お風呂の水を節水する方法

スポンサードリンク

お風呂は、毎日入っていると最も水を消費する場所であり、平均的な家庭では水道料金の24%はお風呂で消費されるというデーターもあります。水道料金を節約したい場合には、お風呂の水を節水する方法を考えるのが一番です。どのように節水すれば、快適さを失わずに効果的な節水が出来るかを考えてみました。



節水シャワーヘッドを利用する

節水シャワーヘッドは知っていますか?節水シャワーヘッドは、水量を下げると同時にシャワーの水速をあげるという構造で節水するというものです。これを使うと15-20%程度の水をカットできるとされています。お風呂で毎日使う節水シャワーヘッドを使えば、うまくいけば1ヶ月の水道代金を5-10%ほどカットできるかもしれないのです。

タカギ 節水用シャワピタヘッド JS433

お風呂の水かさを増して節水

お風呂の水かさを増す方法は2つほど考えられます。1つ目は、お風呂の水かさを増すようにペットボトルなどを沈めちゃうという方法です。浴槽に入るときの心地よさなどは全く変わりなく節水する事が可能になります。また、自分の家族パートナーや子供と一緒にお風呂に入ることによって、水かさが増すことになるので、節水する事になります。

シャワーを頻繁に止めること

シャワーの水を1分出し続けているだけで10リットル(約数円)ほどの水を消費してしまいます。地域の水道代金にもよりますが、毎日10リットルずつ無駄が出ると、月額で数百円、年間で数千円ほど水道料金を余計に支払うことになってしまいます。シャワーを使わない時には必ず止めるという習慣を付けるだけで節約出来るので、使わない時には必ずとめる習慣を身に着けましょう。

おわりに

お風呂には毎日大量の水を使う事になるので、お風呂の節水を心がける事で、1年間の水道料金(電気・ガス料金)を大幅に節約する事が出来るようになります。お風呂に入る時には、上記のような事を活用して、節水を心がけるようにしましょう。

評価: 
Average: 3.5 (4 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: