意外と気が付かない栄養失調のサイン!

スポンサードリンク

栄養失調のサインは、年齢に関係なく現れて、20代であったとしても体に出てきます。栄養失調になる原因は、1日の食事回数が極端に少ない(1日1回)であったり、十分に栄養価が高い食事ができていない事が要因となります。

栄養失調による体の変化

栄養失調によって、体に様々な変化が出てきます。最も分かりやすいのは、皮膚の皮がむけたりする皮膚の変化です。指先などの皮がむけるようになったり、爪と皮膚の間がボロボロになったり、髪の毛が薄くなったりする変化が現れます。また、保湿をしているにも関わらず、背中に湿疹が出てくる場合もあります。いずれも、1人で生活している事で、栄養価が偏っている人に見られるようになります。

周囲に老けたと言われる

栄養失調の人の特徴としては、周囲に老けたと言われたり、痩せすぎを心配されたりする事があります。特に極端に老けたという『老化現象』は、栄養失調の可能性を疑ってみるべきでしょう。

評価: 
記事の感想を投票してね!

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
タグ: