昼食を1食500円以内に抑える方法

スポンサードリンク

多くのサラリーマンの方は、昼食をコンビニで購入したり、昼はオフィス近くの外食で済ませてしまっていると思います。コンビニで購入したり、外食したりすると、無意識のうちに昼食1回当たり1000円近くを使う事になります。

生活費の中で昼食代が実は結構かかっている事に気が付くはずです。このご時勢ですので、将来に備えて少しずつ貯金を行う為に昼食代金を1日500円以内に抑える方法を紹介します。



おにぎりだけ持っていく

日本人の主食のお米を使っておにぎりを2、3個持っていきます。おかずの部分だけをコンビニなどに行って買い揃えます。おかずだけであれば、200円ぐらいで小さな惣菜などを買えると思います。あとは、ジュース1本購入すれば、お弁当を購入するのに比較して少しばかし安くて済みます。栄養量としてはお弁当とそれほど変わらないでしょう。

ご飯だけを持っていく

ご飯だけを持参して、まとめ買いしておいたレトルトカレーなどをかけて食べるという方法もあります。不足した栄養分を補う為に野菜ジュースや牛乳なども一緒に飲むと良いと思います。ただし、レトルトカレーなどを毎日のように食べていると体を壊してしまいますので、この方法は頻繁にとる事はお勧めできません。

夕食を多めに作って保存しておく

1人暮らしで料理をするとなると、どうしても多めに作ってしまう事になります。そこで、多めに作った分を夜のうちに冷蔵庫でしっかりと保存して、昼食の為に持っていきます。ご飯とおかずに小分けして持って行って、職場に電子レンジなどがあれば温めて食べれば美味しく食べる事が出来ます。

コンビニを避けてスーパーに行く

コンビニというのは、全て定価で販売しますので、割引がほとんど無くて割高な買い物となってしまいます。オフィスの近くにスーパーを探したり、仕事に行く前に空いているスーパーに立ち寄って昼食分を買い込んでおく事で出費を数百円ずつ抑える事が出来ます。

おわりに

昼食を1食500円以内に抑えようと思えば、それほど贅沢が出来るわけではありません。牛丼屋であったり、カレー屋などのファーストフードに入店すれば、確かに1食500円以内で食べられますが不健康になってしまいます。健康を維持しながら節約する自分なりの方法を考える必要がありそうです。

評価: 
Average: 2.5 (2 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク