歯周病を短期間に改善する方法

スポンサードリンク

歯周病は、国民の半数がかかっている病気とも言われており、国民病とも呼ばれています。その一方で、多くの人は歯周病にかかっているという事実に気がつかず、そのまま放置して症状を悪化させてしまっています。歯周病を悪化させると、口臭などの原因ともなってしまって、ビジネスや恋愛などの生活全般に影響を及ぼしてしまう事が考えられます。歯周病にかかってしまったら、短期間でどのように治療を行っていけば良いかをまとめました。



お口の専門店

最初に歯医者で虫歯をチェック

最初に歯医者に行ってやらなければいけないのは、歯周病と同時にかかっている可能性がある虫歯です。歯周病になっている人の多くは、虫歯になっている危険性があります。仕事や私生活の忙しさの中で、お口のケアを怠ってしまっていると、口の中の菌が増えて虫歯と歯周病に同時になっている可能性があります。最初に虫歯をチェックして貰って、虫歯になっているようであれば先に治療しましょう。

歯医者で歯磨き指導を受ける

小さな頃に歯磨きの仕方を習った人でも、気がつかないうちに歯磨きの仕方を忘れて我流になってしまっている可能性があります。我流の歯磨きの方法で奥歯が磨けていなかったりすると、奥歯が全て虫歯になったり、歯の周辺に付着した汚れが取れずに歯周病の原因となったりします。先ずは、どのように歯磨きすれば良いかをしっかりと学習して、毎日汚れを残さないような歯磨きの方法を学習する事が大事です。

うがい薬を利用する

歯周病にかかってしまった場合には、口の中がばい菌だらけになってしまうので、そのばい菌を殺す為にうがい薬を使う事が有効です。うがい薬は、市販の物であっても適度に使うことによって口の中を清潔に保つ事が出来ます。もし、歯周病で歯医者に掛かるのであれば、歯医者さんと相談してうがい薬を処方して貰いましょう。

定期クリーニングに毎月通う

歯周病になって歯医者にかかった場合には、頻度を高めて歯医者にクリーニングに通うのが一番です。一般的な人で3ヶ月から6ヶ月に1度クリーニングに通う事が奨励されていますが、歯周病にかかっている人の場合には1月に1度通ってクリーニングして貰えば、それだけ治癒も早くなります。歯周病の治療を開始してから数ヶ月から1年の間は、クリーニングも頻繁にすべきでしょう。

口の中を清潔に保つ意識を高める

歯周病で歯を失う人は、虫歯で歯を失う人よりも多いとされています。口の中で歯を大切にするのもとても大切ですが、歯茎はそれ以上に大切な組織ですので、歯茎の骨を溶かす歯周病には特に注意が必要です。年齢を重ねれば重ねるほどに注意が必要な病気ですので、口の中は日頃から良くケアするようにしましょう。

おわりに

ほとんどの人が何らかの歯周病菌を持っているとされていますので、歯周病は誰でもかかってしまう病気です。特に仕事が忙しくて徹夜続きになったり、食べるものが偏っていると、免疫力が低下して歯周病にかかりやすくなってしまいます。歯周病が悪化すると、口の中がボロボロになって歯茎の後退を招いたり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病を予防する事で、歯を長持ちさせるようにしましょう。
 

評価: 
Average: 3.5 (2 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: