福島原発事故の深刻すぎる放射能汚染から逃れる方法

スポンサードリンク

福島原発の状況は、東電が発表するのを国民が信用しておらず、放射能漏れが更に進んでいるのではないかと見られています。特に4号機などは、深刻なメルトダウンが起こった可能性が高いですが、コントロール不可能な状況で、2020年東京オリンピックを中止すべきとの意見も出ています。

福島原発事故

西日本に避難する

日本国内において、放射能を避ける最も有効な手段としては、自分の居住地域を変更する事です。特に子供などは、福島原発に近い地域に居住していれば、将来の健康被害などが考えられますので、できる限り福島から遠い場所に住むのが良いでしょう。

すぐに引っ越すことが難しくても、5年後の計画を立てておけば、引っ越しが出来る可能性があります。福島から離れる事を考えると、安全なのは大阪よりも西側になります。子供がいる家庭こそ、早めに福島の周辺から検討するべきでしょう。

福島に近い産地のものを避ける

福島に近い放射能汚染にさらされた地域のものを食べ続けると、いずれは癌になるなどの症状が出るとされています。福島県産はありえないですし、福島に近い宮城茨城、栃木、埼玉などの食材もできる限り避けた方が良いでしょう。

特に子供がいる家庭は、福島に近い産地のものを食べていると、確実に尿からセシウムが検出されます。チェルノブイリ原発事故より悲惨とされる福島原発事故なので、本来ならば流通しないものを政府が流通させています。産地を良く確認して、できる限り被爆を避けるようにしましょう。

放射能汚染マップ

放射能汚染マップ

海外移住を決断する

海外に移住したとしても、フランスのように原発大国だと、いつ福島原発のような大事故が起こってもおかしくありません。フランスというのは、日本以上に原発に依存している国です。国内中に原発があり、ヨーロッパの原発の多くがフランス国内にあります。このような状況から、ヨーロッパに移住する場合には、どのような場所に原発があるかを良く考えて移住を検討するのが良いでしょう。



小国の場合には、原発が福島原発のように1つ爆発しただけで、国土のほとんどが『居住困難地域』となってしまいます。

地図を見て分かる通り、フランスは原発大国。
フランスの原発

評価: 
Average: 2 (1 vote)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: