体を健康で美しく保つ7つの方法

スポンサードリンク

若いときの生活というものは、老後の体に大きな影響を及ぼしてくる事になります。特に食生活に気をつけていないと、癌の原因になってしまったり、体全体の老化を早める結果に繋がってしまいます。健康に若さを保つ為に自分の生活をもう一度見直してみる事をお勧めします。

1、お酒をすぐにやめる

お酒はタバコに比べて、すぐに健康に及ぼす影響が小さいと考える人も多いかもしれません。しかし、実際には飲酒が体を壊す原因になっている人は沢山いるのです。お酒は1人で飲むよりも複数の人数で飲む場合が多いので、お酒が好きな人に付き合って飲みすぎたりする事が続くと、体を壊す原因となります。また、夜に友人と飲酒する事によって生活が乱れて、生活リズムを崩す事が健康に大きな影響を及ぼす可能性があります。

2、野菜を自分で調理する

都会で生活をしていると、コンビニでおにぎり・サンドイッチばかり食べるようになったり、パンばかり食べるようになったりと、食生活が偏ってしまう場合があります。食生活の方よりは、体の若さを奪って老化を早める原因となります。外食で野菜を多く摂取する事は非常に難しい事ですので、面倒でも自分で野菜を買ってきて作る必要があります。気軽に出来る調理方法は、適当に切った野菜や肉を炒めて、焼き肉のたれ、ドレッシングなどをかけて食べるという食べ方です。

3、カリウムの多い食材を食べる

スーパーに行って購入する野菜の種類を増やす事によって、体を健康に保つ事が出来ます。特にカリウムが不足しがちな人が多いですが、カリウムはナトリウム(塩分)の排泄を促して、体内の水分量を一定に保つ働きがあります。カリウムを含んだ食品である大豆、バナナ、さつまいも、すいか、きゅうり、かぼちゃなどカリウムを含んだ食品も摂取するようにする事で、体を健康に保つ事が出来るようになります。

4、ファーストフードをやめる

都会にいると、安くて便利なファーストフードをついつい利用してしまいます。ハンバーガーショップなどのファーストフードは、野菜などが極端に乏しく、揚げ物などが中心になっています。また、牛丼屋なども野菜をほとんど摂取する事が出来ない上に塩分の過剰摂取になってしまいます。このようなファーストフード中心の食生活を繰り返していると、塩分の取りすぎになって体にむくみが出てきてしまって、女性にとって魅力的な体を形成出来なくなってしまいます。

5、睡眠時間と睡眠の質を高める

睡眠時間を十分に確保する事は、健康を保つ為には非常に重要な事です。夜の12時頃には寝るようにして、睡眠時間は7時間以上確保する事が大切になります。睡眠の質を高める為の工夫としては、しっかりとしたベッドを購入したり、自分に合う価格の高いまくらを利用したり、シーツを取り替える頻度を高めるなどの工夫があります。

6、毎日必ずシャワーを浴びる

体を清潔に保つ為には、毎日必ずシャワーを浴びる必要があります。疲れていたり、夜遅くに帰ってきたとしても、シャワーをしっかり浴びてから寝るようにする事が大切です。体に汗をかいたまま寝たりすると、それが皮膚のニキビの原因になったり、他の病気の原因にもなります。体を清潔に保つ事によって、体を健康に保つ事が出来ます。

7、口の中の健康に気をつける

口の中を清潔・綺麗に保つ事は、人間の健康にとって欠かせない事です。歯医者のクリーニングは、虫歯が無くても定期的(3-6ヶ月に1度)に行くようにしましょう。また、毎日のように鏡を見て自分の口の中の状況が清潔かどうかを確認する事が大切です。歯周病などにならないように日頃からチェックを欠かさない事が重要になります。

評価: 
Average: 2 (1 vote)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク