女性と付き合う時にモテる男性になる方法!女性に気を使える男性が女性に人気が高い

スポンサードリンク

本当にモテる男性というのは、女性に常に囲まれている男性というよりは、レベルの高い女性から積極的に言い寄られる男性です。レベルの高い女性というのは、見る目が肥えていますので、その女性から言い寄られるということは、かなりモテる男性と言えるでしょう。モテる男性になるには、見た目以外に、常に女性に気を使ったり、上品に振る舞う事が条件となります。

相手の身になって考えるモテ男

モテる為に最も大事なのは、相手の身になって考える事でしょう。ホストのようになる必要はありませんが、女性の事を優先して考える男性は、人気があります。例えば、女性を上手にエスコートしてあげたり、女性の事を考えてデートを早めに切り上げるなど、女性の事に気を付ける男性に人気が集中する訳です。さりげなく女性に気を使える男性は素敵ですが、ある程度の訓練が必要になるでしょう。

女性の身になって考えると、むやみに下ネタを連発したり、下品な行動をとったりすることはなくなるでしょう。あくまで、上品で大人の男性が人気でモテる男性になる事は当然と言えるでしょう。

女性とむやみに関係を持たない

女性の場合には、いろいろな男性とデートする事で男性を見極める事が出来るようになってきますが、男性の場合には『その気がないのにデートするのは時間の無駄』とも言えます。男性の場合には、将来に向けて収入を上げていかなければいけません。

女性とむやみに関係を持つと、後から恨まれたりして大変な事になってしまいます。太古の昔から女性に騙される男性というのは存在していて、権力者なども女性に騙されて権力を失うなどした事が歴史書などにも記載されている訳ですが、計算高い女性にはまり込んで、コロリと騙される男性は多いものです。下手をすれば裁判沙汰になって、社会的に信頼を失いかねない事もあるので気を付ける必要があるでしょう。

相手を見抜く基準の明確化



相手を見抜く基準を明確化しておくと、モテる男に近づいて、言い寄ってくる女性を見抜きやすくなります。最も良い基準となるのは、学歴・容姿などではなくて、普段の食事の様子であったり、食べ物などです。

相手を見抜く基準を明確化しておくのがどうして重要になるかと言えば、相手を見抜けないと相手のペースにはめられて、時間を浪費してしまうからです。同時に交際できる人数は、普通は1人、多くても2人ぐらいのものです。どうせ付き合うのであれば、なるべく良い人と付き合った方が良いでしょう。

付き合う女性もレベルアップさせる

特に男性の場合には、自分の目標を決めて、どんどんレベルアップしていく必要があります。収入が高い20代~30代というのは、どの女性からも人気があります。40代前半であれば、30歳以降の女性であれば狙う事が出来るでしょう。

自分のレベルがアップしてきたら、それに従って付き合う女性のレベルをあげていく必要もあるでしょう。自分がどれぐらいのレベルにいるかを主観的・客観的に判断して、それに応じて女性のレベルを合わせていくと良いでしょう。自分の将来に自信のある男性というのは、モテる傾向にあります。

女性が男性より計算高い



女性というのは、男性に比べても、とにかく計算高いところがあります。しかし、どんなに計算高い女性であったとしても、高レベル男性と付き合える訳ではありません。

男性の多くは、自分が計算高い女性を見抜けると自信を持っていますけど、実際に可愛い女の子に『ニコッ』と微笑まれると、それだけで『この子は違うかもしれない』と思ってしまうのが男性です。

結婚で逆転を狙う女性たち



都心で学歴・職歴が乏しい女性というのは、結婚によって逆転を狙おうとしている人は多いです。女性が男性に提供できる最大の武器と言えば、『若さ』です。25歳以下の若さがあれば、女性であれば、必ず結婚相手を見つける事が出来るでしょう。相手に提供できるものがなくても、自分の若さを提供できれば、子供を作ることが出来るからです。しかし、若さを失ってしまって30歳を超えると、若さ以外に様々なものが要求されるようになってきます。

若さがあって(27歳ぐらいまで)、美人で、その上に男性に気を使えるテクニックを持っていれば、かなりの確率で男を落とす事はできるでしょう。男性の側も馬鹿ではないので、テクニックを駆使して迫られていると分かっていたとしても、それでも恋愛に発展してしまうのです。しかし、その技が使えるのは、普通は27、28歳ぐらいまでです。若さがあってこそであり、若さがなくなったら、良い男をテクニックで落とすのは難易度が極めて高くなります。

評価: 
Average: 4 (1 vote)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
お勧め情報: 
カテゴリー: 
タグ: