眠れない夜に寝られるようになる方法

スポンサードリンク

最近では、若いうちから「睡眠障害」に陥る人が多いと言われています。寝つきが良くなくて、仕事や普段の生活のリズムが狂ってしまう人が沢山いるのです。しっかりと睡眠をとる事は、健康的な生活を過ごす上で非常に重要になりますので、睡眠できる方法についてまとめました。


 
体を温めてみる
 
人間の体は、温めるだけで血行が良くなって免疫力がアップすると言われています。冬の寒い時期は、自分が気がつかないうちに体温が低下している可能性があるので、自分の体温を上げるように工夫しましょう。
 
お風呂に入って温まる
 
お風呂に半身浴を15分から30分ほど入っている事によって、体が温まって冷えにくくなる効果があります。お風呂にゆったりと入って体を温めましょう。
 
自宅の近くに温泉や銭湯があるならば、自宅よりもゆったり入る事ができますので、温泉や銭湯に行って体を温めるようにすれば、安眠につながります。
 
ゆたんぽを使って温まる
 
ゆたんぽは、昔から日本人の間で使われてきたもので、体を温めるのにとても適した道具です。寝る時には、ゆたんぽを足元に置いて足元を暖めるようにすると、体全体が温まる事ができます。
 
ゆたんぽを使う時には、やけどしないように注意して、タオルでくるむなどして布団の中に入れましょう。そうする事で、体の免疫力が向上して、冬でも風邪をひかずに良く寝られるようになります。
 
部屋全体を暖める
 
部屋の全体が温まると眠りやすくなります。エアコンなどを使って、部屋の温度を調整して、暖かい状態で寝られるようにしましょう。温度は、18-22度ぐらいに調整すると良いと言われています。
 
エアコンなどで部屋を暖める時には、感想に注意しなければいけません。部屋が乾燥すると、皮膚が水分を失って炎症を起こしやすくなったり、背中が痒くなる原因となります。濡れタオルや加湿器を利用して部屋の湿度を高めましょう。
 
頭を休ませる
 
最近では、寝る前まで頭を休ませずに使っている人が多いので、それが不眠症の原因になったりする人が増えています。寝る前には、作業をやめて頭をゆっくりと寝る体勢に向かわせる必要があります。
 
寝る前に電気機器をやめる
 
寝る前にパソコン、携帯、テレビなどの電子機器をできる限り利用しないようにする事が大切です。これらの電子機器の液晶は、脳に刺激を与えて寝られないようにするのです。
 
寝る2時間ぐらい前からは、携帯、パソコン、テレビなどをやめて、静かに読書するなどして過ごすと良いでしょう。そうする事で体が睡眠の体勢に向かっていきます。
 
寝る前に飲食をしない
 
寝る前に飲食すると、体の中で消化などにエネルギーを使ったり、胃の中にものが残って良く寝られなくなります。寝る数時間前からは、飲食をしないようにしましょう。特にコーヒーなどカフェインを含む飲料を飲むと、目がさえて眠れなくなってしまいます。
 
ストレスを軽減する
 
安眠するのに最も重要な事のひとつとして、ストレスの軽減があります。人は、ストレスを抱えてしまうと良く寝られなくなってしまう事があります。ストレスを軽減できるように仕事であったり、人間関係などについて深刻に考えすぎない事が重要になります。
 
ストレスを解消する方法は数多くありますが、運動などがストレス解消に特に有効であるとされています。運動などを積極的に行うことによって、ストレスを軽減して安眠できるようにしましょう。
 
おわりに
 
最近では、良く寝られない人が増えてきています。その証拠として、コンビニが24時間営業になっていて、夜中にコンビニに行っても何か買い物をする事ができてしまいます。睡眠をしっかりとる事は、健康にとって大変に重要な事なので、睡眠をしっかりとれるようにする工夫を日頃から行っていきましょう。
 
評価: 
Average: 3.2 (5 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
タグ: