女性とレストランで食事に行く時に注意する方法

スポンサードリンク

女性をレストランに誘う時には、多くの注意が必要です。特にグループでレストランに行く時などには、事前にしっかりとレストランを調査して予約する必要があるでしょう。女性と一緒にレストランにいく時の注意点をまとめました。

参加者の属性を把握する
 
グループで集まる時には、集まる人の属性を良く把握しておく必要があります。全体の属性を把握して、それに合った形のレストランを提供できるかどうかは、全体が盛り上がるかどうかで非常に重要になってきます。
 
参加者の年齢、職業、金銭感覚、ファッション性、嗜好、お酒の量などを出来る限り詳細に把握しておきましょう。また、参加者がどんなテンションで集まるかを聞いたり、どのぐらいのお金を出すのかを事前に探っておく事が大切になります。
 
確実にお店を予約しておく
 
レストランは、空きが見込まれる状況であったとしても予約しておくのがスマートです。お店を事前に良く調査して、良く下調べをした上でレストランを予約しておく事がとても大切になります。
 
レストランを予約する時には、周辺のカフェ情報やスポット情報なども合わせて調べておくと使える事があります。また、レストランが予約できていなかった場合など緊急時に備えて、周辺にもう1つぐらいレストランを知っておけばベストです。

高級レストランの予約は、一休.comレストランで・・・。
 
女性に奥の座席を進めない
 
グループで女性がいた時には、女の子に気を使って上座に座らせてあげようと思って、奥の方に女性を座らせるのは、マイナスになる場合があります。女性は、トイレなどで座席を立つ事が多いので、奥に座るよりも移動しやすい手前に座らせてあげた方が喜ぶ事が多いようです。
 
グループで座る時には、トイレの位置を最初に確認して、女性が席を立ちやすいように準備してあげたりするのが良いでしょう。また、男性が先にトイレに立てば、女性もトイレに行きやすくなります。
 
女子の喜ぶメニュー注文
 
最初に女性が喜ぶお店を選ぶ事が大変に重要になってきます。女性が喜ぶレストランを選んだ上で、女性の喜ぶメニューをあらかじめチェックして覚えておくと良いでしょう。女性に人気がある多くのお店の場合には、男性にも人気があります。
 
ほとんどの女性が喜ぶメニューは、野菜が多く入っていたり、健康的ヘルシーメニューが多いです。居酒屋などで、「油が沢山入ったメニュー」であったり、「炭水化物ばかりの料理」などは、注文するのを控えた方が良いでしょう。また、女性でお酒を沢山飲みたいという人は多くありません。ほとんどお酒を飲まない女性がいるにも関わらず、「飲み放題」の席を設定したり、お酒を飲める居酒屋で飲み会形式が良くない場合があります。
 
お会計を注意する
 
女性の多くは、お会計の細かい所にまで神経を払っています。男性側が多く飲んだのに「完全に割り勘」などと言えば、支払った女性が密かにイライラしている可能性があります。常に男性側が自分が飲食した分よりも少し多めに支払う事を意識した方が良いでしょう。お金を多く出すという行為は、男性の側にも勇気が必要で、それが自然に出来る男性の評価は、女性にとって高くなるのです。

いかなる場合にも男性側が多めに支払いを行うのが常識です。それを女性に「奢った」と思わせない為に「俺が多く食べた」「俺が飲みまくって」という「言い訳」を必ず付けて、女性に配慮した支払いを行うようにしましょう。日頃に節約してでも、女性の前で絶対に多く支払う必要があるんです。オシャレしてきた女性に楽しませて貰ったのですからね。
 
例えば、1次会で軽く食べる場所を選んでおいて、2次会で飲める居酒屋などを選択しておくという方法があります。そうする事で、1次会であまり飲まないで会計して、2次会の居酒屋で各自で飲む量を調整する事ができるようになります。
 
おわりに
 
男性と女性では、レストランでの食事の内容であったり、飲み会に対する考え方も異なっています。事前に参加者がどのようなスタイルを望んでいるかを良く考えて、食事するレストランを決めると良いでしょう。

 
評価: 
Average: 3 (2 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
お勧め情報: 

スポンサードリンク