女性が結婚するなら20代後半がビックチャンス!30代になって婚期を逃す女性が急増中

スポンサードリンク

女性の売り時はいつ?

女性の売り時というのは、20代である事は間違いありませんが、20代でも人によってまちまちです。25歳ぐらいまでは、それほど可愛くなくても言い寄ってくる男性はいます。それが20代後半になると少しずつ言い寄られる数は減っていって、30歳を超えると、良い男性というのは、恋愛対象として見てくれなくなってしまいます。

女性の売り時

女性の売り時を考えた場合には、男性に言い寄られている20代のうちに結婚を決めてしまった方が良いでしょう。特に20代の頃にモテている女性は、男性に対する要求も高くなって、『私に釣り合う男以外は近寄らないで』と思っていますが、そんな事を言っても、釣り合う男なんて簡単に出会えずに、30歳を過ぎたらゲームオーバーになってしまいます。

美人・・・・・・・30歳まで売り時
やや美人・・・29歳まで売り時
少し可愛い・・28歳まで売り時
普通・・・・・・・・27歳まで売り時
中の下・・・・・・26歳まで売り時
自信ない・・・・25歳まで売り時

キャリアを伸ばしたり、付き合った男性が今ひとつで20代後半に別れたり、自分の容姿に対して要求が高すぎたりと、人によって状況は様々ですが、女性が良い男性を見つけたいと思ったら30代になる前に結婚しておいた方が良いでしょう。30代になって結婚したい頃には、男性に相手にされなくなっています。

言い寄られた中から選ぶ

20代の頃には、男性から言い寄られる事もあるでしょう。それなりに真面目であれば、収入などは将来に期待して、付き合っている人と一緒になるのが一番の道です。『収入が少なすぎる』と言ったり、『性格が合わない』などと文句を付けている相手を最初に選んだのは自分自身です。

男性に不満を持ってお別れしてしまうと、あっという前に30代になって結婚できない世界に突入してしまいます。それから20代の頃にチヤホヤしてくれた男性に連絡をとっても、全く相手にしてくれず、軽くあしらわれるだけでしょう。下手をすれば、無視されてしまいます。

誰かから言い寄られたり、連絡が来ているうちに決めるというのが絶対に大事になります。

男性側の事情で結婚できない

最近では、男性側の事情で結婚できない女性が増えています。日本の少子高齢化による景気衰退によって、20代後半になっても年収がそれほど上がらないので、20代後半で結婚適齢期なのに結婚を渋るカップルが増えているのです。20代後半は、女性にとって極めて大切な時期なので、結婚できそうであれば、一気に突っ走って何とか結婚をした方が良いでしょう。

20代後半の女性は、あれこれと知識が付いて、男性に要求する水準も高くなりがちですが、高い水準を要求して結婚できない事が最大のリスクです。20代後半で結婚できないと、女性が30代になると選べなくなってしまうからです。

男性が収入面で差が出てくるのは、40代になってから!今の収入は全くあてにならない!真面目ならOKを!

捨てられる30代女性

30代女性は、既婚男性にはまり込んで捨てられるというパターンが急増しています。30代女性になると、焦りがあるのか、なりふり構わずに男をあさって、その辺の男(年下男、既婚男性が多い)と一晩を過ごす人もいますが、そうした女性ほど良い男性には全く会えない状況になります。

30代女性になって『20代と同じころのようにまともな男性に出会いたい』と思うのは勝手なのですが、そのように都合よく男性側が納得するはずもなく、良い男性は30代になる女性に見向きもしなくなります。特に32歳ぐらいを超えた女性に対して、男性の態度は冷淡です。相手にしてくれる男性がオッサンと既婚者ばかりになります。

30代になると男性を落とせない

女性が30歳を超えてしまうと、良いと思った男性を確実に落とせなくなります。20代の頃は、女性側からメールすれば、返事が返ってきて、やり取りを頻繁にすればデートに誘って貰えてお付き合いまで持ち込めたりしていました。しかし、30代になってくると、男性側も忙しくなる事も多くて、メールしても返事が返ってこないか、まめにメールしてくれなくなります。こちらがメールしてもそっけなくなったりと。

ナンパとかやり目的の男性とか、既婚者であれば相手してくれるかもしれませんが、結婚適齢期にある同年代の男性で全く相手してくれなくなる事も多々あります。こんな時にも、『アプローチされた男性の中から選ぶ』というのは、女性の基本スタイルになります。アプローチしてくる男性がそれなりという事は、自分の水準がそれなりという事です。

評価: 
記事の感想を投票してね!

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: