ケチ男にならない為に大切な心構えまとめ

スポンサードリンク

お金は誰にとっても大切なものですが、ケチ男でいる事で男性自身にプラスになる事は何もありません。ケチ男のレッテルを貼られない為には、女性の前でしっかりとお金を支払う事が大切になります。
 
多めに会計を支払って貰って気分を悪くする女性もいますが、ケチと言われるよりもずっとマシです。多めに会計した時には、口で「楽しませて貰ったから」などと言い逃れできますが、ケチは言い逃れできないからです。そんなケチ男にならない為の心構えをまとめました。

6000円以下で楽しむ高級レストラン

 
男性が女性にお金を出すのは当然
 
男性と女性の違いは、女性の方がデートに来るのに時間を使うという事です。お化粧もしなければいけないですし、洋服も男性以上にお金がかかります。女性が男性と会うには、それなりの投資が必要という事を良く理解する必要があります。
 
最も大切な事は、交通費と時間を使って、女性がわざわざ自分に会いに来てくれている事に感謝して、女性に「お礼の気持ち」を込めてお金を支払うという事です。状況をみて全額おごらなくてもいいですが、相手の心理の負担にならないぐらいのお礼の気持ちぐらいは出してあげると良いでしょう。
 
お金を出した事を忘れること
 
自分がお金を誰にいくらぐらい支払ったかという事について、細かく記憶しておく必要は全くありません。人に出したお金も含めて、自分が飲食を楽しんだ代金だと思うのが一番なのです。自分が飲食を楽しむ為には、誰かと一緒に楽しんだ方が良いので、そこにお金を出すという考え方が良いでしょう。
 
誰かの為にお金を出すのではなくて、その場を楽しむために自分の為にお金を出すので、「全てが自分の楽しむ為に使ったお金」と考えるのが良いでしょう。相手に心理的負担を与えないようにする為には、「今日は楽しませてくれて本当にありがとう」など、自分がお金を支払う理由を言うのが良いでしょう。

6000円以下で楽しむ高級レストラン
 
相手に出して貰ったお金は忘れない
 
男性は、自分がお金を出した事はすぐに忘れるべきです。少しのお金を出した事に関して恩着せがましくなるべきではありません。しかし、人にお金を出して貰った事は、(メモを残しておくなど)絶対に忘れないようにしましょう。特に大きな金額を出して貰った時には、数年後も思い出せるようにしっかりと記憶に残しておく事が大切になります。
 
また、お金を出して貰って、次に会った時などには、必ず「前回はありがとうございました」とお礼しましょう。そうする事によって、「私はお金出して貰ったのを覚えています」という証明になります。
 
日頃からしっかり節約する
 
日頃からバンバンお金を使っていたのでは、いざという時に使うお金がなくなってしまいます。日頃の生活では、出来る限りお金を出費しないように、自分1人で過ごす時には、出来る限りお金をケチケチ使うようにしましょう。自分1人の時にケチケチしておく事で、人と食事をしたりする時に余裕を持つ事ができます。
 
ケチする方法としては、ペットボトルにお茶やコーヒーを入れて持ち歩くという方法があります。日本では、何処にでも自動販売機があってついつい飲料を買ってしまいますが、自動販売機を使わないだけでかなりの節約になります。また、コンビニで買い物するのをやめるとお金が貯まるようになります。
 
狭い範囲で付き合うこと
 
お金と時間というものは、誰にとっても有限なものなのです。様々な所に顔を出して、どんな人とでも会っていたのでは、お金がいくらあっても足りません。付き合う範囲を狭めて、ある程度の範囲の人と深い付き合いをする事が大事になります。
 
どのような人間と付き合えば良いかは、簡単に見えてくるものではありません。ただし、付き合いがこれ以上は難しいと判断したら、特定の人と積極的に縁を切って、空いた時間とお金を別の方向に向けた方が前向きです。友達でも男女の人間関係でも、常に整理し続ける必要があります。
 
常に多くのお金を持ち歩く
 
人と会う時には、自分が想定しているお金以上のお金を持ち歩く事で、心に余裕を持つ事が大切になります。ランチで1500円を想定しているのであれば、多めに5000円を持ちあるくのが良いでしょう。ディナーで5000円を想定しているのであれば、15000円は財布に入れておくべきです。
 
相手に奢ったり、2次会に行ったりするのを考えて、総定額の3倍を準備しておく事が大切になります。余裕を持っておけば、割り勘などの時にもケチケチせずにしっかりと自分の分を支払う事ができるようになります。
 
おわりに
 
日本でもバブルの頃と違って、若い男性・女性ともに所得が減少傾向にあります。このような中で、男女の恋愛をしたり、男性が女性とデートをするには、自分なりに工夫をする必要があります。
 
先ずは、必要ではない人間関係を断ち切って、必要なものだけに絞る事が大事になります。その中でも、特に大事だと思う人には、お金をケチする事なく使う所でしっかり使うという心構えも大事になっていくでしょう。

相手よるも少し多めに出す「1000円」、「2000円」の出費で相手に悪い思いをさせないのならば、どんどんお金を出して奢って、人間関係を良くすることも大切です。
評価: 
Average: 2.5 (2 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
タグ: