をいつ辞めるのか」というのを確実に設定しておく必要があります。いつか辞めようと思っている程度では、月日が経つのが早いばかりで、いつまでも辞める事ができません。
 
会社を辞めようと思ったら、その日から2年以内に会社を辞められるように計画を立てましょう。何としても辞めるという情熱を持って何か副業に取り組めば、生活できるぐらいの事業にする事ができるかもしれません。とにかく会社を辞める準備を怠らず、辞める時にすっぱり辞めましょう。
 
独立の準備を行う
 
個人事業主になったり、会社を立てたりするには、それなりにお金がかかります。例えば、営業の為の交通費であったり、良いスーツや靴を仕立てたりするのにもお金がかかるのです。そうした服装であったり、靴などを改善する所は、会社員のうちにやっておいた方が良いでしょう。
 
会社員であれば、自分が会社の1人でしかないですが、自営業・会社社長ともなれば、自分の姿がそのまま事業に反映される事になります。しっかりした服装、靴、そして営業できる余裕資金などの準備を行っておく事が大切です。
 
おわりに
 
経済成長が止まった今の日本においては、「自分で稼ぐ力」というのが何よりも重要になってきます。サラリーマンというのは、1つの会社に依存しており、その会社のシステムの中で動くスタイルになっています。サラリーマンを辞めるには、自分で複数の収入源を持つ事が重要になるので、複数の収入源を持てるように日頃から様々な情報に接していく事が大切になります。
 
評価: 
Average: 3 (2 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: