不動産投資のローン返済で破産しない方法

スポンサードリンク

不動産投資では、頑張っても空室が埋まらないという事が良くあります。大きなローンを抱えて不動産投資を行っている場合には、空き部屋の状態が続くと、ローンの返済が厳しくなってきます。

サラリーマン大家さんなどで、フルローンを抱えている人などには、自己破産する人も出てきました。不動産投資のローン破産しない方法を考えてみたいと思います。

 
アパート収入に手を付けない
 
アパートで収入が口座に得られると、それを別の娯楽などに使ってしまう大家さんは非常に危険です。得られた収入に手を付けず、しっかりと貯金しておいて、リフォームの準備をしたり、次の物件の借金を減らす準備をする事が大切になります。
 
特にリフォームを「出来る限り早め」におこなって、アパートの状態を新鮮に保っておく必要があります。アパートの状態が良ければ、賃料を高めに設定する事も出来ますし、空室率を減らす事ができます。アパート収入を常にリフォームの為に貯めておく事は欠かす事ができません。
 
事業として行う
 
不動産投資というのは、副業といえど立派な事業です。サラリーマンの感覚と違って、経営者として利益を出し続ける事が求められます。本人の口座と混同して、利益を使い込んでしまったら、新しい投資が出来なくなるので事業拡大が完全に不可能になってしまいます。事業を行う経営者としての感覚が必要になります。
 
素人のサラリーマンで、資金力も知識も今ひとつという状況では、不動産経営を軌道に乗せるのは難しいでしょう。事業として真剣に行っていくという姿勢で挑まないと、中途半端な気持ちでは失敗してしまいます。
 
手持ち資金が重要
 
アパート経営で重要になるのは、手元に現金をどのぐらい保有しているかという資金力です。自分の手元に資金がなければ借り入れが大きくなり、リスクが高くなる事を意味しています。
 
ローンを組んで不動産を購入した場合には、入居率が低下すればローン支払いが困難になり、借り入れ返済に不動産の売却を検討しなくてはならなくなります。売却する時にローン残高が多ければ、売却だけでは返済しきれず、損失だけが残ってしまう事になりかねません。
 
手持ち資金をいかに貯めるか
 
不動産投資で最も重要なのは、ローンに依存しない自己資金の部分です。自己資金が多ければ、それだけ破産する危険性を低下させる事ができます。最初に自己資金が無いのに多額の資金を借り入れて不動産投資を行うのは、投資というよりギャンブルです。
 
手持ち資金をしっかりと貯めておくことは、不動産の経営を安定的なものにします。「自分の力」で手持ち資金をどのように貯めるかという事を真剣に考えましょう。今の時代には、相続などで一時的に得た大金というのは、運用してもうまくいかない場合が多くなっています。
 
サブリース(一括借り上げ)で契約しない
 
いくつかの建設業者では、一定期間の家賃保障を行うという「サブリース(一括借り上げシステム)」を導入してアパートのオーナー募集しています。しかし、このような建設業者に任せてしまうと、建設業者が家賃保障分を利益搾取した「安ボロのアパート」が出来上がります。品質の悪いアパートで、サブリース(一括借り上げ)の期間を終えたら、もうローンが返済不可能になってしまいます。
 
成功しているアパート経営者は、「入居者に快適な暮らしをサポートする」事を目標にアパート運営にあたります。入居者の立場になって考え、アパートの状態を清潔に保ったり、水周りをリフォームしたりする事に真剣です。入居者と全く関わらずに「定期的かつ長期的」に不労所得を得られる「おいしい話」はないと思うべきでしょう。
 
おわりに
 
不動産投資で失敗してしまうと、金額が大きい場合が多いので、自分の資産に非常に大きなダメージになってしまいます。人によっては、多額のローン残高を抱えてしまって、再起が難しくなる人もいます。不動産投資は、知識を得た上で慎重に行う事が大切になってきます。


 

評価: 
Average: 4.3 (3 votes)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク