東京駅の構内にある『東京ステーションホテル』が大人気!カップルで宿泊したい超高級ホテル

スポンサードリンク

東京ステーションホテルは、ホテル部分の駅舎建物は赤レンガ造りで辰野金吾の設計されて1915年(大正4年)に完成したもので、今から100年以上前の歴史ある建物に入居しているホテルになっています。JR東日本ホテルズの看板ホテルで、最高級ホテルとなっています。国の重要文化財である赤煉瓦の駅舎やかつての文豪が愛した客室など大正の時代からの伝統が息づく場所でありながら現代のホテルに求められる機能性も満たした特別な空間になっています。



東京ステーションホテルは、東京駅が開業した後の1915年(大正4年)11月2日に開業しました。2012年に改修工事を終えて営業を再開して、休館前に58室だった客室が150室と増え、ラグジュアリーホテルとして質も大きく向上しました。その宣伝効果もあって、予約が取りづらいほどに人気のホテルになりました。最安値でも3万円の価格が付いている超高級ホテルです。

ダイナミックな丸の内エリアの景観や優美なドームが望める客室など、高い天井と建物の形を活かしたユニークな全150室が用意されています。全150の客室は駅舎の2階から4階(一部)に位置し、標準的な客室タイプは約40m²のゆとりある広さです。 首都圏はもちろん、国内各地への移動にも便利なホテルで、記憶に残るひとときをお過ごしください。

東京ステーションホテルを一休.comで格安予約

東京駅の周辺には、食べられるスポットやショッピングするスポットが充実しています。新丸ビル7階にあるリゴレット ワインアンドバーは、新丸ビル7階にあって予約が必修と言われている人気のイタリアレストランのお店です。ランチ1500円(前菜、野菜、パスタ、デザート、飲み物)というセットとなっています。接客も良くておすすめのお店です。また、新丸ビル5階にあるAW Kitchen TOKYOも、新丸ビルでも人気の店舗で、ランチのパスタコース2800円(お野菜前菜ビュッフェ+パスタ+デザートビュッフェ・ドリンク)などが人気になっています。開放的な店内で、楽しくランチ&ディナーを楽しめます。新丸ビル6階にあるサイアムヘリテイジ東京は、タイのランチビュッフェが人気で、ランチメニューは「ランチビュッフェ」と「ランチセット」があります。ランチビュッフェ(90分)2200円でランチセット1470円(メイン+サラダ)となっています。

 

評価: 
Average: 4 (3 votes)
1
相鉄フレッサイン 日本橋茅場町
レビュー(5386)
料金:3,000円~
2
京王プレッソイン大手町
レビュー(5103)
料金:4,500円~
3
ホテルイースト21東京(オークラホテルズ&リゾーツ)
レビュー(3263)
料金:4,100円~
 
4
京王プレッソイン茅場町
レビュー(3145)
料金:3,500円~
 
5
ホテルカデンツァ光が丘
レビュー(1751)
料金:3,780円~
 
6
スーパーホテルLohas東京駅八重洲中央口 八重桜の湯
レビュー(931)
料金:6,200円~
 
7
相鉄フレッサイン 藤沢湘南台
レビュー(894)
料金:3,450円~
 
8
ホテルかずさや
レビュー(469)
料金:3,915円~

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: