ファッションセンスを磨いて生活を向上させる方法

スポンサードリンク



ファッションセンスを磨く

ファッションセンスを磨くのは、他の人の服装を真似するところから始まります。雑誌、ウェブサイト、電車などで見かけた人などの真似をして、ファッションのセンスを磨いていくと良いでしょう。自分を引き立てる道具として服装を上手に使うのがファッションセンスの良い人です。サイズを合わせて、年齢など関係なく『自分に似合うか、似合わないか』で選ぶ事が大事になります。
 
自分に似合うファッションというものを良く考える必要があります。ファッション雑誌に登場してくる海外セレブなどは、体型・スタイルが自分と異なる人も多いので、格好だけを真似てみたとしても、見た目が全然違ったものになってしまう事が多いです。
 
例えば、筋肉質の男性が身に付けるTシャツと、単なる細身の人が身に付けるTシャツでは、見た目が大きく異なってきます。人の印象というのは、見た目で80%ぐらいが決定してしまうと言われています。自分の見た目を極限まで磨く事は、何をするにも生きていくのに有利になる事が多いです。

人は環境によって鍛えられる

センスのあるものに囲まれて生活を過ごす事は、センスが良くなる上で必要な事です。ケチケチしてセンスが良いものに囲まれていないことは、
 
お金がないからセンスの良いものに触れられないと嘆く事はありません。100円ショップでセンスの良いものを見つけたり、インターネットでセンスの良い写真を見つけてプリントして部屋に飾るなどという事も、センスが良くなる方法です。また、センスの良い動画を見つけて、何度も見ているうちにセンスが磨かれていくという事もあるでしょう。
 

新しいものを身に付ける

 
古いものを大切にする事は大切ですが、いつまでもボロボロになったものを身に付けている事は、センスの良い友達を失う事になりかねません。見た目が少しでも古くなったりしたら、「もったいない」と思わないで、早めに捨ててしまうのが良いでしょう。古いものを保有している事は、それ自体を保有する管理料と、友達から古いものを着ているとみられてしまうという点で大きなマイナスになってしまいます。
 
ブランド品であれば5~10年など長く使える事もありますが、普通の洋服なんて着られて1~2年ぐらいのものです。それを長々とずっと持っていると、友達から『センスの悪い奴』というレッテルをはられてしまって、センスの良い友達から遠のいていってしまいます。センスの良い友達と関係を維持したいと思うのであれば、自分の服装に気を使う事が大切です。

自分を作るのがセンス

 
物事に対してどうでもいいと思っていると、自分に対してもどうでも良いと思うようになってしまいます。自分のセンスであったり、ファッションに対して『どうでも良い』と思っているようでは、いつまでたってもセンスを磨くことができません。
 

似たよなものばかり着ない

 
センスの良い人というのは、似たような服装ばかり身に付けている訳ではありません。また、趣味に関しても多彩であり、話題も豊富に持っています。常に最新の動向をチェックしていると同時に、自分の独自性をきっちりと出しながら、時代の移り変わりに上手に乗る事ができるのがセンスが良い人の特徴です。服装・保有するアイテムが多彩であるという特徴もあります。
 
どんな服装が似合うかというのは、自分で身に付けて研究しないと簡単に分かるものではありません。良く似合った服装を着る事ができれば、自分の魅力を数倍に高めることが可能になるのです。似たようなものばかりを身に付けないで、新しい服装にチャレンジしていく事は、流行に敏感であるためにも大切な事です。
 

季節にあった格好をしている

 
センスの良い人と言うのは、夏になったら夏らしい格好をして、冬になったら冬らしい格好をしているものです。季節にあったアイテムを着るという事は、センスの良い人に見られる上で何よりも大切な事です。夏なのに厚着で歩いていたり、全身が黒ばかりの暗い雰囲気では、ダサい感じに見えてしまいます。夏になったら、夏らしい服装をするのが良いでしょう。
 
夏しか履けないような靴を履いたり、冬しか履けないような靴を履いているだけで、センスが良い人になる事ができます。いつも同じようなスニーカーであったり、革靴が1足だけというのは、自分の服装がどうでもいいと言っているようなものでしょう。その季節の為に1、2足の靴を買うぐらいの余裕は持ちたいものです。1足5000円ぐらい、2足で1万円ぐらいあれば、それなりの靴を買う事ができるでしょう。
 

センスで生まれた環境が分かる

 
多くの人は、普段から身に付けている服装などを見て生まれ育った環境などを判断しています。きっちりとした服装を身に付けて歩く事は、少なくとも日本においては、自分がお金を持っていて信用できる人間であると証明する事でもあります。外見であったり、ファッションのセンスを磨く事は、1つの自分のステータスとも言えるでしょう。
 

センスが良い人は運動している

 
センスが良い人は、運動が得意である人が多いです。運動をする事によって、体つきが丈夫で筋肉質になるので、体つきが健康的に見えます。健康的に見えると、Tシャツなどを身に付けても格好良くなるので、ファッションの幅が広がります。体つきが悪いと、夏にTシャツなどを着ても格好が悪く見えてしまうのです。体つきを良くするために日頃からの運動は欠かすことができません。
 
センスが良い人というのは、常に自分の見た目に気を使っているので、太り過ぎないように適度の運動を心掛けて筋肉量を落とさないようにしています。特に30代以降には、男女ともに体型に気を使わないと、見た目が大幅に落ちた体型になってしまいます。イケメンだった人でも、可愛かった女性でも、見た目が落ちてくると、センスが悪く見えてしまいます。常に運動をして自分の健康を保つようにすると、センスを磨く事にも繋がります

センスの良い人が少数派

 
センスの良い人というのは、社会の中でも少数派であり、センスの良い人どうしで交流している傾向があります。学校のクラスで、似たような人が友達になっているのと同じです。実際の社会人になっても、センスが良い人どうしが一緒にいて、センスが悪い人どうしが一緒にいるという事が良く起こってきます。センスが良い人と一緒にいるためには、自分のセンスを磨くしかありません。
 
自分が『センスが良い人』と言われるようになれば、センスが良い友達が集まってきてくれることでしょう。最初に1人で研究しながら友達などとも情報を共有して、少しずつ周囲の人も巻き込んでセンスをあげていく事が大切です。センスの良い人たちは少数派なので、自分たちの周囲のセンスが良くなれば、更に良い友達を作れるきっかけにする事もできます。
 

シンプルが作るセンスの良さ

 
センスの良いものというのは、シンプルである場合も多いです。それは、複雑なもので不要なものを削っていくと、シンプルになっていくからです。シンプルなものというのは、着こなす事が難しい事が多いです。コーディネートは、沢山の色をバラバラに組み合わせていたのでは、ゴチャゴチャした感じになって統一感を失ってしまいます。少ない色を効果的に組み合わせる事を目指しましょう。
 
シンプルに着ていたとしてもファッションを工夫する方法は、靴の色とズボンの色を何気なく合わせてみたり、持っているバッグをシンプルでかっこ良いものにするなど、少しの工夫でセンスを見せることができます。

様々な場所に出かけてセンスを磨く

 
お出かけする事は、センスを磨く上で大事な事です。家でじっとしていたとしても、センスをちっとも磨くことができません。センスを磨く為には、外出して様々な環境に触れる事が大切になります。様々な環境に触れて、いろいろな事を見たり、肌で感じたりする事によって、センスがどんどん磨かれて行く事になります。
 
外出先も良く考えて、流行りの場所に行くだけではなくて、山登りに行ったり、公園に行ったり、お祭りに行くのも良いでしょう。季節を見れる場所であったり、文化を見られる場所に行くのがセンスを磨く良い方法と言えるでしょう。そういった季節・文化に敏感になる事が『センスがある人』と言われる方法です。文化・ファッションなどは交わっているからです。
 

髪型に清潔感を持たせる

 
ボサボサの髪型をしていたのでは、全くセンスが良い人になる事はできません。髪の毛を定期的にカットする事によって、センスが良い人物に見える事ができます。また、髪型をカットした後にしっかりとムースなどでセットする事も良いでしょう。1ヶ月に1回ぐらいの頻度で髪の毛をしっかりとケアする為に美容室に行くのが良いでしょう。

センスを磨き続ける努力をする

 
センスというのは、1日で身に付けるものではないので、常に磨き続ける努力を求められます。センスが良い人と一緒に遊びに行ったり、新しい文化・ファッションを吸収していく為に日々の生活から努力する事が大切になるでしょう。古いものを大切にしながら、新しいものを受け入れていく事がセンスをどんどん良くしていく方法です。
 
評価: 
記事の感想を投票してね!
1
東京ドームホテル
レビュー(10074)
料金:5,600円~
2
サンルートプラザ東京
レビュー(8729)
料金:3,950円~
3
グランドニッコー東京 台場(旧ホテル グランパシフィック LE DAIBA)
レビュー(7132)
料金:6,800円~
 
4
オリエンタルホテル東京ベイ
レビュー(6854)
料金:3,200円~
 
5
東武ホテルレバント東京
レビュー(5396)
料金:5,000円~
 
6
ホテルイースト21東京(オークラホテルズ&リゾーツ)
レビュー(3254)
料金:4,300円~
 
7
アパホテル<東京木場>
レビュー(2660)
料金:3,000円~
 
8
スマイルホテル東京日本橋
レビュー(2412)
料金:2,200円~

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク

Facebookで確実に出会いがあります。