激安の乗り継ぎ便を利用して海外旅行を最大に楽しむ方法!海外旅行で非日常を味わう

スポンサードリンク

非日常を味わうための旅行として、弾丸の海外旅行を行う事は良い気分転換になります。どのように弾丸の海外旅行を行えば良いかを良く知っておく必要があります。低予算で済ますばかりではなくて、ラウンジを利用して楽しく食事するなど、空港を存分に利用しつくす事も旅行にとって大切な要素になります。

空港

乗り継ぎ便(トランジット)を利用する

乗り継ぎ便(トランジット)を利用する事は、格安航空券にとって必修の条件となります。乗継便を利用すると、目的地までに時間がかかる事になりますが、それだけ安くなって、トランジットを楽しむ事が出来るというメリットもあります。

乗り継ぎ(トランジット)を行う条件としては、乗り継ぎが24時間以内である事(24時間を超えるとストップオーバーという扱いになる)が条件になります。乗り継ぎの場合には、ラウンジをどのように活用して食事を済ませるかという事が非常に重要になります。機内食も大事ではありますが、それ以上に重要になるのは、ラウンジの食事になります。

国際空港で食事をする

国際空港のラウンジでは、多くの場合に食事を取る事ができます。当たり前ですが、機内食よりも質が良いのは当然です。アジア圏の空港で言えば、北京国際空港の『中国国際航空ファーストラウンジ』であったり、韓国インチョン空港の『HUBラウンジ』であったり、香港国際空港の『トラベラーズラウンジ』が食事が良いと評判です。

ラウンジは、出発時点とトランジットの時に利用するのが通常で、日本の出発時点で食事が付いているラウンジは珍しいです。日本のラウンジの場合には、食事内容も『おにぎり+サンドイッチ(カップ麺とか無い方がいいね)』程度のもので、機内食と似たような内容なので、軽くコーヒーブレイクといった感じになる事が多いでしょう。トランジットの時には、時間の余す限り食べたりするのも良いでしょう。

乗り換え時間にするべき事

乗り換え時間がどれぐらいあるかにもよりますが、24時間の乗り換え時間で3時間以上の乗り換え時間が確保できたら、やれることは非常に沢山あります。空港内部のトランジットスペースというのは狭いですが、ラウンジを上手に活用する事で、滞在時間を有意義に過ごすことができます。やはり、短期の旅行をするのであれば、楽天プレミアムカードに付帯しているプライオリティパスだけは絶対に外せないアイテムになるでしょう。

シャワーを浴びる事が必要かどうかは別として、とりあえずシャワーを浴びてすっきりしたり、歩き回って運動するのも良いでしょう。

海外旅行に強すぎるプライオリティパス付帯の楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードに付帯する楽天プライオリティパスがあれば、空港のラウンジが使い放題になります。世界中どこを見ても、年会費が僅か1万円のクレジットカードで空港ラウンジが使い放題になるというクレジットカードはないでしょう。ほんとお得なカードなので、海外旅行に行く時には必修のカードと言えるでしょう。

旅行の目的を持つ事

どこかに旅行に行く時には、その目的意識というのがとても大切になります。特に単独1人旅の場合には、『何を達成する為に旅行するのか』という事が旅行の充実度に影響してきます。旅行の目的というのは人それぞれなので、自分なりにユニークな目標を立てる事ができれば、旅が終わった後からも非常に印象的な旅行だったと振り返る事ができるはずです。

お金を何に使うかも人それぞれですが、ビジネスクラスの体験であったり、海外の空港の体験、海外の雰囲気の体験などにお金を使う事は、人生を豊かにする1つの方法と言えるでしょう。毎回、別の経験が出来るように自分なりのプランを考えて旅行を組み立てられたらいいですね。

最大限に旅行を活用する方法

最大限に旅行を活用する為には、写真を撮影しまくって、それをブログにアップするのが非常に有効な方法になります。旅の日記にもなりますし、写真を入れたブログは視聴者の興味を引きつけます。また、広告を掲載しておけば、そこから稼ぐ事ができるようになるかもしれません。ラウンジでの食事、マイレージの獲得以外にも、ブログの記事を獲得する事で、自分のブログでコンテンツを増強する事ができるようになります。

旅行で写真を撮影したり、ブログの記録を取ったりしていると、リラックスできる時間が減ってしまいますが、それだけ仕事モードで充実した旅行をする事ができるようにもなります。特に1人旅行をする場合には、誰かにこの自分の記録を見て貰えると思いながら楽しく記録を残し手置くと良いでしょう。

ビジネスクラスの利用

ビジネスクラスの利用で、例えばシンガポールまでの往復航空券で中国国際航空で10万円を切る値段(具体的には秋に87000円)で売られている事があります。はっきり言えば、ビジネスクラスなんだけど、従来のエコノミークラスの価格で乗れてしまう訳です。それだけエコノミークラスの価格競争が激しくなっているという訳ですけど、少しお金を頑張ればビジネスクラスに乗る事もできます。

海外航空券は、ビジネスクラスであったとしても10万円を切る価格で売られていますが、ここにお金を使うかどうかと言う事は、人それぞれの価値観になってくるでしょう。

ビジネスクラスの利用メリットは、長距離でゆったりしたシートを利用できる事、機内食がエコノミークラスに比べて段違いに美味しい事、そして空港ラウンジが利用できる事が最大のうりでした。しかしながら、その3つのメリットのうちでラウンジが楽天プレミアムカードに付帯するプライオリティパスで利用出来てしまうので、実質的には搭乗時にリラックスできるというのが最大の売りになります。こうなると、アジア圏ではなくて欧州に行く時にビジネスクラスを利用するメリットが大きいという事になります。

激安旅行でマイルを貯める

激安旅行でマイルをコツコツと貯める事もできます。例えば、ANAマイルは、1万マイルを1万楽天ポイントにする事ができます。その逆で楽天ポイントをANAマイルにする事もできますが、ANAマイルが不足した時以外には、あまり利用する人は多くないでしょう。ANAマイルが不足した時には、楽天から交換できるというのは大きな強みでもあります。割引運賃などは、50%なので加算は大きくありませんが、欧州旅行で乗り換えとなると、マイレージは一気に貯まります。

マイレージといのは、特典旅行券に交換するものなので、その扱いは非常に難しく、頻繁に航空機に乗らないとすぐに失効してしまいます。更に格安航空券だとマイレージ50%加算になってしまうので、ほとんどマイルが貯まる見通しが立ちません。ただし、国際線を利用した上で、楽天ポイントで不足分をマイルに変更して、更に国内線に無料搭乗するという使い方が最も賢い使い方として定着しています。ローシーズンで7000マイルから使えるので、5000マイルほど貯めて、あとは楽天ポイントで不足分を補うようなやり方はありでしょう。

評価: 
Average: 2 (1 vote)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
お勧め情報: 

カテゴリー: 
スポンサードリンク