ケチ男に見られない為に絶対に覚えておきたい事

スポンサードリンク
女性からケチ男のレッテルを貼られてしまうと、次からデートに誘っても何らかの理由を付けて断られてしまいます。ケチ男にならない為には、デートの費用を負担するだけではなくて、女性の前で発言や行動などに注意する必要があります。
 
ケチ男に見られない為に最も重要な事は、「お金の使い方が上手になる事」です。収入が少なくても、女性からケチに見られない男性と、ケチだと思われる男性があります。お金の使い方を良く考え直して、女性の前でケチ男に見られない為の方法を考えてみたいと思います。

 
ケチ男の特徴
 
ケチ男の特徴は、女性の前でのお金の出し方が「ケチくさい」というだけではありません。動作であったり、発言などの随所にケチケチ感が出てしまって、女性をドン引きさせてしまっているのがケチ男の特徴です。
 
特に女性をドン引きさせてしまうのが、クーポン券と言う女性が多いです。クーポン券などは数百円程度の割引にしかならないので、そんなものは利用しない方がいいでしょう。また、男性が支払いたくないからという理由で、安い場所でばかりデートをしたがるというのも問題です。
 
・クーポン券
・公園デートだけ
・ガソリン代を要求する
 
ケチ男が理解すべき事
 
派遣社員、アルバイト、フリーターなどの職業が一般化して、男性の所得が減少傾向にあります。しかしながら、女性の平均所得とでそれほど高くないですし、何より男性よりも女性の方が働く事に対してのプレッシャーが強い事を多くの男性が理解すべきでしょう。
 
男性の収入が上がらない中で、男なら女性に奢りながらも、「もっと稼いで頑張るぞ」という向上心を持つ事が大切になります。ケチ男の特徴は、今の収入を大事にしようと思ってしまいます。それに比べて「奢る男」の考え方は、人間関係を円滑にしたいと思う男性であったり、将来の収入をもっと増やしていくぞと燃える野心家が多いです。
 
財布の中に余裕を持っておく
 
ケチ男は、常に財布の中に必要最小限のお金しか入れていない人が多いです。ケチ男にならない為には、財布に常に消費する以上のお金を入れておく必要があります。財布の中に想定以上のお金を入れておく事で、自分の心を大きくして友達付き合いやデートに挑む事もできるのです。
 
財布の中には、常に利用を想定している金額の2倍から3倍の金額を入れておくと良いでしょう。例えば、カフェに行った後に食事に行く場合には、2人分のカフェの料金1000円分と、2人分の食事代金5000円で6000円になると考えた場合には、1万円ぐらいを財布の中に入れておけば安心できます。
 
お金を使わない場所を考える
 
ケチ男の特徴は、日頃から意味のないお金の支出が激しいことにあります。意味の無い支出とは、自動販売機でジュースを買ってしまったり、日頃からコンビニでお菓子を買い込んでしまったりする支出です。日頃から自分の収入ギリギリまで多額の支出を行っていたのでは、人間関係にお金を使う事ができなくなってしまいます。
 
自分の日頃の生活の中で、お金を使わない場所を考えていくという事が重要になります。お金を使わないように生活の中で自炊を行ったり、職場にお弁当を持っていくなど小さな努力をする事で、無駄なところにお金を使わない努力をしておく事が大切です。
 
人間関係を絞る
 
社会で生活していると、多くの出会いがある中で、全ての人と楽しく友達になるというのは無理があります。お金が有限であればあるほど、人間関係を絞って、適切な人間関係に適切なお金を使っていく必要があります。人間関係を絞って、そこにお金を集中的に投下(奢りで人間関係を円滑化)すれば、友達やビジネスの関係も広まります。
 
広く浅くの人間関係を少しずつ絞り込んで、狭くて深い人間関係を構築する必要があります。狭くて深い人間関係は、日常生活を楽しく過ごす上でも自分に大きなメリットがあります。向上心の高い人と一緒にいれば向上心が高くなりますし、自分の仕事とは違ったエリアの人と仕事をする事で、いろいろな知識を身に付ける事もできるようになります。
 
安いお店で全額奢る
 
高級店などに入って、割り勘をするよりは、安いお店でも全額を奢った方が女性からの好感度が高くなります。自分が払える金額を考えて、それなりのお店に入るのが良いでしょう。価格が安いお店であっても、オシャレでデートに使えるお店は沢山あります。
 
ケチ男の特徴は、安いお店でも女性からお金を取って数百円で割り勘したがりますが、安いお店では全部出してしまった方が良いでしょう。1人1000円ぐらいのお店であったり、カフェなどであれば、男子学生でも奢る事ができるはずです。
 
ケチではなくて倹約家がいい!
 
どんなに収入が高い人だったとしても、それ以上にお金を使ってしまったのでは、手元にお金が残りません。ケチケチするなと言ってバンバンお金を使っている「単なる浪費癖の激しい人」というのは、女性からも好かれません。女性が求めているのは、自分の身の丈にあった「女性に対する気遣い」です。
 
多くの女性が求めるのは、センスの良いお金の使い方を出来る人です。安くて美味しいお店であったり、安くてもセンスの良い服装を身に付けられたり、お金を出すべきところで大きいお金を出したり出来る人が喜ばれます。
 
デフレの時代を理解する
 
日本はバブル崩壊後にデフレに陥っているので、物価が以前と比べて安くなっています。海外からの輸入品も沢山入ってきているので、安くて良いものというのが沢山あります。例えば、洋服がファーストファッションという安くてファッションを追求したものがあったり、履き心地の良い靴が3000円ぐらいで売られていたりします。そうした安くて良いものを利用してお金を蓄えておきましょう。
 
安い洋服であってもセンスの良いものを身に付けるという事が大事になります。センスの良いものを身に付けるには、日頃から時間を使ったり、雑誌を見るなどの研究にお金を使う必要が出てきます。自分の現在のお金の使い方が本当に正しいかどうかを細かい所ま見直して、生活習慣を改める必要があるでしょう。
 
おわりに
 
ケチ男に見られない為に最も重要な事は、正しいお金の使い方を身に付ける事です。ケチ男というのは、人間関係においても、お金を出す所では出さなくてはいけないという事を認識するべきでしょう。
 
お金を節約する所でしっかりと節約して、お金を出す所でしっかりと出せるという「メリハリの効いた男性」が女性から良い男性として見られます。女性が喜ぶような場所で、喜ぶタイミングでお金が出せたら、金額に関わらず女性の信頼を勝ち得る事ができるでしょう。
 
評価: 
Average: 4 (1 vote)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
タグ: 
スポンサードリンク