中国旅行にかかる予算はどのぐらい?

スポンサードリンク

2010年代に中国に就航する便が多くなり、2000年代に比べても中国にアクセスする事は非常に容易になりました。中国は、日本人が2週間のビザなし訪問が認められている数少ない国なので、パスポートだけで旅行に行けるので非常に気軽です。

上海の夜景
*写真:ゆんの無料写真素材

ツアーにするか個人旅行にするか

中国に旅行するには、ツアーにsするか、個人旅行にするか悩む方が多いでしょう。慣れていない人、初めて中国に行く人はとりあえずツアーを選んでおけば良いでしょう。中国の激安ツアーは、上海3万円からあって、かなり良いホテルを宿泊先に選んでいる場合もあります。ただ、気を付けなければいけないのは、安いツアーの食事はあまり良くない可能性が高いということと、オプションが多いという事です。

中国は、個人旅行が比較的行きやすい国でもあります。大都市であれば治安がかなり良いですし、同じアジア圏という事で文化に対する理解も容易です。何より、日本から中国への航空券は激安で販売されていて、LCCのキャーンペーンを使うと1万円で往復できるものまであります。

中国旅行の宿泊代金

上海、北京、広州などの大都会であれば、ドミトリー1泊1000円、清潔なシングルの部屋で5000円ぐらいからお部屋があります。チェーン系のホテルというのは、比較的安価に宿泊できるので、連泊の時に利用すると良いかもしれません。日本人が普通に2泊3日ぐらいの短期旅行で滞在するお部屋は、7000円~15000円ぐらいの部屋が多いです。

いくら治安が良いからと言って、中国で誰が宿泊するか分からないようなドミトリーはオススメできません。出来れば個室があるホテルに宿泊するべきで、そうなるとやはり5000円(300元)ぐらいはかかってしまいます。地方都市の個室であれば、3500円(200元)ぐらいで宿泊できるところもあります。

基本的に中国旅行で5つ星ホテルに宿泊しようと思ったら、ツアーを選んだ方が絶対に安くなります。日本の中国旅行では、5つ星を売りにした激安ツアーが良く見られていて、普段は宿泊できないような超高級ホテルにツアーであれば宿泊する事ができます。超高級ホテルに宿泊できるのは、ツアーを選ぶメリットでもあります。
 

中国のホテルを激安予約

中国のホテルを激安で予約したい場合には、アジアに強いホテルサイトであるAgoda(アゴダ)を使うのが一番です。中国のホテルをほぼ全て網羅していて、現地ホテルを最安値で簡単に予約する事ができます。個人旅行に行く際に利用すれば、確実に現地のホテルを予約できて便利です。

 

評価: 
記事の感想を投票してね!

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: