女性の社会的ストレスを緩和する方法

スポンサードリンク

恋愛の話をしていると、男性は「理論的」で、女性は「感情的」と表現される事があります。話題になった事に対して、男性が目の前に解決策を求めるのに対して、女性は総合的に解決策を求めるという違いが存在しているからでしょう。

良く男女の違いを表す為に交通事故を起こしてしまった時の例が出されます。男性の場合には、警察、職場、保険会社などに真っ先に連絡を取って解決しようとします。しかし、女性の場合には、家族に連絡して状況を話して、友人に連絡して相談して、その後に彼氏に連絡して事情を話す事で解決策を探ろうとする傾向があります。
 
男性の場合には、力も収入面も強いので何かと自分だけで解決出来る場合が多いのに対して、女性は周囲との協力関係によって事態を解決しようとする傾向が強いので「相談ごと」が多くなります。しかし、恋愛においては、この男女の違いが決定的なトラブルになる事があります。



感情の吐き出し場所

男性が定期的に「性の処理」を行わなければストレスになる一方で、女性も定期的に「感情の吐き出し」を行わなければストレスがたまってしまいます。女性の感情は誰かに吐き出さないとストレスとして抱え込んでしまって、それが重なって行く事によって、ますます孤独を感じてしまったり、場合によっては情緒不安定な精神病の状態になってしまいます。

ストレスとなった感情を吐き出す方法はいくつかありますが、周囲に自分の感情ストレスを話せる相手を見つけたり、悩みの原因となっている仕事を辞めたりする方法があります。簡単に解決できなかった感情というのは、自分の中に蓄積されていく危険があるので、根本的な解決を目指す必要が出てきます。

最近では、感情の吐き出し先がない女性が多くなっています。かつては「主婦が公園で議論」というスタイルがあったりしましたが、今は働きに出る女性が多くなり主婦同士の繋がりも薄くなっています。SNSに頻繁に書き込んでみたり、それほど親しくもないのに会う人に自分の事を話し始めたり、医者に通って医師にたわいもない話をするような女性も増えてきています。
 
男性は「女性の支え役」になれない
 
仕事をしてお金を稼ぐ為には、自分の感情を排除して、お金をくれる人(お客様など)に奉仕する必要があります。女性の社会進出が進んで、女性が社会において自分の感情を排除して頑張る事を求められています。それはプライベートの中で「彼氏や夫に共感してほしい」という欲求になって現れます。
 
現実には、彼氏や夫が共感するのは「最初だけ」で、次第に共感が煩わしいと思う男性がほとんどです。仕事で女性が疲れ果てて家でネガティブ感情を爆発させると、男性は失望して疲れ果て、無視したり距離をおいたりしたくなります。女性の側が自分の「良き理解者を」探そうとするあまり、その理解者までも失ってしまう事があるのです。
 
女性を無視したくなる男心
 
女性が感情的にストレスを抱えた状況で、心の支えを必要としている時には、興味のある男性なら十分に話は聞いてくれるでしょう。しかし、実際にネガティブな話を次々出されると、多くの男性は面倒だと思って引き下がってしまいます。つまり、多くの男性が女性の話は一切を聞きたくなくなって、聞いても無視するか反応しなくなるでしょう。下手をすれば、「そんな話は聞きたくない」と怒り出すかもしれません。
 
もし、女性が満足するほど十分に共感して、女性の手助けをしていたら、男性は自分の仕事が出来なくなるからです。自分に共感してくれる男性を選びたいのであれば、仕事にそれほど熱心ではないけど、「自分を支えてくれる男性」を選べば良いでしょう。自分を支えてくれる男性には、仕事の所得にはそれほど期待できないかもしれません。所得が多い男性は、逆に女性の支えが必要になります。
 
喧嘩するほど仲が悪くなる
 
男性と女性では、喧嘩に対する考え方が大きく異なっている場合が多いです。女性の方が「喧嘩して言い合いをしたら分かり合える関係になった」と考える女性が多いのに対して、男性が喧嘩をすると「この女性は自分の事を全く理解してくれない」と失望する方が多いのです。何度か失望が続くと、もう相手にするのを諦めて関わるのをやめて無視しはじめるようになります。
 
男女で喧嘩をした時には、女性側が一歩退く事で男性に華を持たせてあげる事が大切です。男性側が間違っていたとしても、その場に関して言い合いを避けなければ、後から破局となる可能性が高いからです。言い合いにならないように上手に「かわす」テクニックを身に着けておきましょう。いかなる状況においても、男性の収入面など「男性の尊厳を傷つける」発言は絶対に避けるべきでしょう。
 
男女の違いを表すコピペ
 
男女の違いを表すのにインターネット上で良く使われている文面があります。男女の違いを理解するのに良いかもしれないですね。男性と女性が気にする部分が異なっているので、会話が今ひとつかみ合わないという経験をした人は意外に多いかもしれません。
 
女『車のエンジンがかからないの…』
男『あらら?バッテリーかな?ライトは点く?』
女『昨日まではちゃんと動いてたのに。なんでいきなり動かなくなっちゃうんだろう。』
男『トラブルって怖いよね。で、バッテリーかどうか知りたいんだけどライトは点く?』
女『今日は○○まで行かなきゃならないから車使えないと困るのに』
男『それは困ったね。どう?ライトは点く?』
女『前に乗ってた車はこんな事無かったのに。こんなのに買い替えなきゃよかった。』
男『…ライトは点く?点かない?』
女『○時に約束だからまだ時間あるけどこのままじゃ困る。』
男『そうだね。で、ライトはどうかな?点くかな?』
女『え?ごめんよく聞こえなかった』
男『あ、えーと、、ライトは点くかな?』
女『何で?』
男『あ、えーと、エンジン掛からないんだよね?バッテリーがあがってるかも知れないから』
女『何の?』
男『え?』
女『ん?』
男『車のバッテリーがあがってるかどうか知りたいから、ライト点けてみてくれないかな?』
女『別にいいけど。でもバッテリーあがってたらライト点かないよね?』
男『いや、だから。それを知りたいからライト点けてみて欲しいんだけど。』
女『もしかしてちょっと怒ってる?』
男『いや別に怒ってはないけど?』
女『怒ってるじゃん。何で怒ってるの?』
男『だから怒ってないです』
女『何か悪いこと言いました?言ってくれれば謝りますけど?』
男『大丈夫だから。怒ってないから。大丈夫、大丈夫だから』
女『何が大丈夫なの?』
男『バッテリーの話だったよね?』
女『車でしょ?』
男『ああそう車の話だった』
 
男性側は、最初の「車のエンジンがかからない」という言葉に気を取られて、その解決策を探ろうとしています。しかし、この女性は単に「困った状況で誰かに話したい」だけかもしれないし、女性の方は車よりも予定の方が気になっているようで、「車で乗せて行って欲しい」「車の修理屋を呼んで欲しい」という事を期待しているかもしれません。
 
男性側は、女性に「予定がある」事をそっちのけで、車の事に気が集中しています。男性は、「女性が本当に手伝って欲しいと感じている事」に対して手を差し伸べる必要があるという事なのかもしれませんね。
 
おわりに
 
人間がいる古代の昔から男は狩りに出て、女は家を守るという生活スタイルが一般的でした。しかし、近年になって女性の社会進出が始まると、女性が社会の中でストレスを感じる機会が増えました。そして、そのストレスを家に持ち込む女性が増えたのです。
 
女性がストレスを家に持ち込んで男性に共感を求めますが、男性もそんな共感していられず、男女仲が悪くなって離婚が急増しています。レスカップルも増えています。ストレスを女性同士で解決する方法を考えるなど、彼氏や夫に負担をかけすぎない方法を考えるようにしましょう。
評価: 
記事の感想を投票してね!

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
お勧め情報: 
カテゴリー: