自宅の電気代金を大幅に節約する方法

スポンサードリンク

1ヶ月の電気料金を10分の1ほど節約する事は、実はそれほど難しくありません。1人暮らしで電気料金が毎月5000円ほどかかっている人でも、少しの「節約を意識する」だけで1ヶ月に500円ずつ節約する事が出来ます。確かに500円の節約というのは小さい金額ではありますが、それほど大きな努力を必要とせず、電気以外の部分に500円というお金を使う事が出来るようになります。



先ずは節約を意識すること

最初に重要な事は、何気なく使っていた電気料金に対して節約するという意識を持つ事です。節電する事を習慣付けて、無駄な電気代を使わないようにするだけで、1ヶ月に数百円は確実に電気代を減らす事が出来るようになります。少しずつの節約が後から大きな貯蓄となる場合があります。先ずは、電気料金の節約を心がけるようにしていきましょう。

夜の消灯時間を早める

夜中に寝ないで起きていたりすると、電気代のロスは非常に大きいものになります。毎日2時間ずつ遅く寝るだけで、1人暮らしだと数円から数十円の電気料金の無駄を生み出している計算になります。夜に起きている生活を改めて、早寝、早起きの習慣にするだけで、電気料金を大幅に節約する事が可能になります。また、夜にしっかりと睡眠をとる事は体にも良い事ですので、是非とも実践しましょう。

コンセントをまめに抜く

コンセントを入れたままにしておくと、電気が家電製品に流れる事で電気代のロスが発生するようになります。仕事に出掛ける時であったり、寝る前にコンセントを抜くという習慣を付けるだけで、一人暮らしの場合には月に数円から数十円、世帯で暮らしている場合には数十円の節約になります。また、コンセントを抜くことは家電から火が出たりする事が無いという安全面から見ても非常に有効です。抜くのが面倒という人は、省エネタップなどを利用すると非常に便利です。
SANWA SUPPLY TAP-SP26E-5 省エネタップSP(6個口、5m)

テレビを部屋に置かない

テレビは、部屋に居る時にずっと付けっぱなしにしがちなので、電気料金の消費量が特に多い家電です。部屋にテレビを置かず、テレビを全く見ない習慣を付ける事によって、テレビの電気代金を大幅に節約する事が出来ます。また、テレビを置かない事でNHKの受信料も発生しなくなるので、電気料金以上の節約を見込む事が可能になります。テレビを置かないことで、テレビ購入費、電気代、NHK受信料の3つを一気に節約出来ます。

エアコンの温度を適温に保つ

電気料金の中でも特にお金が掛かってしまうのはエアコンです。部屋では、季節に応じて適切な服装を心がけて、必要以上にエアコンの温度を上げ過ぎたり、下げすぎたりしないようにしましょう。夏に部屋の窓際に日陰を作るなどすれば、部屋の温度全体を下げる事が出来ます。冬には窓を二重にしたり、隙間風を塞ぐ事などによって、部屋の温度が下がるのを防ぐ事が可能になります。

おわりに

電気料金は、少しの心がけで節約する事が可能です。1ヶ月に10分の1ずつ電気料金が節約出来れば、1年間に1か月分の電気料金を節約出来た事にもなります。日頃から無駄な電気を使っていないかを確認しながら生活して、無駄に電気を使う事がないようにしましょう。

評価: 
Average: 3 (4 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: