男性に嫌われるデートのマナー違反

スポンサードリンク
男性の側でデートのプランを立てるなど、デートのエスコートを行うのが基本ではありますが、女性側としてもデートのマナーを良く守る必要があります。女性の側がデートのマナーを守らなければ、この人はどうして私のデートに来たのだろう?と思ってしまう事でしょう。
 
デートしている男性の事を気になっているかどうかに関わらず、男女のデートでは、マナーを守って楽しめるデートを心がけるようにしましょう。デートの最低限のマナーを守っていれば、男性側もデートして良かったという気持ちになり、後から女性にもっと良くしてくれる可能性が高くなります。

6000円以下で楽しむ高級レストラン

 
元カレの話をする
 
楽しい食事をしている最中に元カレの話をするのは、デートで最も禁句の事です。元カレの話をしはじめた瞬間に男性の顔色が変わるという事は良くあります。相手の男性に興味がない場合には、元カレの話をネタとしてする場合も多くあります。ただし、男性の側からすると、ニコニコ話を聞いているふりをしていても、心境が穏やかでない場合が多いです。
 
男性の大半が元カレの話自体を嫌な事だと思っていますし、元カレと比較されるのを嫌います。女性の側からすると、元カレの話をする事によって「元カレよりも優しくしているあなたを見せてほしい」と思っています。しかしながら、何も考えずに元カレの話をすると、男性側から見た女性自体の価値を大幅に下落させてしまう場合が多いです。
 
元カレの詳細の話をする
 
女性の側としては、特に男性が草食系の場合には、反応を確かめる為に元カレの話題を振ることが良くあります。草食系の男性が自分になかなか手を出してこないで、2人で話す話題を恋愛の話題にして、相手の恋愛感を探る事であったり、恋愛の雰囲気にしていきたいと思っています。元カレの話をするのは、次の恋愛で同じ失敗をしたくないという女性に多く見られる行動でもあります。
 
また、女性の多くが体を安売りしたくないと思っているので、受け身を基本にして彼氏候補・彼氏にアプローチしてきます。脈ありで元カレの話をする場合には、女性の側から素直にアプローチできないので、欲求不満で元カレの話をする事が多いです。その場合には、元カレを超えて自分を燃えさせてくれる事を期待している女性が多いのが事実です。
 
女性の側が元カレの「良い話題」をしている時には、友達として見ている可能性が高いとされます。もしくは、私は「こんな良い男性とも付き合える」という自分を高く売る工夫であったりもします。また、女性の側が元カレの「悪い話題」をしている時には、同情をしてほしいと感じていたり、付き合う時に「こんな事が嫌い」という主張でもあります。また、男性からの反応や会話を聞いて、考え方を探っている可能性も高いです。
 
職場の愚痴が多い
 
職場で頑張っている女性に多い事なのですが、職場における愚痴が非常に多いです。2人で楽しもうという時に職場における愚痴をずっと言っていると、楽しさが半減してしまいます。職場で大変なのを男性側に理解して貰うのは大丈夫ですが、自分が頑張っている姿をアピールする程度にとどめて、ほどほどにしておきましょう。
 
デートする時には、ネガティブの話題を避けるようにして、出来る限りポジティブの話題にするようにしましょう。ネガティブな話題というのは、その場の雰囲気を悪くするばかりではなくて、デートの後味を悪いものにしてしまいます。ポジティブな話題で2人で笑い合える関係になるように心がける事が大切です。
 
携帯電話を触る
 
女性が携帯電話をデート中に触っていると、デートに集中していないものと思われてしまいます。目の前にいる男性からすると、女性が携帯電話ばかりを見てデートに集中していないのは、男性のプライドを大きく傷つけてしまいます。また、多くの男性が女性が携帯電話を頻繁に触る事に浮気を疑っていきます。
 
男女のデート中には、携帯電話が鳴ったとしても見ないようにしたり、消音設定にしておくなどしてデートに集中できるようにしておきましょう。どうしても彼女が携帯電話から目を話せないようであれば、デートが面白くない可能性が高いので、会話や雰囲気などで男性側が楽しませる努力をする必要があるでしょう。
 
任せた後に不満を口にする
 
男性が必死で立てたデートプランを実行する上で、女性の側が不満を言うと、男性側のプライドがズタズタに傷ついてしまいます。男性がデートプランを立てた場合には、そのプランについてデートに行く前に良く相談しておくのが良いでしょう。デートプランを男性側に一任したのであれば、そのデートプランに不満があっても不満を言わない事です。
 
例えば、レストランを任せたならば、レストランが少しぐらい不味いものであったとしても、不満を言わずに「選んでくれてありがとう」と口にできれば良いでしょう。多くの女性が男性にデートプランを任せてばかりで一方的に期待を託しますが、デートプランを立てるのが得意な男性ばかりとは限らないので注意が必要です。

6000円以下で楽しむ高級レストラン
 
おわりに
 
男女のデートでは、最低限のマナーを守って、2人で楽しいデートを心がける事が大切です。男性側には、初デートではしっかりと奢るというルールであったり、2回目以降のデートでもお金を多めに出すというルールがあります。女性側でも、男性側がルールを守るのと同じように男性に失礼の無いようにルールを守るようにしましょう。
 
女性がルールを守ってしっかりとデートをしていれば、男性側がデートにまた誘ってくれる可能性が高くなります。味方が多いに越した事はないので、多くの男性にデートに誘って貰えるように研究しておきましょう。
評価: 
Average: 3 (1 vote)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
お勧め情報: 

カテゴリー: 
タグ: