結婚できない女性たち!20代後半から30代で結婚できない女性が急増中!結婚する為にどうすればいいか

スポンサードリンク

女性の言う普通の男性の理想像が高い

女性が良く使っている『普通の男性』というのは、客観的に見ると理想が高すぎる事がほとんどです。例えば、年収500万円以上を要求する女性が多いですが、現実的に20代の男性で年収500万円以上というのは、テレビ局などごく限られた業界のみです。30代になったとしても、年収500万円を超える企業というのは多くありません。普通にサラリーマンをしている30代は、年収300万円~400万円ぐらいのものでしょう。

条件ばかり見て相手を選ぼうとすると、相手の条件ばかりに目がいきがちになってしまいます。実際には、条件というのは将来的にいくらでも変化するものです。条件で相手を選ぼうとすると、良い相手に巡り合う事がきません。特に女性の場合には、結婚に焦れば焦るほど、相手を条件で見たくなりますが、『一般的に条件が良い人』と性格が合うとは限りません。

30代以上になると女性の結婚が厳しい

20代の頃と違って、30代になると女性の結婚が一気に難しくなってきます。誰かに紹介する年齢は、男性であれば36歳ぐらいまで、女性であれば33歳ぐらいまでがほとんどです。それ以上の年齢になると、紹介される側が嫌がったり、拒否する傾向にあるので、紹介されづらくなってしまいます。男性36歳ぐらいまで、女性33歳ぐらいまでに結婚する相手を見つけておきたいものです。

30歳の女性であれば、35歳~40歳の男性が狙える可能性があるかもしれませんが、33歳の女性になると40歳ぐらいの男性しか相手をしてくれませんし、35歳になると40代~50代の男性がターゲットになってきます。33歳を超えた女性が同年代の男性と結婚するのは、ほとんど絶望的と言っても良いでしょう。

自分の王子様がまだ来ないと思う元モテ女

20代前半であれば、そこそこ可愛いと若さだけでチヤホヤされます。そのままの状態で、20代後半、30代になってしまうと、『自分はもっとモテるはず』という勘違いを起こしてしまっている女性もいます。見た目がそこそこの女性であれば、化粧のノリが良い20代前半にチヤホヤされて可愛いと言われるのは、普通の事です。それが20代後半~30代になってくると、もっと若い人たちがチヤホヤされるようになってくるので、どんどんモテなくなってきてるのに『私はモテる』という勘違いを起こしてしまいます。

結婚を失敗する20代後半に『自分には、もっと良い人がいるはず』と考えて、20代後半で彼氏と別れてから彼氏ができないというパターンです。自分の年齢が高くなっているので、以前はチヤホヤしてくれた男性は、連絡してもなかなか遊んでくれないという状況になるでしょう。

自分の事しか考えない女性

自分の事しか考えられない女性というのは、結婚できない傾向が強いです。特に20代前半でチヤホヤされた経験があると、その経験のままで20代後半、30代になると非常に危険と言えるでしょう。

自分の事しか考えていない女性は、男性からも嫌われる傾向があります。女性に見られるのが『自分からは絶対に連絡しない』と言う女性です。女性に積極的に連絡をしてくれて、粘り強く言い寄ってくれるのは、それほどモテない男性だけです。本当にモテる男性というのは、女性に特に困っていないので、少し連絡してダメそうならさっさと次に行ってしまいます。プライドが高い女性は、モテる男性に全く相手にされずに損をすることが多いのです。

相手にされないモテ男子を求める

人気のあるモテる男性に自分から連絡しても、ほとんど相手にされていないにも関わらず、『こんな男性がいい』とこだわっていると、いつまで経っても結婚できません。かつて自分がモテていた頃の栄光にすがりついたり、自分の状況に対して理想が高すぎたりすると、いつまで経っても結婚する事ができません。

自分がいつも一緒に遊ぶ男性のレベルというのは、自分のレベルだと思って良いでしょう。モテ男子と結婚したいのであれば、常にモテるような女性グループと一緒にいるぐらいでないと難しいという現実があります。

決める時にしっかりと決める

ややモテるタイプの女性に多いのは、『20代でまだチヤホヤしてくれる男の人もいるし、遊びたい』というものです。20代独身だとチヤホヤされるから、もっと遊びたい!と思って遊んでしまって、婚期を逃すパターンが多いです。

 

評価: 
記事の感想を投票してね!

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク