マクドナルドを上手に利用する方法

スポンサードリンク

マクドナルドは、日本全国のどこにでも店舗を展開しているので、上手に利用できれば非常に便利です。特に最近の若者の間では、ドトール、スタバの代わりにマクドナルドを利用する人が増えています。

食事には行かない
 
基本的にマクドナルドで食事を取ろうと思わない事が大切です。マクドナルドの食事は、完全に野菜不足で不健康ですし、何よりセットで注文すると500円以上と高額の支払いになってしまいます。マクドナルドで食事をしようという使い方は、既に過去のものになりつつあるという認識を持ちましょう。
 
食事をするのであれば、牛丼チェーン店などの方が野菜サイドメニューも充実しています。また、牛丼チェーン店の方が支払う代金に対する商品原価が高いので、支払った金額に対して満足度が高くなる事が分かっています。また、サイゼリアで800円も出せば、満足のイタリア料理を楽しめます。

 
100円コーヒーを活用
 
マクドナルドの上手な利用の仕方は、喫茶店として利用するのがベストです。Wifiと電源も整っていますし、美味しいコーヒーも安く提供しています。1人で気軽に利用できる「安いカフェ」として利用すれば、ドトールやスタバに入店するよりも、安く休憩できます。
 
・コーヒー+アップルパイ
・コーヒー+ハンバーガー
・コーヒー+チーズバーガー
・コーヒー+ベーコンポテトパイ
・コーヒー+サンデー(アイスクリーム)

注文する時の注意点

マクドナルドは、セットメニューを意図的に前に押し出すなど、お客が注文しづらいシステムを採用しているので、注文する時には注意が必要になります。
 
・ポテトやナゲットを注文しない
 
マクドナルドでは、ポテトがSサイズ210円、ナゲットが5ピースで250円と他の商品と比較すると高額です。マクドナルドで、ポテトであったり、ナゲットを購入すれば、支払った価格に対して満足度が低くなってしまうので、ポテト、ナゲットは注文しないようにしましょう。
 
・セットメニューを注文しない
 
マクドナルドのセットメニューは、特に高額に作られています。ダブルチーズバーガー610円、ビックマック630円など、「安い」というイメージからかけ離れています。安く済まそうと思ってマクドナルドに行って、高い価格で満足出来ないという「安物買いの銭失い」となってしまいます。セットメニューの注文はやめましょう。
 
おわりに
 
マクドナルドは、食事をする場所という認識を改める必要があります。食事をするのであれば、牛丼チェーン店であったり、サイゼリアなど、原価が高いお店を選ぶべきでしょう。原価が安すぎるマクドナルドは、コーヒーを中心とした「コーヒーチェーン店」と認識するのが一番です。
評価: 
記事の感想を投票してね!

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: